MENU

FX会社・口座はどこがおすすめ?|初心者向けに比較ポイントを解説!

おすすめFX会社を7社ピックアップ!(公式ブログ)
⇒ https://fx-megabank.com/fx-company/recommended-fx-company/

動画50本超の無料教材『FXトレーディングカレッジ』をプレゼント中!!
⇒ https://fx-megabank.com/lp/ftc-a/

こんにちは、鈴木 拓也(T-ya)です。

メルマガ登録者限定で専用の会員サイトにて、
50本以上のFXの動画講座を視聴することができる
特典を無料でプレゼントしています。

多くの読者様から、

「他の35万円の有料スクールよりも断然勉強になりました!」
「もっと早くこの教材に出会いたかったです……」
「無料でここまでクオリティーが高いコンテンツは見たことがありません!」
「今まで一番分かりやすい教材でした!」
 
などと絶賛されており、今でも連日のように、
感謝のメッセージが寄せられております。

―――――――――――――――――――

また、ブログの方では、相場情報や
その他の役に立つ情報を掲載していますので、
合わせてご覧ください。

公式ブログ  https://fx-megabank.com/
公式LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40krt1174f

【プロフィール 鈴木 拓也】
・メガバンクの本店及び香港支店にて為替ディーラー業務を経験後(約5年半)、独立

・公益社団法人 日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)

・東京工業大学大学院卒(工学修士・2012年)

・FXを中心に、株、不動産、仮想通貨へ投資

・金融出身のプロとして、日本人の金融リテラシーを高めるためFXを中心とした情報発信と投資スクールを法人として運営

◇運営会社:株式会社フィンテラス
◇代表者:鈴木 拓也

当コンテンツは運営者による情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願いいたします。コンテンツの情報を見た結果によって生じるいかなる損失について、弊社は一切の責任を負いかねますのでご了承の上情報をご覧ください。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 気になるストップ狩りについても明かしてほしいです。
    どちらの方式でも行われているのかもしれませんが
    特にDD方式のブローカーは悪意でレート操作、スプ操作して
    儲けてるのではないですか?

  • DD方式の会社では顧客である投資家と利益相反してしまうため、ストップ狩り、ロスカット狩り、システムダウンなど様々な不正操作が行われているという報告がネット上で散見されます。逆に、NDD方式の会社はスプレッド収入が主な収入源であり利益相反しないため透明性が高いという話も聞きます。手数料を抑える事は大切ですが、重要局面で適切な取引きが出来なくなる会社では話にならないので不安になります。その辺りのことも現場で経験した主様のご意見を事実関係も含めて教えて頂けると幸いです。

    • コメントありがとうございます。質問が多いので、近々動画でアップする予定です。
      結論から申し上げると、DD方式の国内FX会社は、顧客の売買結果にFX会社の利益が左右されるようなビジネスモデルではないので、利益相反というのはあまり関係ありません。仮にスプレッドを広げることによるストップ狩りや、システムダウンを行った場合、悪い噂は広がるので顧客が離れていきます。あえてリスクを冒してやる意味はないと言えます。

      FX会社の収益モデルは、主に①インターバンクからの仕入れ値と顧客への卸値の差(ようはスプレッド手数料)、②マリー(買いと売りの相殺)です。①をすぐカバーするか、ディーラーがタイミングを計ってカバーするかがDDとNDDの違いですが、どちらであろうと投資家の利益は実勢相場の動き次第で決まります。

コメントする

目次
閉じる