MENU

【資金管理が抜群のエントリー手法】フィボナッチ × 三尊・逆三尊を組み合わせる!

【YouTubeメンバーシップ】
https://www.youtube.com/channel/UC0LtdRW5VqSXnlq5FIcfzQg/join

【Twitter】→リアルタイムトレード

【note】
https://note.com/eur_usd

【ブログ】
https://www.eurusdkouryaku.com/

———————————-

【フィボナッチ 再生リスト】

【三尊・逆三尊の再生リスト】

———————————-

今回は、
■フィボナッチライン
■三尊・逆三尊

この2つのテクニカル分析を組み合わせたトレード手法を解説しました。

2つとも本質的なテクニカル分析になるので、必ず覚えておいてください。

なにをもって、‘本質的な’テクニカル分析といえるかというと、確率の高さです。

三尊なら「売り」を示すチャートパターンなので、三尊ができたらどのくらいの確率で下がるのか。

フィボナッチラインなら、どのくらいの確率でそのラインで反発するのか。

テクニカル分析は確率が命です。

【三尊・逆三尊】はトレンドの転換ポイントで必ず出現するので、非常に確率が高いテクニカルです。

フィボナッチラインもマーケットメーカーが使用しているので確率の高いテクニカルになります。

この2つを組み合わせて、【三尊・逆三尊】を根拠としたエントリーの精度を上げていくことができます。

まず前提として、【三尊・逆三尊】の有効なエントリーポイントを説明します。

【三尊】なら3山目をつくりに上昇したところ、
【逆三尊】なら3谷目をつくりに下降したところです。

そして、なるべく中央の山・谷まで引きつけた方が有利にエントリーすることができます。

なぜなら、中央の山・谷が損切りポイントだからです。
そこをブレイクしてしまうと、【三尊・逆三尊】の形が崩れるので。

なるべく引きつけてからエントリーしたいところですが、どこまでレートが近づいてくるかは誰にもわかりません。

一応の目安はあります。
【三尊】なら1山目の高値
【逆三尊】なら1谷目の安値

ただ、これらはあくまで目安。

では実戦ではどのようにしてエントリーポイントを決めていくのでしょうか。

ここでフィボナッチラインの出番です。

【三尊・逆三尊】の条件が整ったら、事前にフィボナッチリトレースメント(裏当て)を用いて、エントリーポイントのメドをつけておきます。

その際、もっとも有利なエントリーポイントは23.6ラインになります。

しかし、その他のラインで反発して23.6ラインまで来ない可能性ももちろんあります。

そういったときのために、フィボナッチラインごとに少量ずつエントリーしていくことで時間分散をします。

時間分散してエントリーしていくことで、結果、リスク分散になります。
反対に、1つのレートで全力のロットで入るのはギャンブル要素が強くなります。
相場においては、自分が正解だとは決して思ってはなりません。

リスク管理の方法として、【三尊・逆三尊】のエントリーポイントをフィボナッチラインで段階的にしていくメソッドは非常に有効です。

FXにおいてもっとも重要なのは、値動きを当てることではなく、リスクマネジメントです。

■一気に入らない
■低ロットで少量ずつ入る

仮にフィボナッチラインごとにエントリーしたすべてのポジションが損切りになっても、証拠金に応じた許容損失を超えないように、あらかじめ計算してロット管理・レバレッジ管理をしていきましょう。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (29件)

  • この動画かなり重要ですね!、!一番重要といってもいいくらいだと思います

  • ユーちぇる社長、ありがとうございます!これまで、見てきた全ての手法の中に一番しっくりきました!

    • お、嬉しいですね^ ^
      ありがとうございます!

  • 終了10分前コールがw
    ゆーちぇるさんトレード分析、筋トレさらにボキャブラリーもあってマジでリスペクトしてます♪

  • いいね何回押しても押し足りないくらいに良い内容でした。わかっちゃいるんだけどな~

    • そうか、そうか

      もどかし〜思いさせてごめんなw

  • リスク管理の話、私が全然できてなかった部分で、投資スクールでもちゃんと教育してもらえなかった部分でした。

    これ、FXに限らず、ビジネスでも恋愛でも、人生においてすごく大事な話ですよね‥。

    ありがとうございます!肝に銘じます!!

    • 投資スクール…!

      一生いかないw

      他人に自分の人生を委ねてはいけない

  • カラオケ!
    13:50でフィボのラインを引くとき、なぜ最後のところが上昇の転換だと思ったのでしょうか。

    • なぜ、押し始めると思ったか
      ってことかな?

      それは単純に
      【逆三尊】の条件が
      整ったタイミングだから。

  • 日足や4時間足など、長い時間足の方が三尊逆三尊が有効に機能するように思いますけど、5分足とかだったらあんまり意味ないんですかね?

  • はじめまして、最近チャンネル登録させていただきました。
    初心者にも分かりやすい説明で助かります。

    今回の動画で気になったのは、フィボナッチの引き方の動画では、トレンドの始点を100%としてましたが、今回の説明動画では始点を0%としてました。
    こういう考え方も必要という事でしょうか?

    ※この辺の説明が他の動画でされていましたらすみません。。
    まだ全ては見れておりませんので。

    • 自己解決というか、説明している動画があがっておりましたね。
      失礼いたしました。

      裏あて逆あてですね。
      どっちがハマるかはチャート次第でとにかく引くということが大事なのですね。

      ありがとうございます。
      本当にここの動画は勉強になります!

  • んめちゃくちゃいい!!今まで フィボナッチは使ってたけど、ラインまで待って、短期足で値動きを見てポジってました。でも、このやり方だと分散して指値を置いておくと、チャート見てなくていいし、損失額は限定されるし、勝率は高いし、メンタルぶれないし、凄い! 後は、大きな流れを見てどの波をとっていくかだけですね。

  • 数日前から順次動画を拝見させていただいてます!
    非常に利にかなった、論理的な手法で大変参考になります!
    一度退場してFXから遠ざかっておりましたが、再度入場してみたいと思います!

  • いつも動画ありがとうございます。
    今、社長の過去動画を見返して少し復習しております。
    この動画の中で、フィボナッチを三尊だったら三山目の上昇の起点となる安値から真ん中の山の高値に引っ張っていますが、その使い方の方がハマるのであえてほのような使い方をしてらっしゃるのでしょうか?
    私の場合は逆で、真ん中の山の高値から三山目の上昇の起点となった安値にフィボナッチを引いて、ケースバイケースですが、38.2からの売り上がりという使い方をしております。
    長文となってすみませんでしたが、少し気になったのでお時間ありましたら返答よろしくお願いいたします。

  • FX1ヶ月の初心者です。
    上位足から下位足まで全ての足にフィボナッチラインを引くようになってからエントリーの精度が上がりました。
    ありがとうございます!

  • 質問があります!

    ビットコインなどの仮想通貨も
    おおまかな分析方法は同じですか?

    もちろん何事も銘柄によって多少の誤差はあると思いますが
    おおまかな分析方法はビットコインのトレードでも活かせると思いますか?

    • おおまかなら。

      でも女性と一緒で
      その人に合わせる必要が大いにある

コメントする

目次
閉じる