MENU

フィボナッチライン-引き方のコツを解説 –

2020 3/24
フィボナッチライン-引き方のコツを解説 -

【Twitter】→リアルタイムトレード

【note】

【ブログ】

【フィボナッチ再生リスト】

———————————-

今回は、フィボナッチラインの鉄板の引き方を解説します。

■プライマリートレンド
■調整波

この2つにそれぞれフィボを合わせていきます。
そして、2種類のフィボが重なる価格帯を【重要な節目】
と捉えます。

フィボ2つを使った合わせ技です。
トレードの根拠としては申し分ないです。

【三尊・逆三尊】との相性も抜群ですので。
↓↓
フィボナッチ ×【三尊・逆三尊 】〜ユーロドル攻略の秘密兵器〜

今回の動画では、ドル円の月足を用いて解説しています。

フィボナッチラインは
■トレンドの始まりに100ライン
■トレンドの終わりに0ライン

を合わせていきます。

※例外として、裏当て・逆当てと呼ばれる手法もあります。
23.6ラインがハマりやすい手法です。
↓↓
フィボナッチ【23.6】ラインの活用法〜ユーロドル攻略の必須アイテム〜

自分は水平線はフィボナッチラインしか表示していません。
レジサポとかキリ番とかは引かないです。

ハマっているフィボナッチラインは、
自然に強いレジサポやキリ番のレートと一致しますので。

みなさんも今回の引き方を参考にして
ジャンジャン引いてみましょう!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

コメントする

目次
閉じる