MENU

【インボイス制度】免税事業者はつらい…フリーランス・個人事業主・零細企業を苦しめるインボイス制度への対策を税理士がわかりやすく解説!【実践編】

インボイス制度が免税事業者を苦しめるわけですが…対策はあるのか!?
そんな話をしています。

※「事業者の消費税」「インボイス制度」がさっぱりわからん!!というかたは、以下の再生リストの基礎編から確認してください!

◇関連動画◇
インボイス制度完全解説(再生リスト)
▶️ https://www.youtube.com/watch?v=GjWaQiSGAvM&list=PLdvow3CjKbsGocWgMVbYTugzbynwaCsXt

消費税増税に切り込む!!
▶️ https://www.youtube.com/watch?v=9F1v1xc0bk4&list=PLdvow3CjKbsGXIYwDhARtvJknTOe0VhVg

🔷大河内薫のTwitter(税理士でフォロワー数 日本一)

🔶著書(大感謝★9刷48,000部突破!Amazon税金部門 不動の1位!)
「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」
https://amzn.to/2HYWMdK

🔶著書のLINEスタンプもあります!
https://store.line.me/stickershop/product/6620423/ja

🔥オンラインサロン🔥
次世代士業サロンChanges
https://camp-fire.jp/projects/view/112714

******************************
⭕️チャンネル登録はこちら ⭕️
https://www.youtube.com/channel/UCs7rJz4WvRVd0-PbXKiBi2Q?sub_confirmation=1

・日芸出身
・スーツを着ない
・カリアゲパーマ
でも著者は日本一売れてる税金本…!

そんな”税理士の異端児 大河内薫”が
知って得する「日常のお金と税金」や
世の中で目立つお金のトレンドニュースを
税理士視点で”優しくPOPにぶっちゃけ解説”する、マネーエンタメチャンネルです。

いま日本一売れている税金本(漫画)の著者で、「お金の話を誰にでもわかるように解説」がモットー!わからなければ、コメント欄に質問ください!!

お得な知識をGETして、みんなでお得に生きましょう!

#税金チャンネル
#大河内薫
#インボイス制度

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (16件)

  • 最後の手段「値下げ」がありますが…それが得策かは次回動画で話します

    0:16 本日のメニュー
    1:08 事業者としての消費税(おさらい)
    2:02 課税事業者の判定(おさらい)
    2:54 インボイス制度とは(おさらい)
    4:29 免税事業者はつらい…
    5:21 経過措置はありますが…わかりづらい!
    6:56 対策はあるのか?
    8:15 もう1つの対策として(身も蓋もないが)
    9:29 課税事業者の意見(支払う側の意見)

  • 私はサラリーマンなので見方が違うと思いますが、そもそも、消費者から消費税を取って販売しながら、免税事業者は消費税を納税しなくて良いという制度自体がおかしいと思います。

  • わかりやすい解説感謝します。
    けれど一千万ってそんなホイホイ行くもんじゃないですよ(汗
    メンタル・体力最悪だった頃なんて年収80万くらいの事するのでも死にたいくらいきつかった。
    ここで愚痴を垂れても仕方がないけれど、
    個人事業主の中には否応なく静かに生きるための選択肢として会社づとめ出来ない人もいると思うので
    もっと国は低所得者・零細事業主に優しくしてほしいなと思いました。
    年収が150万くらいあったら安心して暮らせる国になってほしいなあ。

  • 個人事業主なんですけど自分が領主書だす事の無いサービス業の場合は免税事業主でも良いと言う事ですかね?

    • 2023年から始まる法律で、そう決められているからです!

  • 消費税は 景気が悪い時の税じゃない
    事業者の払う消費税は 6割が滞納してると 山本太郎氏が言うていたよ

  • 多分これは個人転売などが増えてAmazonなども
    課税事業者じゃないと今後取引出来なくなると言われているので、
    トラブル防止策としての布石なのではないかと思います。
    働き方改革の乱れが予測される政府の防衛策でしょうか?

  • 今、建設現場でゎ社会保険加入者じゃないと現場で働けない状態で但し、一人親方は例外。なので中小企業の日給月給で国民健康保険だった従業員やアルバイトは、形じょう一人親方になり、数年前から以前の数倍一人親方として現場で働いてます。そんな年収300万~400万の一作業員が年収1000万こえたり、簡単になれる訳無い!(頑張って働く事はするが)家なんて子供3人居て2人は大学生で一人暮らし、高額バイトしていて扶養じゃなく、扶養は1人。年間国民健康保険を60万近くと厚生年金、市県民税、そこへ、消費税?……この国で、ここら辺の位置で働いてる人々は、どうやって生活していくのですか?

  • 売り上げが1000万以下の事業者は益税を考えてもギリギリ経営なところが多いだろうから恐ろしいことになりそう。
    小売り店なども店頭に適格請求書発行事業者かどうか表示するようになってくるのでしょうか?面倒くさいですね。

  • そもそも免税制度の存在自体が間違いだったわけで、それが正常化するだけのこと 何の問題もない

コメントする

目次
閉じる