MENU

【インボイス制度】値下げ?課税事業者選択?免税事業者がどれだけ損をするのか、数字を使ってシミュレーション!【税理士が解説・損得編】

2020 3/29
【インボイス制度】値下げ?課税事業者選択?免税事業者がどれだけ損をするのか、数字を使ってシミュレーション!【税理士が解説・損得編】

免税事業者は、課税事業者を選択すればいいのか?値下げをすればいいのか?どっちがお得か検証しました。数字を使ってこういう検証している人は、たぶんまだいないと思うのでどうぞ!

※「事業者の消費税」「インボイス制度」がさっぱりわからん!!という方は、以下の再生リストの基礎編から確認してください!

◇関連動画◇
インボイス制度完全解説(再生リスト)
▶️ https://www.youtube.com/watch?v=GjWaQiSGAvM&list=PLdvow3CjKbsGocWgMVbYTugzbynwaCsXt

消費税増税に切り込む!!
▶️ https://www.youtube.com/watch?v=9F1v1xc0bk4&list=PLdvow3CjKbsGXIYwDhARtvJknTOe0VhVg

🔷大河内薫のTwitter(税理士でフォロワー数 日本一)

🔶著書(大感謝★9刷48,000部突破!Amazon税金部門 不動の1位!)
「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」
https://amzn.to/2HYWMdK

🔶著書のLINEスタンプもあります!

🔥オンラインサロン🔥
次世代士業サロンChanges

******************************
⭕️チャンネル登録はこちら ⭕️
http://www.youtube.com/channel/UCs7rJ…

・日芸出身
・スーツを着ない
・カリアゲパーマ
でも著者は日本一売れてる税金本…!

そんな”税理士の異端児 大河内薫”が
知って得する「日常のお金と税金」や
世の中で目立つお金のトレンドニュースを
税理士視点で”優しくPOPにぶっちゃけ解説”する、マネーエンタメチャンネルです。

いま日本一売れている税金本(漫画)の著者で、「お金の話を誰にでもわかるように解説」がモットー!わからなければ、コメント欄に質問ください!!

お得な知識をGETして、みんなでお得に生きましょう!

#税金チャンネル
#大河内薫
#インボイス制度

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 税理士大河内薫の税金チャンネル より:

    結論はやっぱり、売上をたくさんあげることですね。

    0:17 本日のメニュー
    1:01 インボイス制度を超ざっくりおさらい
    2:08 免税事業者最後の手段は「値下げ」?
    3:31 損得シミュレーション(値下げ vs 課税事業選択)
    4:07 値下げの場合は?
    5:05 課税事業者選択の場合は?
    6:22 どっちが損をするのか?単純な話
    8:23 結論はやっぱりコレ!

  • ウィザード より:

    納得しました!

  • 渡辺定臣 より:

    残った手元金額で考えるなら、
    1,000万円を目指して課税事業者になると
    損はしないってのはちょっと疑問

    999万円の免税事業者
    →選択届出書を提出して課税事業者に

    1000万円の課税事業者
    →1,000万円超で課税事業者に
    実質ほぼ変わらん訳なので

    消費税分を払っても999万円売上時より
    内部留保が多くなるのが目標なら
    もう少し上1,100万円は言い過ぎだけど
    課税仕入分を加味して1,050~1,100万を目指さないと
    999万円の免税事業者時代より手取りは多くならない。

    揚げ足すみません。
    1000万円を超えさえすれは
    損がないみたいに聞こえたもので

    是非、次は課税事業者が少しでも消費税を安く出来る可能性がある
    簡易課税制度とその注意点辺りもお願いします。

    • kenbou k より:

      確かに、別に1000万円目指さなくても課税事業者申告すればいいだけの話ですよね。
      この人、なんか誤解を招く発言多いです

  • いなーじ より:

    1000万達成といいますが地方で1000万って売り上げが難しい。
    しかも雇用なしで1000万は飲食店などではホント厳しい。
    業種によって色々ある事を考慮して頂きたい。人件費入れた残りの数字を考えて下さい。とても生活できません。

  • K I より:

    いつも勉強になります。
    2021年までに売り上げ1000万というのは、2020年年末までに1000万円を超えることなのか、2021年12月末までに超えることなのか、どちらか知りたいです。

  • january11Terry より:

    融通が利かない取引先では無理かも「取引先の経理の負担が増えるので嫌がりそうです」課税事業者しか選択の余地がなさそうです。

  • K N より:

    インボイスについて分かりやすい説明を有難うございます。
    でも、消費税というデフレ日本に最悪な税制を凍結してくれることが一番良いことなんですけどね。

  • かずぽんたす より:

    フリマ等で1万円で仕入れたものを12000円で売却した場合160円の消費税の納税義務があると思います。ですがインヴォイス式だとネットでの仕入れは認められない場合960円の納税になるのでしょうか?そんなバナナ・・・

  • エイドリアン1 より:

    なるほど、物を仕入れて販売したり、多くの経費をかけて仕事したりすると、経費ですでに払っている消費税の分だけ値下げより課税事業者になったほうが有効なのか。

  • chihointokyo より:

    ちょっと参考にしたいことがあって拝見して、音声なので楽に聞けましたが、5秒のメロディ・リズムが延々続くというのは神経に障り苛々するので残念。早口の語りを緩和する目的かもしれませんが、まだ声だけのほうがいいぐらいです。

  • ikuyo育代 より:

    免税事業者の顧客が個人消費者の場合も、適格請求書が発行できるかどうかが影響しますか?事業者間の取引限定ですか?
    教えていただけると助かります。

  • leather Craftman より:

    自分が免税事業者から課税事業者になったのに主要な仕入先がインボイス(適格請求書)を発行してもらえない免税事業の場合どえらいことになります。
    免税事業者から課税事業者になる前に仕入れ先の確認することが重要。

    あと簡易課税がどうなるのか気になってる人が多いです。個人事業主は簡易課税で収めてる人が多いでしょう。

  • shin gen より:

    飲食店を営んでる免税事業者ですがインボイス発行事業者になったほうがいいのでしょうか?

  • あまりひげ より:

    消費税導入されたとき、3000万の売り上げまでは免税事業者だったのが 徐々に減らされついにインボイス制度で実質強制的に課税を選択させられるということですね。せつない

コメントする

目次
閉じる