MENU

【消費税10%増税】いまさら聞けない増税の問題点を税理士がわかりやすく解説!賛成派も反対派も見てほしい!

一言で言えば、デフレ状況下での消費税増税は地獄です。

⏬この動画でわかるコト⏬

・増税の大義名分「国の借金」は大嘘
・消費税増税とデフレは企業の売上を下げる
・消費税増税とデフレは賃金を低下させる
・財布の紐は閉まって経済が悪化する

🔥関連動画🔥

消費税増税に切り込む!
▶️ https://www.youtube.com/watch?v=9F1v1xc0bk4&list=PLdvow3CjKbsGXIYwDhARtvJknTOe0VhVg

🔷大河内薫のTwitter(税理士でフォロワー数 日本一)

🔶著書(大感謝★9刷48,000部突破!Amazon税金部門 不動の1位!)
「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」
https://amzn.to/2HYWMdK

******************************
⭕️チャンネル登録はこちら ⭕️
https://www.youtube.com/channel/UCs7rJz4WvRVd0-PbXKiBi2Q?sub_confirmation=1

・日芸出身
・スーツを着ない
・カリアゲパーマ
・でも著者は日本一売れてる税金本…!

そんな”税理士の異端児 大河内薫”が…

「知って得するお金と税金のこと」
「世の中で話題のマネートレンドニュース」
「日本政府の闇」

な〜んかを、”優しくPOPにぶっちゃけ解説する”マネーエンタメチャンネルです!
どんな話をするときも、誰にも忖度しません!

いま日本一売れている税金本(漫画)の著者で、「お金の話を誰にでもわかるように解説」がモットー!わからなければ、コメント欄に質問ください!

お得な知識をGETして、みんなでお得に生きましょう!

#税金チャンネル
#消費税増税
#増税

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (16件)

  • 増税後も、減税や廃止の議論をするために知ってほしい内容です。

    0:40 本日のメニュー
    1:16 消費税は買い物にブレーキをかける
    1:59 国内の消費が減ると何が起きるか?
    2:32 デフレは企業の売上を下げ、賃金を下げる
    3:49 過去の消費税増税を数字で見る
    5:00 デフレも消費増税も経済悪化を招く(ダブルパンチ)
    5:57 政府の言い訳(国の借金)
    7:41 無駄が多くて、増え続ける予算。。。
    8:44 増税後も消費税の議論をするために!

  • 「消費税増税の背後には財務省がいる。官僚には選挙がないので、自分たちのやりたいことをやってくれるなら、どんな政権でもいいのだ」https://iwj.co.jp/wj/open/archives/23153

  • 3%の導入時はインフレ(バブル景気)もあったが物品税がなくなって代わりに消費税だったので相殺分もあると思います。

  • 今話題のMMTについて、ご意見を伺いたいと思います。
    そもそも、日本政府の借金が増えて困る人はいるのでしょうか?
    日本政府の借金が増えて困るのは、日本政府が借金を返そうと緊縮財政を行うから困る人が出てくるのであって、返そうと思わなければ誰も困らないのでは?
    デフレ期にハイパーインフレーションを心配する、取らぬ狸の皮算用人間が大勢いる日本。
    メディアも国会議員も省庁も皆様高学歴で頭の良い方が多い中、動画内容の事も含めて全て分かっているはず、と思っています。
    なぜ分かっていてこの様な動きになるのかってのが最大の謎の様に思っています。

  • 消費税に関する曲を作りました。もし興味がありましたら聴いてみてください

  • 普通の国家は毎年国家予算が増えるのが当たり前、という事が一般に認識されるといいですね
    20年間ほとんど国家予算が変わらない国家の方が異常なのに

  • 10年前に民主党に入れてしまった連中はほんとにアホ
    日本人の大半は政治に関心の無い馬鹿だから政治家と官僚に好き勝手される

  • 日本人はアホばっかりやわ。 民主党に騙されたやつが今自民党に騙されてるわけだけど

  • 少子高齢化はますます加速するばかりだなー
    こんなことして結局政治家たちは自分の首絞めるだけなのに。
    肉食動物が草食動物無作為に食い荒らしたら、苦しむのは肉食動物だべ。

  • 消費税は存在そのものが悪、
    因って 消費税は減税では無く廃止撤廃が正解⭕。

    消費税が無くなれば、被保護対象のボーダーに居る層が非保護対象になり、更に 大多数の低所得層が普通の所得層にランクUP⤴する。

    その後 国民の生活(消費)が安定して来てたら、企業は物価を2~3%上げられる。
    物価を上げられれば、賃金も 企業収入も上がり、所得税も法人税も増加に比例して揚がって来る。

    此の良循環が2年も続けば‥…ッッ!!
    推して知るべし♪⤴❤。

    因みに、消費税の10%への増税を確約させたのは‥‥‥ミンス党の千葉どぜう⤵。

  • ええっ…借金たいしたことなかったというのが衝撃的でした;
    小学校の社会の授業から「日本は国債たいへん」と刷り込まれて来た気が…;
    自衛の為にも正しい知識と教養が必要なんですね…><ハッとしました

  • 戦闘機の例は些末な点で、本題の趣旨は間違っていませんが、念のために指摘しておきます。

    アメリカから買う戦闘機は日本円で買うわけでも国債を発行して買うわけでもありません。どの国も外貨準備をしており、積み上がって塩漬けになっている米ドルを放出して購入します。

    ですから、戦闘機の購入を控えても税金の節約にはなりませんね。

    また、技術的な話では、戦闘機そのものに価値があるのではなく、技術を買っているので(日本は敗戦国なので戦闘機を作れない)お値段以上です。

    また、戦闘機は購入しただけでは使えず、その維持には人件費がかかります。それも何十年にも渡って。

    つまりそれは、雇用を生み、経済を回します。何より、戦闘機をメンテナンスする事で、日本人技術者の腕を磨く事ができます。

    おそらく、日本は近い将来、韓国か中国と戦争状態になります。その時に戦闘機を買っておいて良かったとなるはずです。

コメントする

目次
閉じる