MENU

【ふるさと納税2019完全版】サラリーマンは超簡単にお得がとれる!ふるさと納税のやり方や仕組みを税理士が解説!唯一のデメリットも紹介!

⏬この動画でわかるコト⏬(目次は固定コメントへ)
・ふるさと納税を一言で説明できるようになる
・ふるさと納税は絶対にお得と言い切れる
・唯一のデメリットも理解できる

楽天ふるさと納税(シミュレーション)
▶️ https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/?l-id=furusato_pc_mypage_deductions_headmeunu_deduction

関連ツイート(個人事業主・フリーランスのふるさと納税)
▶️ https://twitter.com/k_art_u/status/1078652440839258113

🔥関連動画🔥
ふるさと納税計算してみた(サラリーマン&フリーランス)
▶️ https://youtu.be/F4tT0cQAboQ

🔷大河内薫のTwitter(税理士でフォロワー数が日本一)

🔶著書(大感謝★11刷58,000部突破!Amazon税金部門 不動の1位!)
「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」
https://amzn.to/2HYWMdK

******************************
⭕️チャンネル登録はこちら ⭕️
https://www.youtube.com/channel/UCs7rJz4WvRVd0-PbXKiBi2Q?sub_confirmation=1

・日芸出身
・スーツを着ない
・カリアゲパーマ
・でも著者は日本一売れてる税金本…!

そんな”税理士の異端児 大河内薫”が…

「知って得するお金と税金のこと」
「世の中で話題のマネートレンドニュース」
「日本政府の闇」

な〜んかを、”優しくPOPにぶっちゃけ解説する”マネーエンタメチャンネルです!
どんな話をするときも、誰にも忖度しません!

いま日本一売れている税金本(漫画)の著者で、「お金の話を誰にでもわかるように解説」がモットー!わからなければ、コメント欄に質問ください!

お得な知識をGETして、みんなでお得に生きましょう!

#税金チャンネル
#ふるさと納税
#寄附金控除

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (20件)

  • 理解して利用すれば”必ず得する”制度が、ふるさと納税です!
    <目次>
    0:34 本日のメニュー
    1:08 ふるさと納税の全体像を超ざっくり解説!
    2:16 ふるさと納税を図解で解説!(2,000円の手数料とは)
    4:00 確定申告以外の方法(ワンストップ特例)
    6:09 ふるさと納税の限度額とは
    8:11 実際に計算してみた(サラリーマン)
    9:38 フリーランスの場合の計算方法
    10:39 計算に重要な「課税所得」とは
    12:03 唯一のデメリットを紹介!!

  • 上限が5万円のサラリーマンが、48,000円寄付して、12,000円分のビールが届き、46,000円還付されるから1万円得って事であってるかな?

    • ざっくりそのイメージです!
      最大で寄付額の3割くらいの時価総額のものが届きますね!

  • ふるさと納税、良い良いみんな言っているけど私は反対というかしたくないです。
    自分の自治体に収めるはずの税金をよその自治体へ収めるってことに疑問があります。
    住んでいる区の行政が悪くなれば、例えば可燃ゴミや不燃ゴミ(毎週のようにあるゴミ出し)が有料になったり、家の前に穴が開いていたとしても本来ならば区に入るべき税金が入ってこなくなったらそうゆう修理・補修だってされなくなる、ってことになりませんか?
    ふるさと納税でよその自治体に税金を納めるんではなくてちゃんと住んでいるところにして行くべきではないでしょうか?

    • いわゆる「ただ乗り(フリーライダー)問題」ですね。
      寄附者と寄附者が住んでいない所に寄附をした地方団体には、受益負担の関係がないことが問題点として挙げられます。

      「誰が負担しているのかといえば、直接には、寄附者の住所地の地方団体となる。当該団体の税収が寄附額分だけ減るからである。寄附者の住所地の地方団体が、地方交付税の不交付団体である場合、このシナリオがそのまま当てはまる。しかし、交付団体である場合はそうではない。
      寄附者の住所地の地方団体が、地方交付税の交付団体である場合、税収の減少は基準財政収入の減少とされ、その75%が交付税で補てんされ得ることになる。
      つまり、当該75%部分は国が負担していることになり、残りの25%を寄附者の住所地の地方団体が負担することになる。」【渡辺徹也 「令和時代のふるさと納税~平成31年度改正を中心に~」 16頁参照。】

      つまり、不交付団体の負担によって寄附者と寄附を受ける団体が利益を得続けることになります。

    • 間に合います!ふるさと納税の動画参考にしてみてくださいね^_^

  • 解説ありがとうございます。 うるさい人にいろいろ言われないように、防衛網をいろいろ張ってのがわかるが、  「ズバリこうしてください」って言って欲しいですね。  14分の動画が長いです、5分以内に知ったらもっと閲覧されると

    • ……苦笑

      それで簡単に再生数が増えるなら、既にそうしてますw

  • part2 がききたいです。 株式の譲渡所得の総合分離課税がある場合のふるさと納税の計算方法がよくわからないです。住民税特例分の計算方法の詳細もお願いします。

  • ふるさと納税のポータルサイトの各返礼品には
    「還元率」という項目がありますが、
    これは返礼品の市場価格と納税額を比較したもの
    という理解であってますでしょうか。

    つまり、
    市場価格10,000円の商品が
    ふるさと納税で10,000円でもらえるなら
    還元率100%ということでしょうか。

    • ありがとうございます!
      ぜひとも自慢して、広めてください!!

  • ふるさと納税もそうだけど災害寄附金とかも控除の対象だよね
    国庫に入るよりも被災者の手にお金が入ってほしいから寄附金している

  • 1/1~12/31までの間に寄附をする自治体が一つだけの場合って確定申告する必要はないのでしょうか?
    その場合はワンストップ特例制度で控除をうけるんですか?
    確定申告のが楽そうな気がするんですが、寄附したい自治体は今のところ一つだけなんです。

コメントする

目次
閉じる