MENU

【基本通りにやってるヤツは負け組】〜ダウ理論の教科書〜

【Twitter】→リアルタイムトレード

【note】
https://note.com/eur_usd

【ブログ】
https://www.eurusdkouryaku.com/

———————————-

ダウ理論の教科書を作りました。

基本通りに、

上目線なら買い

下目線なら売り。

とやっていると焼かれる。負け組。

大事なのは上位足との兼ね合い。

動画内では、

日足では上目線だけど

週足では下目線のケースを解説。

本当によく出てくるケースなので

必ず覚えておくように。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (21件)

  • 別件で上位足の重要性について考えていたところ、ここでも言及されていたので改めて自分の意識が初心者そのものだと認識しました。
    本当に15分足、1時間足ばかりみていたもので

  • ちなみに三角持ち合いで収束している場合やレンジではダウ理論が当てはまらないのはわかりますが
    捉え方はどうでしょうか?
    円ドルは今月足から収束して
    週足で上昇
    日足以下がゆっくり上昇か
    レンジの見立てをしています

    • 三角保ち合いやレンジは
      この後大きく動くサイン

      その際重要になるのは
      上位足の需給

  • 押し安値をブレイクしたそのネックラインがレジスタンスとして機能して下落→下目線

    • 天才などこの世にいない
      量の差でしかない

  • 週足でトレードという事はトレードするサイクルはだいたいどのくらいになるのでしょうか?

    • それはその時々のボラティリティーによる
      けど、1ヶ月に最低1回はチャンスくるイメージ

  • 最初からこの動画を見るのと
    ダウ理論の再生リストから辿って最後にこの動画に行きつくのとでは
    理解度が全く変わるのがよ~く分かりました!
    沢山訓練します!

    • それな!どんどんトレードに応用してこ!

  • 上目線の日足(下位足)を引きで見たら・・・下目線!!
    なんとなくしか見えていなかった長期足、短期足の関係が
    ぱーっと見えてきたような気がします。あと3回動画見なおします。

  • 長いトレンドだといつ反転するのか不安です。自分がエントリーするところが最後のトレンドかもしれないのに、、、

コメントする

目次
閉じる