MENU

行動経済学のプロスペクト理論で読み解く宝くじ必勝法?!上念司チャンネル ニュースの虎側

カモにならないためには、人間の弱さを知ることです。行動経済学は人間の認知の歪み、弱点を知るにはもってこいの学問。対米開戦から、新型ウイルス対策まで、応用できる場面は多数!ぜひこの動画で興味を持ってください。 #上念司

YouTubeでは絶対に話せない話題満載!!
八重洲イブニングラボ
https://y-e-lab.cd-pf.net/home

月々8000円(税別)で通い放題!格闘技のメソッドで健康的に美しく痩せる
ファイトフィット渋谷
道玄坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya/
宮益坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya2/
宇田川町 https://tkdj.net/dojo/shibuya3/

上念司の新刊
誰も書けなかった日本の経済損失 上念 司 https://www.amazon.co.jp/dp/4299000587/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_pHOiEb8YP49YV

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 細かいことを言うと期待利益、期待損失が経済学的には正しい用語ですね

    機会費用(損失)は経済学でいうと別の意味になるので

  • 100%国が損する習近平の来日と、100%自民党が得する可能性がある習近平の来日。宝くじ当たらないとコロナウイルスで死なないが同軸になっちゃいますよね。買わないは接触しないので籠る。確率は少ないけど0では無いので数字だけで動くはどうなんでしょう?私は運が悪いので宝くじはこの理論だけど、病気に関しては逆になります。

  • そう言えば期待値って確率の計算もありましたね。根っからの技術屋なので物心ついた頃には計算するのが当然と思っていた、私は、変人です。
    もっとも、宝くじの売り上げの半分が地方財政の歳入に組み込まれるのだから期待値が相当低くなるのは計算するまでもないですよ。

  • マジレスすると、
    プランAの期待値は-205円ではなくて、-235円ですよ。

    <解法1>
    300円払って、
    確率0.1で300円当選
    確率0.00000005で7億円当選
    残りは0円なので、
    -300+30+35=-235円
    <解法2>
    それぞれ購入金額を含めると、
    確率0.1で±0円得、
    確率0.00000005で699,999,700円得
    残りは-300円得なので、
    0+34.999985-269.999985=-235円

  • 宝くじって、本当に何億も当たってしまったら、不幸な結末になるてのも想像つきますよね。それでも当たって欲しいですが

  • 韓国のVANKというひどい反日ヘイトYouTube動画があります 検証お願いいたします

  • 有り難う御座います。
    いつも虎ノ門ニュースで拝見しております。
    上念さんのユーモアとはっきりと物を言うのが好きです。
    応援しております。
    ガォー♪(^o^)

  • 100%3000円損するのも大概だけど、プランBも20%でプラマイ0ならどちらの価値も等しく、無いw

  • 宝くじとは「当選したら~」と
    抽選日まではお金の不安がいくらか和らぐ
    阿片や麻薬みたいなものでしょうかねェ

  • まぁ当たる可能性もあるからね〜。
    まぁそんなことどうでもいいけど上念さん好き。

コメントする

目次
閉じる