MENU

やればできる!リモートワークで済むならもうそれで済ませようよ。あと消費税は減税で。 上念司チャンネル ニュースの虎側

今日は八重洲イブニングラボのコミュでライブ配信をやってみたついでに、リモートワークについて真剣に考えてみました。実は、私もかなり実践してます。意外とやればできるもんです。この騒動が終わった後も、リモートで追われる仕事はリモートでできるような規制緩和が必要じゃない?あと、経済対策は消費税増税な。

#上念司

八重洲イブニングラボ
https://y-e-lab.cd-pf.net/home

『経済で読み解く日本史(飛鳥新社)』第6巻の予約開始!!
以下の3つの選択肢よりお選びください。

<第6巻のみ>
経済で読み解く日本史⑥ 平成時代
https://amazon.co.jp/dp/4864107521/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_oHfAEb8AP18TV

<第6巻+箱>
【数量限定】経済で読み解く日本史6平成時代+全6巻収納BOX
https://amazon.co.jp/dp/4864107548/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_UGfAEbPY8ZBZQ

<第1~第6巻+箱+豪華ゲストとの対談オーディオブック>
【数量限定】経済で読み解く日本史【文庫版6巻セット】 https://amazon.co.jp/dp/486410753X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_uAfAEbDH3W65R
※桜林美佐さんを聞き手にした全巻解説のほかに、2人のゲストとの対談コンテンツがあります。オーディオブックは全部で3つ付いてきます。

月々8000円(税別)で通い放題!格闘技のメソッドで健康的に美しく痩せる
ファイトフィット渋谷
道玄坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya/
宮益坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya2/
宇田川町 https://tkdj.net/dojo/shibuya3/

Tシャツが欲しい人はこちら
個別の一万人ハブ電脳ショップ
https://suzuri.jp/tsukasajonen

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • なんか著名人Youtuberが相次いでコロナウィルスの話題を扱わなくなったり、「アレ」とか「某」とか言ってると思ったら、Youtubeから広告不適当ってことで収入が入らなくなるからなんだってw
    みんな現金な人たちだな。

  • 1ヶ月前コロナ大した事ないみたいな言い方してたのになんで今更リモートワーク?

    • 君のラフにダフりたい
      上念さんは確かに、1月末日時点では見通しが甘かったのは、事実ですね。
      Twitterを見れば、危機感を感じていたかのが高須先生、百田氏、石平氏らでしたから。惜しむらくは、春節前に渡航制限をしていれば。台湾より感染者がやや多いだけで、済んだかもしれない。安倍内閣と二階ら媚中派の政治家に、憤りを感じます。

  • 浪費提案とデフレ対策/買物パスポート(困窮世帯デポジット付)発給!最終販売のみ全品20%引(倒産手当、税10%免徐) : 施し乞食法案(節税) 、消費税10%攻防(財務省と) 無用=車 家 家電 販売増。

  • ニューヨークからですが最近の日本のTVとYouTube見てて思うのは 何故5人から10人程の人がカメラの前で すぐ横に並びながら近距離で話や発声をしないでくださいなどと言っているのか。数日前には都知事本人がその中に入ってそんな事言ってるのを見ました。スタジオでは移らないとでも思っているのでしょうか?危機感が全く無いのでしょうか? こちらのTVではほとんどSkypeかFaceTimeでやっています。これではこれからもっと感染者が増えてもおかしくないですね。見ていて怖くなります

  • ウチは製造業だし労働組合が強いから、ホワイトカラーがリモートワークに移れるという話になると、ブルーカラーから反発が起こるからできないって言われました。一部だけてもリモートに移れば感染リスクは下がりますが、そうするとリモートで仕事ができない工場勤務の人達がそれに同意できるわけがないと。

  • リモートワークを広める為に、リモートワークできる業種とか仕組みとか企業にレクチャーする仕事って今後望まれるのかな?

  • 上念司様いつも勉強になります。
    でもMMTではもっと頑張ってほしかった。
    MMT論者はペテン師です。
    *MMT 論者の「財政出動で景気回復、景気停滞は政治のせい」はデマ*
    1,★日本は長期にわたり債務が増え続けても尚、成長できずに対GDP比は高くなってしまった事実は変わりません。
    1975年以降も高度成長は続き、1990年まで税収も伸び新規国債発行額は低下しましたが、日本の経済環境は奇跡的な幸運があったにも関わらず、国債発行残高は右肩上がりで増え続けてきた訳です。

    【今は無い高度成長期、奇跡の経済環境】
    ・国内市場が成長していた。
    ・グローバル化が進んでおらず、国内企業は繁忙を極めてた。
    ・先進国に追いつくための伸びしろがあった。
    ・先端技術導入で大量生産・大量販売を促進できた。
    ・世界に誇れる基幹産業があった。

    2,★MMT 支持者の財政出動とは「インフレの兆候からは増税」までの景気対策で、現在からの「デフレ脱却~インフレの兆候で増税」と言っても、増税を「決定してから導入までは長いタイムラグ」になり、同時に「金融商品の基軸」も失います。
    とは、「決定してから導入までの長いタイムラグ」の間にインフレは加速され、急劇なインフレになれば、「消費税増税」どころではない国民の負担が増えてしまう事を次の理由で説明できる。
    ・世界最速の少子高齢化と世界最大の対GDP比。
    ・終身雇用から派遣社員でローンなどが組みにくい。
    ・デフレの原因は賃金低下、飽和状態の第三次産業就業者70%への経済恩恵は限定的だろう。
    ・伸びしろの少なくなった基幹産業海外移転やデジタル分野での乗り遅れなど。
    ・失われた20年等の日本中に蔓延した閉塞感は、不確かな時代に備え「消費は美徳」よりも「蓄え」が定着してきた。
    ・イノベーションがあったとしても、産業構造から恩恵にあずかれるのは限られた一部でしかないと思われる。

    ・MMT 支持者は、インフレまで赤字国債でインフラ整備等に財政出動と主張するが、建設業就業者の多くが高齢化の進行が止まらず、外国人出稼ぎ就労者数は年々増えつつあり円の海外流出と、国債の金融商品としての基軸であり続けられるか甚だ疑問である。

    MMTでの財政出動での行く末に考えられる3つのパターン。
    1,低賃金のままの高インフレ
    2,低賃金のままの重税
    3,国家破綻

    MMT論者にも声に出せないことがある。
    国債人気にも陰りがみられ財政ファイナンスは財政法第五条で禁じられています。
    【日銀と政府】
    ・債務者・債権者とは「譲渡・移動」が可能である。
    ・債務者は政府のまま、債権者の移動は自由である。
    ・日銀は「相殺」せずに手元に国債を持ちつつ、買いオペ・売りオペしてる。
    日本国債が金融商品としての基軸であり続けられるかは、甚だ疑問でもある。

  • まだまだリモートしない責任者が多いこと・・・助けて。これから今まで以上のピークが間違いなく来る中、上念さんのようにリモートワークの準備をできるだけして欲しい。ピークがきて、どんどん自分の周りなどが感染して、入院・家事・葬式など、それからさらにリモートワークに切り替えるなんてとてもできないから!

  • リモートを、もっと推し進めるならば、日本全国津々浦々に、光をもっとしっかり敷設、首都機能拡大化と、住居分散を徹底する不動産事業を広めていただきたい。また、建物内食物栽培には減税対象とか、農協も新規産業立ち上げ、完全自然農法による超高級食材事業なども新規産業として立ち上げて行って欲しい。国内至る所で出来る産業に。

  • 消費税ゼロにしてくれたら、二十年まえからやっていた節約止めて買い物したいなあ。

コメントする

目次
閉じる