MENU

ポストコロナ、次の危機⁉ Dan Takahashi 高橋ダン

01:45 コロナからどうやって回復したか?
10:15 次の危機はなに?
23:50 Dan Takahashiのお勧め?

最近のヒットビデオは下記です❗

億り人になる方法⁉https://youtu.be/M97qkVXINHA
香港デモと株?https://youtu.be/CHJq5fHoK0w
日本の教育を【変えろ⁉ 】https://youtu.be/HFF_Upos2GE
米中冷戦⁉ https://youtu.be/SEn-3k7watI

★☆★ Click & Follow! ★☆★
TWITTER: https://twitter.com/Dan_Takahashi_
FACEBOOK: https://www.facebook.com/DanTakahashiJP/
INSTAGRAM: https://www.instagram.com/dantakahashi1/
LINKEDIN: https://www.linkedin.com/in/dan-takahashi/
BLOG: https://note.com/dantakahashi

■高橋ダンのプロファイル

・23万人snsフォロアー
・コーネル大学を首席グループ卒業
・2019年金融トップ100人受賞者

東京生まれ、日本国籍のハーフ。6ヵ国に住み、60ヵ国以上を旅する。12歳で投資を始め、19歳でウォール街のメガ金融機関に従事。26歳でヘッジファンド立ち上げ、30歳で売却。納豆とカラオケ大好き❤❗️

Dan Takahashi お問い合わせは https://zeppy.jp/contact/

#dantakahashi
#高橋ダン
#コロナ

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 日本の物価上昇を抑え続けているのは #財務省 ですよ。
    この30年間、財政規律を名目に日本を不幸に陥れ続けているのは奴らです。
    志がある政治家がいたとしても、財務省が子分の #国税庁 を使って潰します。日本の癌です。
    このことを知ってるネット民は多いですが、新聞・テレビを妄信してる一般層には、まだまだ認識が広まってないのが現状です。

  • Hi Dan, if Japan will have a massive bubble economy again like 1980s, which Japanese equity do you think will gain prices exceptionally? Just curious as the world investors may buy them in a passively active manner now to 2025.

  • Dan-san Thank you for uploading great video everyday. Bank ETF 1615 which you recommended went up 9%, Thank you for your recommendation. I really appreciated.

  • 政府が金を配れば普通はインフレになると思うのですが、日本政府は後々増税で回収しようとするので、逆にデフレになるというお話ですね。しかし庶民の立場ではインフレよりデフレの方が暮らしやすい。不動産価格も上がらない方が嬉しい。不動産価格が上がって嬉しいのは、転売してもっと大きい家に住みたがるアメリカ人の考え方です。金を増刷すれば金融が潤うので、金持ちになりたい人は金融を学ぶべき、というのは正しいかもしれません。

  • えっと、表現は適切ぢゃ無いっすが、世界の大半の中央銀行は、云うなれば、政府とパートナー関係の民間銀行なんすが、日本の場合は、資本関係上政府の子会社って感じなんすよね。。(´▽`*)
    会社で例えると、他の政府の借金と中央銀行の関係は、企業(政府)が銀行(中央銀行)に借入してる状態、で、日本は、親会社(政府)と子会社(日銀)の関係なので、略親子関係なので、後は帳簿上、どう収束させるかだけ、というのもあるんすよね。。
    因みに、米国のFRBは民間企業、政府とパートナーという位置づけ故に、日本と同じ様にGDPの2倍も借りたら、企業で云えば、売上の2倍も借金がある企業、と云えるので、基軸通貨とはいえデフォルト懸念が生じる可能性があるっすが、日本は、上記の理由で、帳簿上は問題でもデフォルトしない所以っす。。

  • 「習う(ならう)」というのは、英語で言うとto learnですね。英語では、to learnは、自分で勉強したことにも、先生や他人から教えてもらったことにも使えますが、日本語では、「習う(ならう)」というのは、先生や他人から習ったことだけに使えるんです。自分で本を読んだりして勉強したことや経験からえたことには、普通は使えません。もう一つ日本語には, to learnの意味で「まなぶ(学ぶ)」と言う単語があります。この単語は、先生から習ったことだけでなく、自分で勉強したことや経験して学んだことにも使えます。

  • いつも楽しく拝見しています。 
    持論ですが、賃金が上がらないのは給与体系と契約体系(会社との)が違うからという理由もあるのではないでしょうか?
    例えば欧米諸国はこの度のコロナ危機においても、すぐに社員の解雇をするでしょう。
    会社が儲かっているときはたくさん賃金を払えるのは当たり前で、
    どちらかというと日本は終身雇用がベースとなっていましたから給与は低いのではないでしょうか?

  • ダンさん、こちらの動画も大変勉強になりました!昨日、第二次補正予算が閣議決定しましたが、31兆円です。日本政府は今回本当に手厚い支援を国民、事業主向けにしていますが、お金擦りすぎているので諭吉の価値が下がると思います・・・><インフレ突入ですかね。富裕層の財産の希釈がきになります。

  • いつも拝見して参考にさせて頂いております。有難うございます。

    さて、Danさんは、デフレ後の円の通貨危機に言及して居られましたが、その根拠がGDPの200%に及ぶ日本の財政赤字でした。
    Danさんの発言は、財務省のプライマリーバランス重視の財政論と同じかと考えます。
    一方、高橋洋一氏は、日本は、財政赤字額と同額相当の預貯金や在外資産を保有しており、プライマリーバランス理論に基づく増税論に異を唱えて居られます。ラフに言うと、潤沢な在外資産がある為に、日本国債が暴落しない、円が暴落しない、という説です。
    このような視点について、Danさんはどうお考えになりますか?

    また、BOJのEQは、元々2%のインフレ期待の金融政策で、アベノミクス初期にはそれを実現しそうになりました。
    デフレになった重大な原因の一つは、消費税増税です。 つまり、プライマリーバランス重視の財政政策が金融政策の足を引っ張ったようなものでした。
    データは、通貨発行量とインフレ率のみですが、理論的には通貨発行量が増えればインフレになるはずで、そうならないのは、別の要因も考えられるのではないか、と愚考しますが、如何でしょうか?

  • にわかMMT論者は、インフレにならないから、どんどん国債発行して公共政策しろって言うけど、なるほど、国の借金が増えまくってるのにデフレであることの方がヤバいですね。(借金の重みが増すわけだから)

    行き着く先は大増税or通貨危機、と。

    私は大戦争(ハイパーインフレ)で調整される気がします。

コメントする

目次
閉じる