MENU

2020年6月5日 株価上昇は<ニューノーマル>の始まりだ。コロナショックは生活様式も投資尺度も変えた。劇的な変化に対応しましょう【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2020年7月18日(土)東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

☆2020年 ASAKURAセミナー開催日程
7月18日(土)、9月12日(土)、11月21日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

大阪:11月28日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-osaka.html
——————————————————–
こんにちは!

朝倉慶です。

今週もYouTubeをアップしました!

また本日朝倉慶の株式フライデーで放送した長谷川伸一の「厳選5銘柄」も

この後YouTubeにアップします。

あわせて読みたい
朝倉慶の株式フライデー | ラジオNIKKEI

こちらもよろしくお願いします。

株式市場も大きく上がってきましたね。

短期の急騰ぶりにびっくりしている人多いと思います。

朝倉のオンラインセミナーやユーチューブを見続けていた人は

今回の株価の急騰も違和感はないかもしれません。

一方で多くの専門家や市場関係者は

あまりの上げピッチの速さに当惑しているようです。

ある人は<株式市場は先行きを余りに楽観しすぎている>

ある人は<業績と株価のカイ離が広がりすぎている>

と述べ<株価はバブル化している>との見解です。

かような株式市場は行き過ぎとの見方が世間の大勢です。

しかし朝倉は株価は<相当な大相場に入ってきた>と考えています。

従来では考えられなかった現象が株式市場に表れています。

例えば今回世界中で株価が暴落模様となったわけですが、

通常かように株価が大きく崩れた後、短期間で株価は戻れないものです。

実際、経済の実態も大きく改善しているわけではありません。

しかしそれでも株価は大きく上げてきたのです。

特に米国ナスダック市場はあと1%の上昇で史上最高値更新です。

常識では考えられない短期間での株価の戻りです。

歴史的に今回の危機と並び称される1929年の世界大恐慌の時、

株価は何と10分の1にまで暴落してしまいました。

そしてその暴落前の高値まで戻るのに何と25年もかかったのです。

同じような株価の大暴落、日本のバブル崩壊は30年前ですが、

その時の日経平均38915円は依然遠いところにあります。

かように大暴落の後は10年経っても高値は取れないものなのです。

それが今回わずか3か月という異常な短期で高値を取ろうとしています。

これが新しいニューノーマル、株価の位置の劇的な変化なのです。

実際、日本だけでなく米国はじめ世界中で金利がなくなりました。

今回の危機で世界中で膨大な資金が供給されました。

その資金は金利ゼロの世界では行き場がないのです。

であれば配当がわずかでもある株式に行くしかありません。

すべての会社がコロナで失速するわけではありません。

中にはこの危機で業績を拡大させる銘柄群もあるのです。

そしてかような会社には膨大な資金が殺到する勢いです。

そのような端緒が日本ではマザーズ市場で表れてきました。

マザーズ市場は新興市場が多く<日本のナスダック>と言われています。

そして米国のナスダック市場はもはや時間の問題で最高値更新となりそうです。

株式市場を見ていると歴史的な大きなうねりと

限りないエネルギーを感じないわけにはいきません。

世界で膨大に放出された限りない資金の山が株式市場を大きく刺激して、

かつてないような相場を作り出しそうな勢いです。

再三主張してきたように<株式投資に決して弱気になるべきでない>と感じます。

市場を覆っているのは<株価がいずれ下がるはず!>という売り人気です。

投資家の多くは株価が下がるほうに賭けています。

日本の投資家の下がると儲かる投資先。

下がると儲かる<ダブルインバース>というETFの購入や

信用取引を使った<空売り>が一向に減りません。

そのようななか、海外勢のヘッジファンドも日本株を大量に売ってきました。

朝倉は一貫して<無い株が売られている><株価を先物で膨大に売っている>

<売りすぎである>と何度も何度も主張してきました。

そして今、その売りすぎた反動<高値で買い戻す>

ことに追い込まれてきました。

この圧倒的な流れがかつてない株式市場の短期の上げを作り出したのです。

上げ足が早かった株式市場は小休止してもおかしくないでしょう。

しかし上げトレンドは不変と感じています。

今後も皆様に私の考えを継続的に紹介していきます。

皆様のお役に立てれば幸いです

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (16件)

  • このコロナ相場で朝倉先生しか信用してはいけない事が良く分かりました。底値の時の先生の明るさが今は理解できます。

  • チャンネル登録しましたよ。年長者ですけど、喋りが謙虚でいいですね。思いっきり、上から目線で、折れ点さんという他の投資系YOUTUBERを見ると、むかつく。しかもその男が推奨している方法論は、確実に損失する方法です。

  • トレンドフォローが、個人投資家のあるべき姿ですね。トレンドに逆らっても跳ね返される。

  • 完全に相場を見誤りました。
    空売り仕掛けしなかっただけ良かったと、自分に言い聞かせています。
    今回の上げ相場で1円も儲けておりません・・・・・・

  • これは面白いことを言ってるね。要はお金全体の量が増えて資産インフレになってるんだと思う。株の価値が上がってるんじゃなくてお金の価値が下がってるということ。まだ油断できないけれど最終到達点はもっと上にある。

コメントする

目次
閉じる