MENU

国内のスパイが丸裸?日本のファイブアイズ加入でアジア情勢に大激震。│上念司チャンネル ニュースの虎側

現行法でもスパイを逮捕することは可能ですが、モグラの動きを封じるにはやっぱりスパイ防止法が必要ですね。工作員が国会議員なんてあり得ませんよ。一般論ですが。

#上念司

八重洲イブニングラボ
https://y-e-lab.cd-pf.net/home

『経済で読み解く日本史(飛鳥新社)』第6巻の予約開始!!
以下の3つの選択肢よりお選びください。

<第6巻のみ>
経済で読み解く日本史⑥ 平成時代
https://amazon.co.jp/dp/4864107521/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_oHfAEb8AP18TV

<第6巻+箱>
【数量限定】経済で読み解く日本史6平成時代+全6巻収納BOX
https://amazon.co.jp/dp/4864107548/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_UGfAEbPY8ZBZQ

<第1~第6巻+箱+豪華ゲストとの対談オーディオブック>
【数量限定】経済で読み解く日本史【文庫版6巻セット】 https://amazon.co.jp/dp/486410753X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_uAfAEbDH3W65R
※桜林美佐さんを聞き手にした全巻解説のほかに、2人のゲストとの対談コンテンツがあります。オーディオブックは全部で3つ付いてきます。

月々8000円(税別)で通い放題!格闘技のメソッドで健康的に美しく痩せる!全営業時間対応オンラインレッスンもアリ!

ファイトフィット渋谷
道玄坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya/
宮益坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya2/
宇田川町 https://tkdj.net/dojo/shibuya3/

Tシャツが欲しい人はこちら
個別の一万人ハブ電脳ショップ
https://suzuri.jp/tsukasajonen

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 多分、今頃8月4日20時位から、尖閣諸島で 両軍が睨み合っていると、想像されるが、中共は、陽動作戦をとるであろうとおもわれる。その際、同じパターンを繰り返しながら、自衛隊やUSA軍の動きを探る。そして、隙を探りつつ、台湾、尖閣諸島、南沙諸島、3方面、あるいは、後方から、回りこんでくる作戦を取るかもしれない。歴史上、劣勢にある軍隊が、勝った例は、数知れず。侮ると敗戦につながる。はやく、南沙諸島を爆撃して、先手をとったほうが中共を、ふせぐことにつながる。そして、中国の国民の為にも、徹底的におこなったほうが、よい。中共には、力の論理しか、通用しないUSAJAPA

  • ナチスは、戦争前に主要国にインフルエンサーを多数配置して、ナチスに有利な国際環境を工作していた例がありますね。開戦まで親ナチスの政治家、報道機関が英、米などに多数存在した。そのせいで、電撃戦が成功し、戦禍に歯止めが利かなくなった。
    平和を愛し、歴史から学ぶなら、防諜は非常に重要なはず。9条がある日本は防諜に関して先進国にならなければ、現憲法の精神にも反していることにもなる。 野党が反対する理由もないはず。

  • 5アイズに入ったなんて凄いですね、日本スパイ天国。こんなだから二階俊博、や今井たかや、見たいな裏切り者迄出るし、良かったです。日本ガンガンやって取り締まり強化で
    有りがたいですね。日本半日だらけ。こんなだから5アイズ良かったです。✊✨

  • 「自分の気に要らねえことを言う奴は皆暴力でやっつけようとする人がいますけれども、この国ではそんな連中は支持されません」
    「スパーリングで相手になる」

    一般論として明らかに矛盾であり得ないと思うのだがぜひ本人の意見を聞かせて欲しい

    参考
    【スパーリングで相手になる】上念司、虎ノ門ニュースで桜井誠に言った自分の発言を棚に上げて暴力を批判
    https://www.youtube.com/watch?v=jNbdpdV8MeI

  • スパイ防止法?
    日本のご主人様のアメリカと中国が阻止するでしょ?
    そのことにどう対応すりの?
    植民地がどうやってアメリカの反対を止めるの?
    解説してください

  • 国際条約は国内法に優先する。
    これを利用する。

    1. まず、ファイブアイズからの圧力に押されたという形で、
    ファイブアイズ+1会議を東京で開催する。

    2. その席で政府判断により圧力に負けた形でシックスアイズ条約を締結してしまう。

    3. 締結した国際条約を守るために止むを得ず緊急に、スパイ防止法を整備する。

    このやり方は順番が逆に見えるかもしれない。
    しかし現在の日本国内の情勢を鑑みた時、スパイ防止法を作ってからファイブアイズ加入という流れでは機を逸し、国民を危険にさらす。

    約束に誠実な日本国民の性格や外圧に弱い日本国民の性質を考えれば、こうした、ぶっ飛んだ方法も一考して頂きたい。

  • 金、色仕掛けに関係している国会議員か。
    国益にならない国会議員に票入れないこと。
    日本は自由主義なら北、中共独裁に近ずくな。関わるな。侵されるな。
    中共の法律が国外でも通用する規則作る國にたいし入国拒否する法律作る必要がある。
    国際法を遵守できない國は争いのもと。

  • 拉致に関係したと判っている人にコンビニで遭っても何もできないとか、北のスパイに乱数表を返さなければいけないとか無力感に襲われることがあります。反ヘイト法を作る前に作るべき法律があります。

  • 政界にもモグラがいますね。
    ナントカ民主両党・ナントカ新選組・共産党・二階派・公明党とかですか。

  • アホな野党が人権侵害などと反対するけど無視してファイブアイズに加盟しよう!
    もうこれ以上スパイの好き勝手はさせない!

コメントする

目次
閉じる