MENU

2020年9月11日 ソフトバンクグループ急落の真相は【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2020年9月12日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

☆2020年 ASAKURAセミナー開催日程
9月12日(土)、11月21日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

——————————————————–
こんにちは朝倉慶です

まずはセミナーのお知らせです。

明日朝倉セミナー開催します

オンライン、リアル同時開催です。

13時30分から17時15分の予定です

この時間が都合の悪い方も大丈夫です。

申し込んでいただいた方には夜8時までに、

セミナーの動画をお送りします。

そして動画はいつでも何度でも見られます

都合のいい時にじっくりご覧ください。

今回のセミナーも非常に重要です。

米国ナスダック市場は先週から急落

ついに最高値から10%下げて調整入りしました。

あっという間の下げで心配な方もいるでしょう

この状態をどうみるか?

そして日本では新政権が発足します。

しかも新しくできそうな菅内閣は発足直後、

解散に打って出る可能性もあります。

かような中で市場はどのような反応となるでしょうか?

また世界一の投資家ウォーレン・バフェットは

日本の5大商社株を大量に買いつけました。

これには投資の重大なヒントが隠されています

まだ日本人の多くはバフェットの本心がわかってないと思います。

このあたりを朝倉が深く掘り下げてじっくり話します。

これも必見だと思います。

また朝倉は強気一辺倒と思っているかもしれませんが、

今回は極めて重大なリスクがあることを意識しています。

その重大なリスクとは何で、いつ起こるのか

これも大事なことで聞いておく必要があると思います。

更に米中の関係は悪化する一方です

強硬な外交姿勢を繰り返す中国習近平政権と

米国トランプ政権の対立はどのような展開をみせるでしょうか

更に中国の国内情勢はどうなっているのでしょうか

このあたりもじっくり解説します。

そして夕刊フジ株1グランプリですが

当社の吉田沙織はトップを快走

何と上昇率92.2%とわずか2週間で資金倍加の勢いです。

改めて当社の銘柄発掘力を世間に示せたと感じます

今回のセミナーでは当社の誇る2人の銘柄マスター

長谷川伸一と西野匡を登場させます。

いつもより多くの時間を取りじっくり銘柄解説させます。

この2人は銘柄の選び方が対照的で全く違う角度から

銘柄を発掘してきます。

そして2人ともよく当たるのはご存じの通り

2人が競い合って面白い銘柄を見つけ出す様は圧巻です。

今回、この相場が極めて難しくなってきた局面で

2人の取り上げる銘柄は必見と思います。

是非セミナーに参加して銘柄情報を楽しんでください。

さてソフトバンクグループは大波乱となっています。

高値の7077円から9日には5432円まで急落したのです。

これはソフトバンクグループが米国市場でオプション取引で

大量の買い付けを行って、それが膨大な含み益を得ている

と報道されたことがきっかけでした。

オプション取引は極めて投機的な取引なので

投資家は余計に警戒して

しかも直近で米ナスダック市場は大きく下げましたので、

様々な憶測が飛び交って株価の大幅安となりました。

ソフトバンクグループは自ら投資会社と言っていますので

投資することは問題ないと思います。

オプション取引は最も投機的な取引です

オプション取引では思惑の逆に動くと容易に資金は消えてしまいます

そういう意味ではソフトバンクグループの投資実体が懸念されたわけです。

しかしながらソフトバンクグループのように膨大な資金投下する場合

一方方向だけでなく、様々なヘッジ的な取引を行うのが一般的です。

ですから報道された一つの取引内容だけから

投資内容全体を伺うことはできません。

結論的に言えば、決算時か何かの時に情報公開されるまで

はっきりとしたことはわからないわけです。

現在思惑だけが先行した株価が乱高下していますが、

真相はやがて明らかになるでしょうし

必要以上に悲観しすぎることもないでしょう。

さて本日の日経平均は下げて始まったもののプラスへ転換

米国市場のここにきての急激な下げを考えれば、

日本の株式市場は極めて強い動きと言えるでしょう。

米国市場の下げに連動しなくなった日本株に底堅さを感じます。

日経平均もいよいよ上に抜けてくるかもしれません

詳しいことや極めて重要な観点はセミナーで話します

銘柄紹介共々、朝倉セミナー期待してください。

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (14件)

  • 朝倉さんの説明は既に色々なメデァに出ていたり何人ものyoutuberが説明している内容ですので目新しさが無いです、テスラの話然りです。バフェットの商社株投資の件も、何故商社株を買ったのか?その理由、原資などまで、他では詳しく説明されていますよ。

  • 安部さんの最後の大仕事は場中の14:00に辞任リークしたこと
    マーケットは一時間で折り込みましたから
    引け後発表ではもっと混乱していた

  • 無能菅総理、携帯電話料金高いでないで給料が安いやで、議員報酬以上に最低賃金設定しろよ。

  • さすが 大事な事には絶対に触れない! 初心者はその口調に乗せられてしまうが、これまでの経験上では「口ほどでも無いよな」だね。いつも「上がる上がる!」と豪語してれば、いつかは当たる事もあるわいなと思うね。下がる前にも「もうそろそろ危ないよ」と言って当ててみろよ、と云いたいんだけど ?

  • セミナーの支払いに関してのメールを2回お送りいたしましたが、回答をいただけませんでした。

  • ソフトバンクGの急落についての解説をみました。今週の急騰についてのビデオもぜひお願いします❗️このまま、7000円に向けて上昇するのでしょうか?

コメントする

目次
閉じる