MENU

【携帯3社】菅義偉新総裁が誕生!料金引き下げ要求によるドコモ、KDDI、ソフトバンクの業績への影響。5G時代の到来を前に、携帯キャリアの株は買いどきか?

自民党・菅総裁が誕生しました。かつてから携帯料金の引き下げに意欲を示してきましたが、総理になってもそれは続くのでしょうか。料金引き下げの携帯各社への影響とこれからの事業環境を見通します。
【過去関連動画】
【携帯キャリア3社】ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク。買うならどれか?それぞれの特徴を解説。あなたに合った銘柄を買いましょう

【無料メルマガ】
つばめ投資顧問では、「500円で売られている1000円札」を見つけるバリュー株投資を実践し、株式投資や企業分析に関する情報を配信しています。
ぜひ、つばめ投資顧問からの最新情報を受け取って”失敗しない一生お金に困らない資産運用”を目指しましょう!

■今なら登録すると、電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
↓↓受け取りはコチラ↓↓
https://tsubame104.com/mail_magazine

■LINE始めました!
LINE登録でも電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
PCの方はコチラ:https://lin.ee/gKHmS61
スマホの方はID検索:@dss6527p

■つばめ投資顧問に入会をご検討の方はコチラ
https://saipon.jp/h/suh383

■Twitter: https://twitter.com/tsubame104

■Facebook: https://www.facebook.com/tsubame104/

#新総裁誕生
#菅内閣
#菅義偉
#携帯料金値下げ
#携帯株価

☆投資家養成プロジェクト再生リスト☆
今更聞けない、株式投資のイロハを公開中!!
https://bit.ly/31j9UEg

制作:株式会社スタープロジェクト
http://starproject.co.jp/company/
———
つばめ投資顧問合同会社
関東財務局長(金商)第2932号
金融商品取引業者(投資助言・代理業)
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会

<投資顧問契約に係るリスクについて>
ホームページ上、メール上での提供情報は売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
———

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (16件)

  • 国内の通信料金について議論する時、非常に違和感を感じるのは利用者の誤認だと捉えています。
    というのも、大半の利用者が新機種を分割払いしていて、その端末代を通信会社に支払っている構図があるため、
    利用者は端末代金まで通信費として認識しているケースが非常に多いです。
    通信費だけ確認すれば、この通信品質でこの価格は適正だと思う。

  • ガースーは庶民派ですね。総理大臣としては歓迎します。
    携帯の料金見直しは悪いことではないけど、まずは電気・ガス・水道を安くしろと言いたいw

  • 買いに入るのはしっかり総務大臣が決まってしっかりネガティブ発言してもう1段階株価下落した後でしょう。今買いで入るのは早計

  • 最近取引し過ぎて手数料すげー払ってることに気付いた
    アホヤ…

  • 最悪の想定は必要です。

    総理の方針は国の方針です!
    官房長官の示唆とは大きく異なります。

    明確な数字を提示されたらかなり譲歩しないといけないですね。
    電波料金は放送業界にも再び波及する可能性も有るため思惑からメディアも携帯料金の値下げを後押しすると思われます。

  • ですよね…
    5Gでなんだかかんだで
    上がりますよね!
    配当狙いでひたすらホールド
    10年くらいはイケるっス??
    適当ですみません。

  • 初心者でNTTを購入して次を思案中。KDDIを押す投資家ユーチューバーが多いのでやっぱりKDDIですか。キーエンス欲しいけど高いので下がるの待つしかなさそうです。

  • 機種変する時にアプリのオプション
    強制加入させるのauは止めろよ
    バッテリー交換出来るスマホ作れよ
    2年置きに10万もするスマホ本体を機種変するの嫌だわ

  • 大手が価格下げたら、安さを売りにしてるメーカーも今よりもっと値下げしないといけなくなる。全メーカーが価格競争を起こすには、大手をテコにした方が良い。格安がさらに格安になっても、携帯使用者全体に対する効果は乏しい。収支における携帯代金の支出割合を下げて、国民の他業種の購買意欲を掻き立てる。もう一つ論点がある。携帯は生活必需品だから、需要の価格弾力性が高い。弾力的需要って需要の変化率を価格の変化率で除した数値だから、1円の変動あたりの需要への影響力が大きいってこと。つまり、値下げすればするほど携帯端末の需要が高まるということが科学的に推察される。市場のパイが拡大するということだから、大手キャリアにとっても損ばかりではない。ビジネスの多様化を創出するチャンスであるからだ。昨今の経済状況を鑑みて、多くの企業がビジネスの多角化を目指しているので、企業の内部保留を吐き出させて設備などへの投資金額を増加させることが出来る。故に、経済は好循環する。

  • 「資本主義が根付いてから大丈夫」は電波の周波数を国民から借りてるキャリアに当てはまるのか?

コメントする

目次
閉じる