MENU

2020年9月25日 【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】下げない日本株!!米国株急落も影響なし

★ASAKURA経済セミナー★

次回2020年11月21日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

☆2020年 ASAKURAセミナー開催日程
11月21日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

——————————————————–
こんにちは朝倉慶です。

今週は日本株の底堅い動きが確認できました。

米国株式市場は大幅安が続き、

ナスダック市場は9月2日の高値から12.8%安、

アップル株は9月高値から25%安、

テスラ株は一時9月高値から34%安、

電動トラックで期待された二コラは何と高値から5分の1

米国市場の人気株は9月は惨憺たる動きでした

まさに<米国株式市場は天井打ち>の動きです。

従来ですと、日本株は米国株が上がっても上がらず

米国株が下がると確実に下げていたのですが

今週は何と米国株の急落にもかかわらず、

マザーズ市場は年初来高値更新となり2年半ぶりの高値に、

そして日経平均も下がったものの、ほとんど軽微でした。

ここに日本株の強さがはっきり示されたと感じます。

一方先週アップしたYouTubeで当社西野匡が紹介した銘柄はすべて上昇。

また当社の吉田沙織出場の夕刊フジ株1グランプリでは

上昇率119%(資金がおよそ2.2倍)とトップ独走中です。

これらを参考にして投資し喜んでいただいた方も多かったと思います。

更に先立って、9月12日の朝倉セミナーでは前もって

これらの銘柄を紹介させていただきました。

セミナーに来たいただいた方本当に良かったですね!

またこのセミナーでは朝倉が世界一の投資家

ウォーレンバフェットが何故日本の商社5社を大量購入したのか

はっきり、その真の背景を解説したのです。

この話も極めて重要な話だったと自負しています。

皆様の今後の指針にお役に立てていると思います。

巷では相変わらず世界的に<株は暴落し始めた>

ないしは<業績に比べて高すぎる株はやがて下がる>

との声ばかり聞こえてきます。

本当にプロも素人も評論家も市場の先行きにほとんど弱気です。

朝倉は一貫して今回の株式市場の動きは<大相場>

と主張してきて<弱気にならないほうがいい>

と孤軍奮闘、言い続けてきました。

一時は激しいパッシングも受けました。

しかし実は数々のパッシングも非難も気になりませんでした。

というのも株式市場は大きく上がると確信していたからです。

結果はご覧の通りです。

やはり人間とは弱い者、朝倉に<景気づけ>をしてもらわないと

世間の波に押し流されてしまうという方も多いでしょう。

そのような人にピッタリなのが<朝倉慶のモーニングニュース>

毎朝朝倉はその日の市況情報とその日のポイントを解説する

<朝倉慶のモーニングニュース>を配信しています。

これが極めて安い!

1カ月分、毎日の配信ですが何と720円です!

毎日の市況や情報やポイントを知りたい方

並びにこの放送では朝倉が

<今日も一日頑張っていきましょう>

と皆様に気合を入れています。

元気をもらいたい方、是非お試しください。

更に当社は情報発信をパワーアップさせていきます。

現在毎日夕方発信している、16時からの無料の市況放送を

来週からYouTubeでの動画配信にグレードアップ!

およそ3分程度市況解説した後、その日のポイントや

投資における注意すべき事項など

皆様にお役にたてそうな話を朝倉、長谷川、西野が

順番で毎日、解説していきます。

これを聞けばその日の市況や動向がはっきりわかるはずです。

来週月曜日15時30分からYouTube上(朝倉慶チャンネル)

https://www.youtube.com/channel/UCax09PmcRoY1R8mfJFBfv0g?view_as=subscriber

毎日、公開していきます、ご期待ください。

朝倉慶チャンネルで見るか

アセットマネジメントあさくらのホームページか

あわせて読みたい
[朝倉慶 公式サイト]アセットマネジメントあさくら - 株式投資による資産運用を朝倉慶がアドバイス

ASK1のホームページからみてください。

株式投資・経済情報ならASK1
株式投資・経済情報ならASK1株式投資・経済情報ならASK1 | 仕事に活かせる、投資に活かせる情報満載。世界の政治、経済の流れを朝倉慶独自の視点により分かりやすく解説。マスメディアには公開されな...

さて下げ続けている米国株式市場はいつ落ち着くのでしょうか?

おそらく来週半ばには流れが変化してくると考えます。

というのも今回の売りの主体は期末特有の売りと見ているからです。

例えば日本の年金基金GPIFですが、

これは安倍政権の英断によって2014年に株式の比率が引きあがりました。

実はこの時点からGPIF、日本の年金基金は大きく利益を出し始めたのです。

この時、運用資金の中の25%が国内株式、25%が海外株式となりました。

実は海外株式と言っても流動性などの問題があり米国株に対しての

投資比率がかなり高いわけです。

ですからGPIFはアップルやアマゾンなどの大株主になっています。

ところがここにきてかアップルやアマゾンなどの大幅上昇、

GPIFにおける海外株式の割合が値上がりによって

全体の25%のはずが27%まで上昇してしまったのです。

こうなると運用資産における海外株式の比率が高くなりすぎるので

この比率を調整するために、アップルやアマゾンなど海外株式を

売却する方向に動いて比率を下げさせなければなりません。

これは株が上がり過ぎた、儲かりすぎたから起こることです。

このように株を売却するのも運用資産の入れ替え上やむを得ないわけです。

これは何もGPIFだけでなく、世界中の年金基金やその他ファンドも同じです。

この売らなければならない金額が200兆円を超えると観測されています。

ですから調整気味になった米国市場において期末の9月30日に向けて

各国の年金基金などの実弾売りが止まらなくなって、

現在のような急落が月末にかけて起こったものと思います。

ですから9月末が過ぎると情勢が一変します。

また投資のプロはそのような売り物が大量に出ているのは知っています。

そういう意味では米国株式市場の下げは来週前半が峠と見ています。

基本的に世界的な低金利の中、株式市場の先行きは明るいとみてください。

朝倉が一貫して主張し続けているように

<弱気にならないほうがいい>と思います。

朝倉は今後も自分の思ったことを皆様にお伝えしていきます。

ただ当たり前のことですが相場や経済の先行きは

完璧に読み切れるわけではありません。

朝倉が当たり続けるとは限りません。

どうか、投資は自己責任ということで、ご自身の判断での投資を

よろしくお願いします。

皆様の成功を心より祈っています。

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (12件)

  • 今回は「セカイケーザイの裏側をシル!」ないのか~と思ったら最後にぶっこんできたw

  • 結局、朝倉先生のおっしゃる通りでした!
    本物のプロフェッショナルです。モーニングニュースでも元気をもらっています。ありがとうございます!

  • 毎週観て、次週の元気の源になっています!
    金曜日の楽しみは朝倉さん顔色です!

    来週もがんばっていきますよ〜〜

  • 私はまだセミナーに参加するにはどうしたら良いのかわかりません、解りやすく方法をお願いします。澤田稔

  • 日経平均なんか上がらんでいい!
    マザーズだけでいいわ!
    大型株なんかかわへんから。

  • いつも有用な情報ありがとうございます。
    ホンコンがアジアの金融ハブから外れて、日本かシンガポールになるのではと言われてますがこの辺りの解説をお願いします。

コメントする

目次
閉じる