MENU

【米国株】テスラはいつ買ったらいい?暴落耐性はあるか?

【ETFを選ぶ3つのポイント】
・経費率
・流通量
・投資スタイル

【チャート分析ツール】
https://jp.tradingview.com/gopro/?share_your_love=TomBobSam

【ツイッター】↓

関連動画はこちら↓

【米国株】気を付けたい!初心者向けおすすめETFランキング


【米国株】チャートで検証!IPO銘柄を買う3つのタイミング!


【米国株】IPO銘柄:処方箋の比較とオンライン診療で急成長のGDRX


【米国株】SPYDを損切するべきか?3つのシナリオで考える!


【米国株】SPYDを損切するべきか?3つのシナリオで考える!


【米国株の書評】本気で稼ぐ株式投資の教科書をレビュー!


【米国株ETF】SPYDが41%減配!さらなるリスクと裏話!


【米国株】含み損で不安の人は意識を変えよう!


【米国株】Appleイベントの結果!ライバル企業の影響は?


【PTON:2020年4Q決算】ペロトンがとびきりの決算を発表!来季予想も大幅上昇!


【米国株】株価大幅下落でもホールドできる理由!安眠グッドラック!


【米国株】米国株の下落はどこまで続く?チャート分析から予想!


【米国株】狙いたい銘柄・難しいセクター。次の投資テーマは?


【DOCU:2021年2Q決算】ドキュサインの決算と事業内容!安定の一言!


【CRWD:2021年2Q決算】クラウドストライクが好決算!長期保有候補!


【実績公開】含み益が1.5倍!ともの秘密のポートフォリオ!


【実績公開】2020年7月の売買実績とポートフォリオ

【実績公開】3年で26%のリターン!S&P500連動のIVVを売却!


【実績公開】2020年6月の売買実績とポートフォリオ


【実績公開】2020年5月の購入銘柄と上昇率


【米国株】年初来で株価が4倍!!脅威の成長率のFASTLY!


【米国株】社会構造が変わる⁉デジタルトランスフォーメーションとは!


【米国株】コカ・コーラが優良銘柄ではないので売却!その理由とは!?


【米国株ETF】CLOUが物足りないと思う3つの理由!


【米国株】全力投資するならクラウド特化ETF!!


【米国株】優良銘柄の選び方!投資の判断基準とは!?


【後編】インフラ投資!重要なのは、基地局・データセンター・ファイバーケーブル!


【前編】政策+トレンドで30%の成長予測!


【米国株】ETFの情報を調べる便利ツール!ETF.com


【米国株】次にNASDAQ100に採用される銘柄を3社予想!ドキュサインに続くのはどれ!?


【米国株】株価上昇←QQQ採用←ナスダック100採用←DOCU


NYダウが-6.9%で大暴落!?株価が大きく下落しても慌てないで対処する方法


株高がトレンド!金融相場、相場サイクル、資産効果について解説します!


【米国株】ETFの情報を調べる便利ツール!ETF.com


【米国株】高値圏でも購入した銘柄と理由を紹介!


【米国株】株価の情報を調べるには?1番使うツール!Yahoo Finance


【米国株】2020年初のIPO!Zoominfoを解説!


【実績公開】2020年5月の購入銘柄と上昇率


【米国株】全力投資するならクラウド特化ETF!!


公益事業セクターETF(VPU)のトップ10を紹介!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (24件)

  • Teslaに関して別件ですが、Regulatory creditsでTeslaのP/Lが現状黒字になってる件について気になってます。

    売上額に占める割合は低いけれども、二酸化炭素排出する車を生産する企業の後押ししているとも捉えられる、このRegulatory creditsのP/L内での存在。
    これはどのように捉えたらいいでしょうか。

    • 決められたルールの中でやってるので問題ないと思います。
      テスラが後押ししてるというより、規制に対応できないメーカーの方が問題だと思います。

  • 村田製作所の全個体電池量産化開始のニュースは、将来のEV市場にインパクトのあるニュースだと思いますが、
    https://youtu.be/oKnyx1t1qc8
    内燃機関からモーター駆動になると、日本は日立系列やマブチなどHDDから掃除機や洗濯機などの家電まで、回転駆動系に強い精密機器メーカーも多く、
    先日、カリフォルニア州は既に2035年からガソリン車の販売禁止が法律化される事に署名されましたが、
    多分、その流れは今後も広がるでしょうから、既存の大手自動車会社も本格的にEVにシフトするとなると、日本も充分技術力はありますし、
    また、昔Appleが自動車を開発してると言う噂があり、その後どうなったか解りませんが、
    自動車が「機械」から「コンピューター化」が進む程、GoogleなどIT系の参入もあり得ますから、
    直近はともかく、世界的な市場がガソリンからEVへ完全シフトすると、将来的にテスラ一強で居続けるのは難しいかなと思います。

    • とも’s投資ゼミ

      個人的には、ガソリンの給油時間と充電時間の差がほぼ埋まるレベルにならないと、一般レベルにまで普及しないと考えていたのですが、
      市場原理に任せるよりも、法律化などで政治的に介入して急かしてくるとなると、
      エネルギー利権の問題なんでしょうね。

      CO2は「温暖化ガス」と言われてますが、
      実際にはCO2で地球が温暖化してるエビデンスは無く、
      むしろ、寒冷化が進んでいて、昨日もヨーロッパで、史上最速の大雪だったかのニュースがありましたが、
      近年、アメリカも記録的な寒波のニュースも毎年の事ですし、
      むしろCO2の排出量が増えて、アマゾン等の森林が増えてると言うデータもありますから、
      京都議定書やCO2排出権の取引なんてものが出来たのも、完全に利権絡みでしょうし、
      コロナで原油先物がマイナスになる程価格が下がって、
      アメリカのシェールガス関連企業がとうとう採算取れずに潰れたのもあって、
      とにかく中東からエネルギー利権を奪いたい思惑は、米中共に利害一致してるんでしょう。

    • 株価と一緒でどの期間で切り取るかですよね。
      数万年単位なら寒冷化です笑
      充電はリチウムなので家に帰ったら充電すればいいので長距離じゃなければ問題になりませんね。

    • とも’s投資ゼミ

      ここ数年の世界の異常気象を見てると、何故か日本は穏やかなもんですが、
      南半球は、飛んでるコウモリが暑さで死んで落ちてくる程の異常な高温の夏で、
      一方、ユーラシアは毎年観測史上最低気温を更新したり、
      フランス辺りは、真夏日の次の日に雪が降ったニュースとか、
      アメリカでも、ナイアガラが凍結したり、サンフランシスコで、真冬に急に暖かくなったり、寒暖差がとにかく激しくなってる感じですが、
      一時は北極やグリーンランドの氷の面積が小さかったのが、ここ最近はまた戻ってたり、
      紆余曲折で、「一方的に進んでる」って感じじゃ無く、
      激しく混乱してるって感じですね。

      自分は、今は日本の都心部に住んでるので、
      全て徒歩圏内で生活出来る為、車は所有してませんが、
      昔、カナダやアメリカに住んでた時は、
      普段はバス利用、偶に州を跨いで遠出の旅行する時に車って感じでしたので、
      米在住のファンド筋の人も、ちょうど昨日話してましたが、やっぱり充電施設などのインフラが整わないと、
      現状では、まだまだ物流などのビジネスでガソリン車と遜色無いレベルで実用出来る状態では無いので、
      (ちょうどニコラのニュースもありましたし)
      15年も先なら水素など他の燃料が追い越す可能性や、
      全く別のイノベーションが出てくる可能性もあると言う事で、
      みんながテスラ、テスラとお祭り状態なのは、ちょっと懐疑的な見方をしてる様です。

      ファンド勢は、年に数回各国のマネージャーが、どこかの国に集まって情報交換する会みたいなのが昔からあるんですが、
      (今はコロナの影響で、それも無いでしょうけど)
      日本で福島の原発事故があったにも関わらず、
      自動車など、エネルギーが電力依存を強めて行く流れに対して懸念を持ってる人が結構以前から多くて、
      「何故なのか」と言う所に、金の匂いを嗅ぎ取ろうとしてるっぽいですね。
      エネルギー利権に関しては昔から必ず議題に挙がり続ける話題なので。

      自分もちょうどサブプライムの直前の頃にジョージ・ソロスと親交があって、当時「サブプライムでは血の雨が降るだろう」みたいな事を言ってましたが、
      彼と同じく自分も割とグローバルマクロで「歪みを見つけて、いずれ修正される動き」にbetするタイプなので、
      偏りとか、一方的な流れと言うのは、常に監視ポイントだったりします。

    • これは、勉強になるお言葉ありがとうございます!
      流石に市場の歪みを見つけるというのは、今の自分には未熟でできません。
      今は基本である順張りと損切を常としてます。
      ただ歪みを見つけられる人が、相場では勝てると思うので、eversoresさんのアドバイスをもとにそういったとこも勉強していきます!

    • とも’s投資ゼミ

      ソロス氏なんかは前提として「市場は常に間違っている」と言う考えですが、さすがに長年第一線で活躍してきた上に、元々哲学者志望の人なので、視野が広いんでよすね。

      単に個別企業のファンダメンタルとか、チャートの動きとか、そう言うマーケット内で可視化されてるものだけじゃなくて、
      あの人レベルになると、デリバティブの成り立ちから見てきてますから、現在もコロナ対策でQEが市場を歪めてバブルを形成する以上に、もう数京円規模まで膨らんだデリバティブ市場が、どれだけ本来あるべき市場の価格を歪ませてるかとか、そう言う視点で見てるんですよ。

      例えば、本来のインターバンク市場は、金融機関など条件を満たした人のみ取引出来て、
      最低取引単位も百万通貨単位で、現物株と同じく、四日後決済など、ちゃんと現物でドルと円が両替えされるんですよ。
      (勿論、レバレッジなんてのもありません。
      それは純粋に「借金」扱いになります)
      当然、個人向けの小口のリテールなどはありません。

      しかし現在はFXのデリバティブの普及で、為替市場は現物の取引よりも遥かにデリバティブ取引の方が影響力を持ってるんですが、
      ご存知の通り、FXは証拠金取引で、実態の現金以上の取引をレバレッジ掛けて行い、差金決済として、その差益や差損分だけが実体化しますよね?

      結果的に本来はあり得ない価格形成で市場は歪む訳ですよ。

      それが果たして「どこまで保つのか?」と言うのが、
      かつてイングランド銀行を叩き潰した男が、注目してたりする事だったりするんですね。

      単に「ファンダメンタル的に業績が良い」とか、
      「チャートで上昇トレンド」だとかよりも、
      更に上の視座で見てる感じですね。

      歴史上、バブルの崩壊時の空売りと言うのは、
      1番手っ取り早く大儲け出来ますから、
      ミクロからマクロまで、常にそう言う市場の歪みだったり、
      マーケット上のポジションの偏りとか、
      (市場がロングでパンパンになると、オークションと同じで高値に行く程買い手が減り、売り圧力が強まって、
      後は下落するしかないので、そうなると、買いはそれぞれのタイミングで徐々に上がって行っても、
      下落時はみんな一斉に売り逃げるので、買い手もつかず暴落は早い。
      不動産バブルなどは、日本に限らず、アメリカでも何回もそれを繰り返してます)
      そう言う「相場の力学」みたいな感じで、
      構造原理的に捉えて、「なるべくしてなるのを待って、機が熟した時に、悪魔の様に一気に攻め込む」って感じですね。

      故にあの人は分散投資とか、長期投資とかはしませんし、
      「それでポジションのつもりか? 自信があるなら徹底的に叩き込め」ってぐらい、保険掛けず、物凄いアマウントで売り崩しに行きます。

      その分「自分が間違ってた」と認識した場合は直ちに撤退する潔さも持ってますけどね。

      視座が変わると、見え方も変わり、考え方も変わって来ますので、
      ひとつの視点に拘らず、色んな観点で見てみると、
      今まで見えなかったものが見えてきたりするんじゃないでしょうか?

  • いつも参考にさせていただいています。
    テスラに限らずハイテク株は総じて割高なので、そこを気にしすぎると買えないですよね・・・
    分割前はホールドできなかったので、これから押し目に少しずつつまもうと思います。
    次世代自動車の覇権について、どこがチャージの規格のプラットフォームを取るかが気になります。
    電気にしても燃料電池にしても、車自体の性能がいかに良くても
    チャージする場所がなかったら価値がないですし。
    加えてテスラの場合は自動運転のレベルが抜きん出ているのがプラス材料ですね。
    ただ、スバルの衝突回避の技術も高いですし、こちらも激戦なので一日の長かもですが。

    • チャージステーションにおいては中国でもテスラがダントツです。
      資金的にも新興企業よりかは有利ですね。

  • Tsla 投資対象と しては
    好きな企業です 前回 売却して 30日たちましたので また
    考えています 車の購入は
    ガソリンの給油の方が 楽なので 考えていませんが 5分で
    充電 満タン完了できたら
    素晴らしいですね 中国の
    バッテリー 乗せ変えなら
    5分で 可能ですね
    今日のpalantir ipo は 一癖
    ありそうですね また 解説
    お待ちします

  • 今の所テスラは50日線でキレイにサポートされているので、50日線まで下落したら狙い目ですかね。私はテスラに全く思い入れがないので大きくは張りませんが、モメンタム強いですよね。というよりイーロン・マスク、株価の揚げ方がうまいんだよなぁ。まさに天才・・

  • テスラは欲しいけど、ボラが大きすぎて買ったら夜寝れない日が続きそうで買うのに二の足を踏んでます

  • 9月上旬暴落した330ドル付近で株仕込みました。あの時はいいバーゲンセールでした。

  • 友人に10ドル台で買った人がいて、何があっても動じないでholdしているみたいです。会社の沿革を読んで気に入ったから買ったそうです。アメリカでは300万円台で売っていて家で充電し会社に行ったらそこで充電OKだそうです。これからテスラ増えそうに思うんですが.

    • 増えますね。
      会社の駐車場にもチャージステーション置いてるとこ多くなってるみたいです。

  • こんにちは。いつもともさんの動画で勉強をさせてもっています。ありがとうございます。
    申し訳ないのですが、今回の内容についてはちょっと疑問が残りました。ともさんが以前ARK社のETFについて動画を出していたのは勿論知っているのですが、アメリカの投資ファンドでトップの成績を残しており、テスラについてかなり詳しい分析をしている彼らの視点抜きではテスラは語れないと思います。

    Ark社は他のアナリスト達とは違い、エネルギー貯蔵、ロボット工学、AIそしてSaaSの専門家がそれぞれテスラについて分析しており、恐らくテスラについて一番詳しいといっても過言ではないと思います。その上で2024年までに株価は1400ドル(分割前7000ドル)、ブルケースで3000ドル(同15000ドル)まで上昇するだろうと評価しています。単なる自動車会社としてではなくバッテリーの製造・販売、太陽光発電、自動配車サービスなども行う会社として評価しなければ適切な評価はできないということです。

    彼らのアクティブファンドのうち3つ(ARKK,ARKW, ARKG)は今年成績の良いETFでトップ3を独占しています。また過去5年の成績もARKWは年平均34.24%(QQQは23.73%)と圧倒的な成績を残しています。これはまぐれなどではなく、しっかりとした分析をして中・長期で成長する会社を見つける能力があっての成績であると考えています。
    ともさんも他の多くのアナリストと同じで単なる自動車会社としてしかテスラを見ていないのは少し残念です。他の視聴者の方にもぜひArk社のCathie WoodやTasha Keeneyがテスラ社の解説をしている動画を見てほしいです。
    長々と書いてしまい申し訳ございません。今後の動画も楽しみにしています。

  • 僕も最初は損切の練習で買ったはずなんですがね。
    あれよあれよと主力になってしまいました(笑)

コメントする

目次
閉じる