MENU

【大統領選Special企画】ハッチ(岡元兵八郎)のマーケットセミナー(2020.10.29収録)

★2020年10月29日開催★ハッチの米国株マーケットセミナー(講師:岡元兵八郎)
・セミナー内で表示されている「米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項」は、2020年10月30日より以下の内容に改定いたしました。
米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>
米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。
<手数料等(税抜)>
米国株式等の売買では、約定金額に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドルかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

・1:08:30頃に表示されるスライドに以下の誤字がございます。お詫びとともに訂正いたします。
誤:2010年10月1日から21日の期間 → 正:2020年10月1日から21日の期間

「対象者(こんな方におすすめ)」
・リアルタイムの新鮮な米国株情報を取得されたい方
・米国株投資判断に役立てたい方
・米国株の勉強をされたい方

「セミナー内容」
チーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎(ハッチ)が、米国株情報を分かりやすく解説するセミナーです。今回は米大統領選直前ということで、米大統領選に特化した特別セミナーとなっております!

セミナー資料のダウンロードはこちらから
https://info.monex.co.jp/tools-download/Tools/JPEQ/20201029_seminar_US_hutch.pdf

——————————————————————-
マネックス証券(米国株)Twitter↓

講師:岡元兵八郎(ハッチ)Twitter↓

ぜひ、フォローをお願い致します!!!
——————————————————————-

マネックス証券株式会社 https://www.monex.co.jp/
〒107-6025 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル25階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

お問合わせ先:feedback@monex.co.jp

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる