MENU

【日産自動車】バイデン銘柄になれるか?2021年新型アリア投入で起死回生を目指す!

バイデン大統領誕生の見通しで、電気自動車(EV)に注目が集まっています。そこで、電気自動車に強みを持つ日産に注目が集まります。ゴーン氏の退場から株価は1/3になった日産自動車は2021年新型アリア投入で復活できるのでしょうか?

■つばめ投資顧問の有料会員についてはコチラ
私が行う「自己資金での株取引」を全て先出しで公開しています!
https://saipon.jp/h/suh383

【無料メルマガ】
つばめ投資顧問では、「500円で売られている1000円札」を見つけるバリュー株投資を実践し、株式投資や企業分析に関する情報を配信しています。
ぜひ、つばめ投資顧問からの最新情報を受け取って”失敗しない一生お金に困らない資産運用”を目指しましょう!

■今なら登録すると、電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
↓↓受け取りはコチラ↓↓
https://is.gd/gpLqgp

■LINE始めました!
LINE登録でも電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
PCの方はコチラ:https://lin.ee/gKHmS61
スマホの方はID検索:@dss6527p

■つばめ投資顧問のHP
https://tsubame104.com/

■Twitter: https://twitter.com/tsubame104

■Facebook: https://www.facebook.com/tsubame104/

#つばめ投資顧問
#バリュー株投資
#日産自動車
#バイデン大統領
#カルロスゴーン

☆投資家養成プロジェクト再生リスト☆
今更聞けない、株式投資のイロハを公開中!!
https://bit.ly/31j9UEg

制作:株式会社スタープロジェクト
http://starproject.co.jp/company/
———
つばめ投資顧問合同会社
関東財務局長(金商)第2932号
金融商品取引業者(投資助言・代理業)
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会

<投資顧問契約に係るリスクについて>
ホームページ上、メール上での提供情報は売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
———

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 粉っぽいとこは何回でもやる気がする。理由は分からないけど。
    西部警察世代の自分も期待したいけど、頭が腐る風土って拭えない気がする。理由は分からないけど。

  • もしも自動運転で人身事故が起きたら…
    きっと会社が傾くだけじゃ済まないだろうなあ

  • 法案を通せないのでバイデン銘柄微妙かもしれません
    初代リーフでバッテリーの冷却性能が低くてすぐに劣化→批判されてるのに2代目もそのまま→アリアでやっと水冷を初搭載
    (テスラはとっくに水冷)
    安全性能もモービルアイ社ありきなのでは?
    といいつつ日産の車に気に入って乗ってますw

  • ARIA500万かぁ。ちょっと高い。ガソリン安いし、エコカー減税とかないとガソリン車日本人は買っちゃうょね。少なくともゴーンさんで落ちたイメージは日本では払拭されないから、あんまり売れないだろうね。日本人は失敗したものに厳しい社会だから。
    中国、アメリカでもデザインがなぁ…

  • 本来なら、もっともっと早く電動化を徹底出来たんじゃないか?
    いかにバイデンで流れが来ているとはいえ、ゴーン不在後、経営陣の決定が遅いのは問題だろう。
    ルノーが手放してくれるかなぁ??

  • 正直日産は既に厳しいかな?と思います。確かに電気自動車を早くから手掛けてはいますが
    アメリカに関しても既にEV車はどんどん進化してますし、そのテクも今後は自動車メーカーを
    跨いで様々に簡単に進化していくでしょう、一番の問題は大きな赤字と強烈な社債を含めた
    物凄い債務を負ってるという部分です・・
    ここをまずチャラに持って行くためには世界TOPレベルの売り上げを数年間は続けないと
    イケないという状態でしょう、それは考えにくいですし会社の体質もあまりよくないですしね

  • 電気自動車の特許では、トヨタが圧倒的に多い。電気自動車の販売台数では、トヨタとフォードが二大巨頭であるなかで、やはり日産は厳しいと思う。

  • かこいさん、今日の説明は成り立っていない、と思います。
    電気自動車には技術はあまり必要なく、誰でも作れます。難しいのはバッテリーだけ。なので、早くらか販売しているから、は、日産が優位の理由にはならないと思います。

    誰でも作れるから、テスラだけでなく、今後色々なメーカーが参入するでしょうし、それが既存の大手自動車メーカーの脅威と思います、特に電気自動車に頼り切っている日産には。

  • 復配はいつごろになるか予想は難しいですが、倒産リスクが無ければ長期投資の対象として面白いと思います。

コメントする

目次
閉じる