MENU

マーケットの歩き方(2021年1月版):金利上昇に備え(一時的ヘッジ)

本動画のアンケートにご協力をお願いいたします。 
https://surveroid.jp/open/?key=L4HeT922yk6kWSrb

・米国株は金利上昇の影響を受けやすい。
・イールドスプレッドが3%を割ると過去の経緯からみて株の割高感が強まる。史上最高値をつけた米国株はいったん利食うタイミングと考える。
・あくまでも一時的なヘッジでよい。今後金利の上昇は続かず、少なくとも頭打ちになるのではないか。
※本セミナーは2021/1/13に収録されたものです。

マネックス証券株式会社 https://www.monex.co.jp/
〒107-6025 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル25階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

お問合わせ先:feedback@monex.co.jp

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる