MENU

株価暴落中のM&A関連。何が起きているのか?プロに聞いてみた

▼株初心者におすすめの証券会社
・SBI証券(業界No1の最初に作るべき超定番)
https://bit.ly/2EwBuF0

・ネオモバ(低予算で始めたい人用の1株から買える人気の証券会社)
https://bit.ly/2BoUTTc

▼絶対見てほしい超おすすめの動画
・この黄金チャート買いです

・最強企業を発掘する方法

▼Twitter(決算など速報性の高いものツイート)

▼問い合わせ
kabunokaidoki@gmail.com

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (17件)

    • まとめないとたぶんきついかなとおもって作りました笑

  • 詳しくない業界なので興味深かったです。機会損失しないように自分でも調べてみようと思います。

  • 素晴らしいコンテンツをありがとうございます!
    これが無料であることが、ほんとにすごいです!

    • まず結論からで、そのあと理由なのでめちゃくちゃわかりやすいですよね。
      頭の回転はやすぎました。笑

  • 素晴らしい内容です!投資仲間にもこのチャンネルをシェアします!引き続き良質な動画アップよろしくお願い致します!

  • 人気企画業界勉強会第3弾です。
    毎回ゲストさんがハイスペックすぎて、2,3回聞き直さないと凄さがわからない僕です。笑

    実際の中の人の意見を伺えるのは大変貴重な機会なので、ぜひとも皆様の知見を広めていただければと思います!

  • ぼんやりとした理解しかなかったのですごく勉強になりました。
    解説者さんの解説もわかりやすかったです。ありがとうございます。

  • MAセンターなんかは銀行や証券会社との提携が拡大しているし、その金融機関は既存ビジネスが金融庁の規制強化から利益率が大きく下がっているためMA含めソリューションビジネスに舵を切らざるを得ない状況。また、コロナが長引いても買い手がいなくなるというのは基本的になく、むしろある程度の企業が身売りを決断することによって優良売り玉が増加しMAも増えるイメージ。

  • 非常に良い企画ですね。チェンジやベイカレントが去年株倍増なりましたが、その業種の方を招いて話伺いたいのでよろしくお願いします。

  • 不動産価格は客観的に価格が決まりますが、未上場企業の価値に関しては正解がないので利益相反が起きます。企業価値の算出方法は多数あり、簿価純資産法で算出するか、マルチプルで算出するか、売り手と買い手のどちらの立場に立つかで算出される金額の桁が変わってきます。従って利益相反という議論が出るのです。世界に目を向ければ、MAでこのような仲介モデルをしているのは日本だけで、MA先進国の米国では売り手は売り手、買い手は買い手につくというFAでやっています。従って、近い将来、MA会社が仲介でやっていくことは難しくなると思います。

コメントする

目次
閉じる