MENU

仕手株は危険?【過去21年の検証結果を公開】

仕手株は、潤沢な資金を持つ一部の投資家が、特定の銘柄を莫大な資金量で買い付けし意図的にその銘柄の株価を吊り上げることで発生します。

そして、仕手株を作り上げた集団(仕手筋)は、株価が大きく上がっている段階で早期に売り抜けます

さて、この仕手株ですが、仕手筋でない限りは、仕手株で儲けるのは難しいと言われています。それは本当に正しいのでしょうか?

そこで、今回は21年分の株価データを活用して、「仕手株は危険なのか?」ということを徹底的に分析していきます。

【注目】株初心者必見!株の買い時売り時が分かる限定レポートをプレゼント(無料)
https://www.systemtrade-kabu.com/free-report/

スピーカー 西村剛(証券アナリスト)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 西村さん、こんばんは。
    こういった検証は興味があるし、凄く役に立ちます。
    これからも色々な検証お願いいたします。

コメントする

目次
閉じる