MENU

日経平均が、やばい時の対処法は?【過去21年の検証結果を公開】

株式投資を行っている中で、最も目にする機会が多い指標と言えば、「日経平均」です。

この日経平均がやばいほど暴落すると、心理的にパニックになり、狼狽売りが起こって、さらに暴落が起きてしまうのではないか・・・と不安な気持ちになりますよね。

日経平均が暴落し、やばい状況になった時は、株を買ってもいいのでしょうか?

そこで、今回は過去の株価のデータ21年分を使って、日経平均の暴落について、詳しく分析してみました。

【注目】株初心者必見!株の買い時売り時が分かる限定レポートをプレゼント(無料)
https://www.systemtrade-kabu.com/free-report/

スピーカー 西村剛(証券アナリスト)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる