MENU

ストップ安した銘柄を買うと利益が出る?

一見ストップ安となった銘柄を翌日に買うというのは、損しか生まないように感じます。

ストップ安をつけた銘柄には、大量に売られる何かしらの原因があります。
その原因は基本的に、「業績の下方修正の発表」や「業績への不透明感」といった悪材料です。

こういった銘柄をあえて翌日に買いにいこうとは思わないですよね。

しかし、こういった悪材料の出た銘柄こそ、株価が安くなっているため、買いのチャンスなのかもしれません。

そこで今回は、「ストップ安した銘柄を買うと利益が出る?」について過去の統計データを基に検証してみました。

↓今回のストップ安の検証とは逆に、ストップ高の検証はコチラ↓

【ストップ高の翌日に株を買うと儲かるのか?】

【注目】株初心者必見!株の買い時売り時が分かる限定レポートをプレゼント(無料)
https://www.systemtrade-kabu.com/free…​

スピーカー 西村剛(証券アナリスト)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 業績が良い会社では何回かトライしました。ただどうしても落ちるナイフということで成り行きでなく、下がったところで指値にしちゃっていました。

  • これは私も以前似た条件で検証しました。結果は、期待値はあるもののドローダウンが大きすぎて使い物にならない、でした。不祥事や倒産を除外して仕掛ければもっと良くなるかもしれません。

コメントする

目次
閉じる