MENU

【2月15日(月)の注目銘柄】海外勢買いに転じる!本日の株式相場振り返りと明日の注目銘柄・注目株・好材料・サプライズ決算を解説、株式投資の参考に。

■オススメの証券口座
実際に私がメインの証券口座として使用しているSBI証券です。
手数料が安く、地方証券取引所単独上場銘柄も購入できます。
銘柄分析データが充実しており、スクリーニングもしやすく重宝しています。
株式投資初心者の方はまずSBI証券で株式投資をスタートしましょう。
https://bit.ly/3sGKGuW

楽天証券はマーケットスピードが超便利で、活用しています。
楽天で買い物時のポイントアップも魅力的です。
https://bit.ly/3tk7H77

■メンバーシップの詳細
メンバーシップでは通常動画では語れない沢山の価値ある情報をメンバー限定動画としてアップしています。株式投資法や投資マインドなどをアップしていますので株式投資を始めたものの何から手を付けて良いのかわからないという、初心者の方の参考になると考えます。
https://www.youtube.com/channel/UCHFHbnObUly48I9cM66xVSw/join

・Twitter
Youtubeでは取り上げていない注目銘柄やザラ場のタイムリーな情報を発信します。

#株式投資 #明日の注目銘柄 #注目株 #好材料 #好決算

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

  • アスコットありがとうございます。自分もニュースみて注目してました。こつこつと4回にわけて、2万株購入しました。上がるといいですが、どうなることやら。

  • 紙紙幣が溢れて、コモディティが一斉に動意!!

    ここ最近のゴム相場、枯れた底値圏から少しづつ上向きし、1ヶ月足らずして10円高。トレンドの長いゴム相場の特徴らしい、これからもネバネバし上下しながら上昇軌道に乗ると判断。
    東京市場で1月高値納会で現受けした後、ほとんど年間約一千万トン、日本の約6倍の世界一消費量の中國へ輸出の模様。2月限も渡し玉薄で高値維持。
    PS.昨年6月は誰も見向きもしないブッシエル8ドル台の大豆。8月には歴史的に超出遅れ、脱炭素革命の重要なキー、プラチナ相場を推奨の実績。

    リーマンショックの時は1兆米ドルが、コロナの昨年すでに4兆米ドル。今年さらに、バイデンが約2兆米ドルをばら撒く、、、リーマンの6倍ですよ〜
    紙紙幣が幾らでも印刷されてます。
    インフレの恐れで10年米國債の金利が1%超え、ですが、米中央銀行は別に、MMT理論が支え、湯水のように流した紙紙幣を回収されるのではない。
    価値で計れないビットコインなど、暗號資産は基準無く暴騰してますが、これから次第に価値で計れる貴金属、農業商品に資金が推移すると判断。
    通貨覇権を企んでいる中国は、デジタル人民元をすでに実験中。北京冬オリンピックに使用開始されます。その裏付けを信頼させる戦略で金の保有量の拡大を開始されている模様。紙紙幣をどんどん印刷して、保有金の貯蔵量をどんどん市中に放出している欧米中央銀行を横目に、新たに深圳で金専門の取引センターを作り、世界最大のゴールド集散地に発展させようと企んでます。金宝飾品好きのアジア圏の実需商が盛んに交易を始まれば、NYComexが再度2千ドルに乗ったあと、長期的に大相場になります!金の上昇はこれからですよ^_^
    今年は脱炭素.水素時代の幕開けとなり、まだNY Comex千ドル乗せ後の値固め、同じく出遅れ水準のプラチナはさらなる爆買いの兆し。
    先日ご推挙しました樹木系のコーヒー、ゴムは、コツコツ買いを入れる手口が蠢いてます。コーン、大豆など一年草作物がすでに中国の大量買いで暴騰しました。簡単に増産出来ない、数年掛けてやっと収穫出来る樹木系は、まさにこれから狙われる対象です。
    ゴムは車のタイヤが最大なる需要ですが、これはタイ、インドネシアのRSS3なる品質が低い規格。
    醫療用、介護用の使い捨てゴム手袋はRSS1規格のマレーシア生産。世界の使い捨てゴム手袋の8割はマレーシア工場。醫療現場では去年のマスク並みにタイトだそうです。生産国はRSS3生産より利益の大きい1号にシフトする動きが顕著。
    今後、生産量が確実に減少するRSS3は、これからのモンスーンの乾季に加え、自動車の本格生産に連れ、不足から世界中から実需買いが加速されます。脱炭素の流れ、天然ゴムの需要は毎年20%ずつ増加、さらに中國の軍事備蓄増の動き、産地コストより海運流通、保存倉庫の日本コストのほうの比率が重い現状、いまの相場はあまりにも割に合わないレベル。先物を買って、3、4ヶ月待って、実物商の空売りにブレず、納会で現物を受け取るぐらいのじっくり長期投資の姿勢であれば、物を持ってないから買い戻しにより、いつの間にか価格倍増になると判断。上海筋の春節後の買い集めに注目。
    いずれ、個々の噂材料は抜きに、お金のじゃぶじゃぶの流れで、次第に商品相場上昇のローテーションが始まります。
    ハイパーインフレはイヤですが、米國債の僅か1〜2%の問題ではなく、紙紙幣の低下より數年後には、10%以上の米國債なる信じられないリスクは現実となります!
    普遍なる価値のコモディティ相場は、企業內容の変化によるリスクの株式相場よりは安全と判断。

    PS.最近、またバブルというワーズが久々出回りました。
    そもそも、バブルってモノの価値が紙紙幣に対しかなり掛け離れた上昇の状態をいう。
    いまの株価、貴金属、農産品などコモディティの上昇は、スピードが速すぎきらいはあろうが、決して流行り言葉のバブルでは無い!っと認識してます。
    要するに、概念は紙紙幣がどんどん下がってれば、モノは上がります‼️
    当たり前ですよね〜^_^

  • ぱっと見、評価されそうなのは、Eストアー(4304)とライトアップ(6580)の2銘柄、後は次点でセレス(3696)/エネチェンジ(4169)/cotta(3359)の3銘柄あたりかな・・・

コメントする

目次
閉じる