MENU

2021年3月5日 バブルだバブルだと言ってますけど、バブルがどのようなものだったのか知らないで言っている人が多すぎです。【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2021年3月20日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

☆2021年 ASAKURAセミナー開催日程
3月20日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

——————————————————–
こんにちは 朝倉慶です

株式市場は引き続き荒れ模様です。

米国の長期金利が依然落ち着きません

日経平均は10時半には600円安まで入りました、

米国市場も大きく下げてきました。

ナスダック市場は高値から10%安まで入り

相場で言う、<調整局面入り>となりました。

人気株のテスラは今週だけで

872ドルから600ドルまで動く乱高下です。

こうなるといよいよ<バブル崩壊か>と思う人も多いでしょう

このバブル論については、様々な意見があります。

ただ1980年代後半のバブル相場を知っている体験者は

<現在がバブル>という人は<当時を知らない人だな>

と感じているはずです。

1980年代後半のバブル時代においては

誰一人、株が下がると思っている人はいませんでした。

そしてバブルを演出した立役者は誰だったのでしょうか?

それを知ることで、現在の実情と将来が予想できると思います

今週月曜日発行の朝倉レポートは

<バブルの正体を知れ!>との題で当時のバブルを演出した

本当の立役者たちを鋭く解説しました。

これを読むと、驚くべきバブルの演出者たちと

<これから株が上がり続けるだろう、将来>が見えるでしょう。

興味のある方はぜひこのレポートを読んでみてください。

さて今週の株式市場ではリコーの動きに注目すべきでしょう

リコーは業績悪化が伝えられていたのですが、

3月3日中期経営計画を発表、それと共に

自社株買い付け1000億円という発表を行いました。

リコーは業績が悪かったにもかかわらず

自社株買い付けを1000億円も発表したわけです

この額はリコーの発行株数の20%に上る額です。

実は、これこそが日本企業の強みなのです。

日本企業の財務体質は世界一。

無借金会社が多く、現在のような不況にもびくともしません。

赤字決算になろうという会社が膨大な自社株買いを発表です

これは、リコーが今まで蓄積してきた現金や資産が膨大だからです。

使い道のなかった膨大な資金の一部を自社の株買い付けに回したのです。

かような芸当ができるのは世界中を見渡して日本企業だけでしょう

それだけ日本企業はおカネをため込んでいるわけです

日本の株式市場では解散価値より安い

いわゆるPBR1倍割れの企業が山ほどあります

米国では考えられないことなのです。

というのは解散価値より安ければ米国では即座に買収されるからです。

かような割安の株が山ほどあるのが日本の市場なのです

だからちょっとしたことでかようにリコーのような上昇が始まるわけです。

日本人は日本株に弱気すぎます。

多くの日本人は日本企業のすばらしさを知れません。

日本人は日本企業の圧倒的な財務の良さを知りません。

いざということがあっても、強いのが日本企業です

株式市場は相場ですから上下大きく揺れるわけですが、

そのような中でも圧倒的に割安な日本企業の存在を知ってください

1期や2期赤字でもびくともしないのが日本企業なのです。

株式市場は日経平均3万円乗せ達成後、冴えない展開が続いています

しかしながら日本企業はまだまだ安い。

バブルだなんて、とんでもない誤った見方でしょう

日本企業の強さ、すばらしさを知って、

足元をしっかり見直して、この相場の混乱をチャンスと捉えるといいでしょう。

引き続き朝倉は皆様に思ったところをお伝えしていきます

混乱気味の相場ですが、相場に上下はつきものです

一喜一憂することなく大局をつかんで

この激動の時代を乗り切ってください。

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (13件)

  • 1番怖いのが国債暴落により銀行が破綻することです。
    円安株安が怖いです。

  • いつも強気のコメントに励まされています。単なる調整ですね。上がる株は色々変わりますが、来週月曜日は、爆上げになると思っています。

  • 結構、元気付けられるとか、肯定的なコメント多いですが、根本的にだったら、なぜ日本株は、ダウのように史上最高値を突破しないのか?いやむしろ30年ぶり3万円つけたで大きなニュースって、あまりに米国と日本で市況違い過ぎないか?当たり前だけど日本は経済成熟期に入り、少子高齢化を背景とした成長率鈍化がある。他方アメリカは多民族国家で人口も白人の増加率減ってるが他の人種は増えてる。さらにGAFA更にテスラのような新しい巨大企業どんどん生まれてる。日本でも勢いのある企業有るが、規模▪今後の成長性比べるべくもなく完敗、 更に中国、韓国、台湾の成長著しく特に家電なんか、追い付かれてると言うか、価格面では完全においこされてる。スマホだってアイフォン多く、残り部分をSAMSUNG等の海外メーカーと日本メーカーで奪いあってる。デスクトップPC 現在使ってる人で、日本製メーカーの使用してる人どのくらいいるのか?大昔一世を風靡したPC 9801懐かしい‼️もうあの時代とは全く違ってる。確かにキャッシュリッチ企業はまだまだあると思うが、勢いの良い企業は少ないし、3万円割れた現在また戻すこと有るかもしれないが、時間かかると思うし、将来的に3万3000円台までいくのは無理だと考える。日本株はリスクが高く、米株考えたいが自動翻訳は限界あり英語堪能でないとどうしても情報収集不利、結局じっくりとこんなコロナ下でも成長してる日本株を慎重に探すこと必要だと考えます。朝倉氏は強気すぎて怖い面多く、結論として8割聞き流し残り2割くらいを銘柄選びの参考として、今後も見させていただく予定です。長文失礼しました。

  • 短期で爆上げ以外の「優良株」を持っている方は「静観」ですかね。

  • シナリオ通りのヤラセ暴落です。買い戻しで再度上昇トレンドに向かいます。

  • 本当に真実を伝えてくれるのは、朝倉慶さんとそのスタッフの方々だけですね。あとは過剰な悲観論ばかり、ものしり顔で実際は株のことも相場の事も全く知りはしない。あるものは金融占星術などと言うオカルトまがいなもので、自分の所の会員を騙すようなことをしています。日本株は堅調そのことは、金曜日の後場の相場と夜間の先物が示しています。日経平均先物はCFDで29211円まで戻しました。月曜日はこの頃のアノマリーでいつも上げますから、爆上げするでしょう。ついでにNY市場もダウ・ナスダック・S&P500.SOX指数。ラッセル2000も堅調でした。欧州市場も後場には戻しております。何を恐れるものがあるでしょうか?月曜日には買戻しが必ず入ります。6日間も空売り比率40%越えが続いており、売りがたまっています。踏み上げられ、焼かれることでしょう。いつも楽しく、またためになるものとして拝見しております。応援しています。

  • 朝倉さんの無い株を売っているとの、お話にいつも共鳴しています。MSQのコール3万円の取り組みが11064枚も残っており、海外勢が、本当に売り崩そうとしているなら、プットの取り組みに、それ以上の取り組みが、あっても良いはず。今回の急落、先物が下がったのに、私の現物株は複数上昇し続けた所を勘案すると、海外勢先物を売って、現物株を必死に買っていたかも?多くの人がMSQは急落すると言われが、日経3万に向けて、売った先物の買戻しをすれば、海外勢、現物と先物とコールOPのトリプルで儲かるはず?後800円ほどしかなくSQ日の急騰に期待しています。

コメントする

目次
閉じる