MENU

2021年3月19日 「ナスダック急落 止まらない米金利上昇」20日のセミナーも必見ですよー 【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2021年3月20日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

☆2021年 ASAKURAセミナー開催日程
3月20日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

——————————————————–
こんにちは 朝倉慶です

本日も夕方YouTubeアップしました。

是非ご覧ください!

日本の株式市場は極めて好調です

昨日は30年ぶりTOPIXが2000ポイント乗せました。

やはり日経平均だけが上がるより

TOPIXが上がった方が恩恵を受ける人が多いと思います。

一方で米国の長期金利上昇が止まらず

昨日、米ナスダック市場は3%も下げてしまいました。

市場は常に落ち着かない感じですね

やはり米国ではワクチン接種も順調に広がっていて、

新規感染者もピーク時の5分の1にまで落ちてきました。

また一人15万円の給付金も届き始めています

そうなると景気回復の機運が盛り上がるのも当然です

景気回復の期待を受けて金利上昇も自然な流れでもあります。

株式市場も金利上昇に徐々に慣れていくでしょう。

さて明日はいよいよ朝倉セミナーです。

現在は分岐点、重要なポイントですよね

日経平均3万円達成、TOPIX2000ポイント乗せ、まだ株は上がるのか?

気にかかるところと思います。

世間は<バブルだ>との声も強くなっています

この<バブルだ>との声で思い出したのですが、

朝倉は14年前の2007年夏から

<バブルが崩壊して世界は大惨事になっていく>と主張、

およそ1年超に渡って<バブルが崩壊する>と言い続けました

故船井幸雄先生を通じて朝倉のレポートが世に出ていきました。

当時は誰も<バブル崩壊>を唱える人はいませんでした

現実に2008年リーマンショックが起きました、

それで朝倉慶はマスコミにデビューできたわけです。

そういう意味では朝倉にとって<バブル崩壊>

という言葉は感慨深い言葉です。

その朝倉は今回の上げ相場について一貫して強気を貫き、

<バブルだなんでとんでもない><株式市場は大相場である>

と言い続けてきたわけです。

2007年、2008年当時とは全く逆の主張ですね。

今回のセミナーではこの<バブル論>もはっきり話したいです。

更に今週の朝倉レポートでは<コロナ後の世界>を書きました。

米国主導で回復していく世界経済の先行きは実は楽観できないのです

このあたりの現実的な危機についても今回のセミナーでも話します。

詳細も知りたい方はぜひレポートも購入してみてください

さて更にセミナーでは<脱炭素という虚構>についても話します。

環境一辺倒で世界のCO2は激減していくような幻想を抱いていませんか?

現実は逆、石炭の使用は増え続ける一方で、

世界の環境は危機的な状況に陥るでしょう。

今回のセミナーでマスコミで出てこない

世界の<環境問題の真実と裏側>も話します。

さて米国の国務長官と国防長官が来日しました。

一番目の訪問地として日本を選んだわけです

これこそ米国バイデン政権の日本重視の表れと思えます。

しかし楽観は禁物です、実は米中対立の最前線である

アジア、台湾と尖閣は今や一触即発の火薬庫なのです。

その危険性を知るからこそ、米国の首脳陣は危機感を感じて日本に来たのです。

交わることのない米中の問題と、そのハザマにいる日本。

米中の宿命的な対立、日本の現状とアジアという危機の最前線の現実の話をしてみます。

朝倉セミナー、是非お越しになってください!

土曜日の13時から17時頃まで行います。

更に当社の銘柄マスター、長谷川伸一と

バイオアナリスト、江口洋康が注目の会社紹介を行います、

これも必見だと思います。

セミナー時間帯、13時から17時まで

都合が悪くて見ることができない、という人も大丈夫です

申し込んでくれた方には復習用動画が夕方に送られます。

この復習用動画で何度でもセミナーを振り返ることができます。

朝倉セミナー、是非楽しんでみてください。

さて本日は日銀の政策会合が行われました

ここでは日銀のETFの買い付けに関して変更が発表される予定です。

日銀はいままで通り株のETFを買い続けることはないと思います。

しかしながら、もう日本の株式市場は完全に独り立ちしています

現に昨年11月からの日経平均の急騰中、日銀はほとんど買っていません。

もう日銀の買い支えがなくても十分にやっていけます、

そういう意味では市場関係者は既に

日銀の動向は大勢が気にしていません。

また今週昨年末の日本の個人の金融資産が発表になりました。

昨年末で1948兆円と大きく増加、このうち現預金は1056兆円です

驚くのはタンス預金、現金が101兆円と100兆円超えとなってきたことです。

このタンス預金も預貯金もほぼ金利が付きません

一方で現在メガバンクの配当金はどれも4%前後あるのです。

メガバンク3行はここまで一本調子で上がってきてもまだこれだけの高配当です、

日本のゼロ金利という現状を考えてみれば、

株を購入した者が遥かに報われる時代になってきています

いい悪いでなく現実をしっかり捉えるべきでしょう。

現金を保有するだけの人は実質、資産が目減りする一方でしょう

<株式の時代>が誰の目にも明らかになりつつあります。

朝倉は引き続き皆様に自ら信じるところをお伝えしていきます。

是非参考にしてこの激動期を乗り切ってください。

明日の朝倉オンラインセミナー、多くの人の来場をお待ちしています

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (10件)

  • 去年の強気発言連発中の3月の暴落は幻ですか??
    当たってた時だけ大袈裟に言うのは少し気が引けますね。

  • 朝倉さん、日本はいったい何ねん0金利政策してきたんですか?景気は逆に悪くなったじゃないですか。この点についてはどうですか?日本だけがこの20年給料が実質下がっているんですよ。

  • 大将に励まされて、今の1番の悩みは今年の月々の譲渡益税が給与収入を超えていて
    価値観崩れそうな事。

  • タンス預金してる人って…
    そのお金…脱税して隠してるお金じゃないですかねぇ〜(笑)

  • いつもお世話になります。
    貴社のホームページから
    楽天証券口座を申込ことができます。
    申し込みページを見つかりません。
    私に場合、一年前楽天口座を解約しましたが、それでも大丈夫ですか?
    宜しくお願い致します。

  • いつもお世話になっております。大変勉強になります。投資=不労所得=勧められないこと・危険ということが日本人には頭の中にすりこまれているのですね。しかし天災・戦争が起こればタンス預金はなくなるし減価もおきる。朝倉先生の話を聞くととても勇気づけられるのですが、投資で自分を守る方法をも教えていただきたいです。

  • 日本って不思議ですね。コロナでお金いっぱい出してるのになぜ物価が上がらないのでしょうか?

コメントする

目次
閉じる