MENU

2021年4月28日【日本にインフレは来る?苦悩の日銀】(市況放送【毎日配信】)

●Amazon、楽天ブックスにて予約ができます!2021年5月1日発売
ビジネス社「人生を逆転する10倍株入門」 著者:西野匡
Amamzon→

●ぱる出版「株で月10万円のお小遣いと、将来1億円に化ける方法」
著者:長谷川伸一
Amamzon→

●総合法令出版「投資でお金を増やす人、減らす人」
著者:長谷川伸一
Amamzon→

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ASAKURA経済セミナー★  セミナー開催日程
2021年5月15日(土)、2021年7月10日(土)
https://www.ask1-jp.com/live-seminar
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。https://www.ask1-jp.com/
●【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。 http://asakurakei.com/
●【朝倉慶のモーニングニュース】平日毎朝7時から約5分間、最新の株式状況等をお伝えします。毎月1日課金、月額733円(税込)。登録月は無料。
https://www.ask1-jp.com/morningnews/index.html
●【特選投資情報】当社ホームページより、SBI証券または楽天証券に新規口座開設していただくと、特選投資情報を無料で配信いたします。
http://www.asakurakei.com/mainservice.cfm
●【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。 https://twitter.com/AM_Asakura
●【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00) http://www.radionikkei.jp/friday/
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル#朝倉慶セミナー

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 財政出動がない状態で、インフレターゲットは無理ですね。日本も給付金が必要です。

  • ゆうこりん。お疲れ様です。
    今日の髪飾りシックですね。良いと思います!

  • プライマリーバランス黒字化目標というのを今すぐ撤廃して積極財政にすれば良いと思う。
    お金刷れば価値が下がってインフレになるというのは間違い。需給のバランスで決まるのだから政府が積極的に需要を作らなければならない。

  • 間もなく金融リセットしますから、インフレになるのでは?
    ベイシックインカムで一人/月20万円くらい出るという噂??

  • いつもありがとうございます!!何パーセントで上げ下げを言っていただけるとわかりやすいのですが。よろしくお願いします!!

  • 民主党政権時の日銀白川総裁はデフレを認識していたんでしょうか。それとも円高であるべきとの日銀マンの矜持だったのか。
    アベノミクスで見事に日本を取りもどした。大胆な金融緩和、大賛成です。
    いつも前向きな朝倉先生に背中を押されているような感じです。

  • 円建て国債をあたかも日本国民が背負う借金かのように呼ぶ風潮は、
    将来を悲観させるので良くないですね。

  • コロナという、せっかくの大規模財政出動する名目があるのに、大規模財政出動どころか給付金すら配らない。増税すら検討してるんだから、日本政府の無能っぷりは際立っています。
    日本株、上がってきたのは海外の経済政策に引っ張られたのが主要因でしょう。株高を自分の手柄のように思ってる日本政府がさらに滑稽です。

  • 個別銘柄では年初来安値更新銘柄が続出、5985サンコール、7618PCデコなど!
    3236プロパストや2370メディネットや9419ワイヤレスゲートなどモルガンやクレイジースイスの空売り餌食でジリ貧

    モルガンやクレイジースイスを廃除して欲しいですね

  • 朝倉先生も、
    日本株同様に、今日は、
    今ひとつ冴えませんでしたね!
    何時もの、朝倉節が聞きたかったな〜!^_^

  • デジタル通貨の時代に変われば、日銀が新しいやり方で色々出来ると思う。
    今の資本主義は行き詰まっているので、そういう大きなシステムの変更と合わせて、良い方法を見つけるべき。

  • 朝倉先生今日は元気なかったですね。
    今後もご指導よろしくお願いします。

  • 黒田氏も責められてばかりだが、最大の功績(?)は「国債を500兆円買っても」インフレも円暴落も財政破綻も起きていないと証明したことでは?特に実質国の借金なるものが「半減した」ことは大きい。
    何ら副作用なく「債務の劇的削減の達成」したことは金融史に残るのでは・・・?

コメントする

目次
閉じる