MENU

金融緩和の縮小は織り込み済み⁉金利は上昇しない可能性も!

ご参加お待ちしています!

【YouTubeメンバーシップ】
https://www.youtube.com/channel/UCLd_KPUX_yai_rXMaC90mrA/join

【オンラインサロンの入会はこちらから↓↓】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/326529#menu

※売買タイミングや銘柄を推奨することはありません
※アメリカの経済や業界、雑談などで交流する場です👍

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

  • 大変参考になりました。
    一点お考えを教えていただければ幸いです。
    冒頭のLQDの資金流出を例に機関投資家は金利感応度の低いジャンク債へのPFの組み換えを完了しているとのこと。(ありがとうございます。)
    この動きが、2021年に入ってからの10年長期国債が1%を超え1.7%近辺まで上昇した原因の1つと考えてよろしいでしょうか?

    また私は指数(S&P500)のみしか持ってないのもあり、今日のお話を聞いた結果
    心配し過ぎる必要もないとすこし安心しました。(タントラムがあっても短い期間で回復すると思いました)

    • 詳細は分かりませんが、10年物の国債も売却して、より短期のものを選考してるにではないかと思います。

  • 金利が上昇しない and/or タントラムが起こらない可能性については考えていましたので興味深かったです
    「(株価は)みんなが下がるって言ってるときは上がる」と誰かが言ってました

コメントする

目次
閉じる