MENU

デッドクロスで空売りしたら株で勝てる?【過去21年間の株価で検証】

【無料】1年間の相場の傾向を掴んで、株の買い時・売り時がわかるレポートを配布中!
https://www.systemtrade-kabu.com/free-report/

今回は、デッドクロスについて、統計的な有効性について検証していきましょう。

【デッドクロス】とは、短期線が中長期線を上から下に突き抜けているチャートのことを言います。

デッドクロスをすると、その銘柄の株価はさらに下落が続く予兆とされています。言い換えると、デッドクロスしたタイミングは、空売りのチャンスと言えますが、本当に空売りのチャンスなのでしょうか?

過去21年間の株価データを使って西村剛が検証してみました!

【デッドクロス】と対をなすのが、【ゴールデンクロス】であり、短期移動平均線が中長期移動平均線を下から上に突き抜けているチャートのことを言います。

【ゴールデンクロス】の解説はコチラ↓↓↓

スピーカー 西村剛(証券アナリスト)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

#株
#デッドクロス
#ゴールデンクロス
#テクニカル
#株価


この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる