MENU

中央銀行制度の改革【つばさの党の政策①】株価暴落、米国のインフレ、日経平均株価、ダウ平均、FRB、FOMC、金融緩和、金融危機、バブル、崩壊。

新チャンネル「原点回帰」にチャンネル登録
お願いします!
→ https://www.youtube.com/channel/UCOf1j-LS4hGLENETQeVeiPw/videos

<原点回帰について>

2月1日(月)22時から
新チャンネル「原点回帰」スタートしました

最近、農園を始めた
ということをご報告したと思いますが

原点回帰チャンネルでは
農業プロジェクトについて
発信していきます

そして農業だけでなく
衣食住 心と体をテーマに

文化事業から人と人が交流できるコミュニティを作ります

私ごとでございますが
65キロ切りました

4ヶ月で7.2キロ減量に成功しました

40過ぎての減量は簡単ではありませんでした

肥満はコロナの重症化、死亡リスクを上昇させる
死亡リスク上位の疾患のほとんどが肥満を原因とする

でも、現代人は食べ過ぎているし太り過ぎています

日本の医療費は年間90兆円

若者に回すお金など到底なく

若者を育てないのですから
経済力は落ちジリ貧になり

国家が滅ぶレベルになっています

このままでは医療福祉費を
賄うことは不可能です

筋トレと持久力トレーニングは、加齢に抗うには必須です

週3回、90分のトレーニングぐらいができれば理想的です

健康以上に大事なことなど
ほとんどないと思います

高強度インターバルトレーニングなど
本当に成果が出ます

新チャンネルでは、
筋トレと持久力トレーニングのやり方も
発信しますので、参考にしていただきたいです

衣食住 心と体

そして
仕事も遊びも命がけ

新チャンネル「原点回帰」是非、チャンネル登録をお願いいたします!

チャンネル登録はこちら→
https://www.youtube.com/channel/UCOf1j-LS4hGLENETQeVeiPw/videos

■つばさの党サロン

こちらから参加(FB非公開グループ)
→https://www.facebook.com/groups/614901952742279/

サロン名を変更いたしました。

2020年夏からスタートしたこのサロンですが
オリーブの木からつばさの党に党名変更され

活動を新たに頑張って参りたいと思います

まずこのサロンは余程のことがない限り
無料で運営を継続いたします

スタッフはつけず黒川あつひこ本人が

運営しております
建設的な議論・活動を何卒お願い申し上げます

<サロンの理念>

国際金融資本と戦える政治家を育成する
多くの人が政治と接する場を提要する
仲間を増やす

仕事も遊びも命がけでとりくむをテーマにやって行きます

当サロンでは部活動・文化事業にも全力投球で取り組んで参ります
すでにオンラインサロンでは実験で小さいながら、いろんな部活を作りました

これらを独立して大きくして行きます

文化事業から政治に興味を持ってもらう人を真剣に増やし、文化事業から人と人が交流できるコミュニティを作ります

学校です

学校には部活や運動会や学園祭があったから学校なんです
政治を変えるには選挙ばっかりやっていてもダメです

それは人々を所詮選挙の道具として見てるということです
政治を変えたければ、政治運動である前に社会運動でなければならないと、僕は思っています

農業もコミュニティ作りの大きな切り口
分断をつないで行かなければなりません

僕が今、体を鍛えているのは、全てに置いて体と心を使うという意味では、政治もロッククライミングも書道も一緒です

この2年、部活動に命をかけます

仕事も遊びも命がけで取り組んで行きます

そもそも何のために生きているのか、その原点回帰が必要です

引き続き、よろしくお願い申し上げます

つばさの党 代表 黒川あつひこ

■党名変更のご挨拶と敬意https://www.facebook.com/groups/614901952742279/permalink/761159701449836/

こちらから参加(FB非公開グループ)
→https://www.facebook.com/groups/614901952742279/

■書籍第二弾出版です!8月21日

アマゾン

楽天
https://books.rakuten.co.jp/rb/16398418/

■とやまき・一期生チャンネル■

とやまきちゃんねる 登録お願いします!
→ https://www.youtube.com/channel/UC3GH9_6FfCT5y7gRqi81pvQ

つばさの党、一期生チャンネル、も登録お願いします!
→https://www.youtube.com/channel/UCM28XjYUciRLNYMo_9maclg

■スタッフ・インターン募集■

<学生インターン募集>
つばさの党

交通費、昼食または夕食支給
週三回以上出勤できる方

勤務地 東京都千代田区半蔵門
最寄り駅 半蔵門線 半蔵門駅、
有楽町線 麹町駅

履歴書をお送り下さい。問い合わせもお気軽に。

〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
TEL:03-6261-0330
https://tsubasa-party.jp

■つばさの党 地方議会議員選挙 公認・推薦 公募開始■

1次選考 書類(履歴書と政策について小論文)
※党本部まで郵送ください
審査期間2週間以内
2次選考面接
3次選考代表面接

〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12
藤和半蔵門コープ208
つばさの党 事務局 迄

■つばさの党・お問い合わせ情報■
〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
TEL:03-5357-1840
https://tsubasa-party.jp

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (13件)

  • 結局、極東の小国の高々総理大臣になっても、世界支配の手から逃れられないし、結局潰される。従うしかない。
    だから、日本人は我慢して、滅んでいくしかない。

  • 黒川さん、MMTを真剣に考えてもいいんじゃないかなぁ。
    MMTはお金を刷りまくるから、ダメ、というのは早計です。
    MMTは刷ったお金を金融ではなく、実業に振り向けることを推奨する理論でもあります。

    中央銀行改革の前に、MMTを方便としてでも、使ってください。
    そう主張するだけで、竹中・アトキンソンを倒せます。

    ご検討ください。

  • 大西つねきさんと対談してほしいです。深いお話が聞けるような期待があります。

  • 金本位制度が分かっていませんね。
    基本的に金本位制度は銀行制度が設立されたら終わり、管理通貨制度に変わります。
    信用創造がシステム化されたら、準備された金では担保は不可能です。
    ニクソンショックまで分かっていたけど言わなかったというのが実情だと思います。

    今後のインフレ、ドル暴落についても私は黒川氏とは少し違う分析をしています。
    ※人のコメントには必ず目を通し、有益なコメントに関しては名指しで反応すべきだと思います。私が発信者なら優秀なコメンターは自分の師匠としてもスカウトします。これができないから党勢は拡大しない。それが器です。過去の歴史の英雄は優れた人材を集めています。
    私は人の下には付きませんから(能力的な下にはという意味で)自分でやります。声かけてくださいというつもりで書いていません。

    MMTが理解できれば通貨の供給(今は信用創造⇔国債発行)は銀行に対する”負債”という形で行われています。政府通貨を発行すれば負債とせずとも通貨を供給できるわけです。
    しかしこれだと権力者(議員)に決定権が委ねられるわけで、金の供給に恣意的な偏りが生じます。ですから民間に任せた方がよりましという意味で現行制度が残っていると思います。
    ただ民間銀行も絶対利益が出ると分かっているような業種へ投資する際、銀行関係者と親しい関係者に融資するはずですから基本的にはあまり変わらないと思います。
    私だって昔(今ではない)数億円貸してもらい不動産を有利な場所に所有できたら成功していると思います。

    ドルの国債発行が増えているから危険というのはある意味賛成ですが、危険の基準を語らなければ意味がありません。
    単純に金を増やせば消費が増えます。それ自体は悪いことではありません。

    【危険性】
    ・供給力と資源の問題(だけです)

    現状供給力は生産物に関しては無限の供給力があります。この前も書きましたがマスク不足もすぐに工場を増やし対応しています。日本産が売れないという記事を見ましたがチャイナ製品など安い商品に負けるから売れないということになります。
    ※だからグローバル化は危険ということです。

    ・人手が足りないから供給不足になるという現象
    介護やその他の不利とみなされる労働環境の職種には人が集まりにくいという形で供給力不足は起こると思います。デフレが起こると対策として給料を上げればいいのですが、給料が上がりませんから移民などの労働者に頼ることになります。
    ※だからデフレ対策が必要になります。

    ・デフレはお金がないから買えない
    金融抑制はデフレを起こします。買いたい物がないから買わないというのは一面の真実ではありますが、低所得者はすぐに消費しますし、今のそこそこの所得層でも安定した収入の先行きが保証されれば消費すると思います。
    消費税は明らかに消費抑制策であって物を買わせない(資源と関係)政策だと思っています。たぶん資源の関係で周辺諸国から日本政府への圧力があるのだと思っています。
    ※要するに格差(金の偏り)があるということです。消費税ではなく累進性の強化、とりわけ分離課税の廃止が効果的です。所得税を変えなくても分離課税は廃すべきです。

    ドルの供給を増やしても経済発展につながる限りインフレは起こりにくいと思います。ただし資源供給を圧迫するようになるとインフレは起こります。現状途上国の成長に使われていると考えればインフレにはならないと予想します。
    それから消費が資源消費型の経済であれば問題ですが、今はデジタル上のサービスで金が動く方向性があります。家具も少なく、本などもデジタル化。こうであれば昔よりは資源の消費は少ないでしょう。
    それでも絶対数が多くなり、需要と供給のバランスが崩れたとき、インフレになる可能性はあると思います。世界的な人口の動向がどうなるかについては興味があります。

    日本もバブル後金を絞ってきました。これは金融の問題。金を絞ってデフレになり、欲しくても買えないという問題が起こっています。
    これを解決するのは「格差」をどうするかということです。
    買いたい層に金を回し、富裕層の独占をどうやって抑制するかということが解決の鍵だと私は思っています。
    だから解決策は頭にあります。やるのは難しい。

    金の発行量の見極めと、どう配分するか。そのうえで中央銀行制度を考えるかという点ではあなたに同感できる面はあります。

  • 以前痩せられたと言われましたが、それについて詳しく教えてください。それを聞いて
    私も頑張っていますが、なかなか、、、

  • ベーシックインカム=MMTではない。と否定しているのがいいですね!

    MMT論者とレッテル貼されるのはマイナスの印象与えますからね

  • 17分のところですけど、犯罪をしても捕まらなくても、犯罪犯しませんよ???

  • 政策で意見をします一番目の中央銀行制度の抜本的政策を掲げているが実現不可能に近い、日本がまず独立せねば話しに成らない、これは6番目当たりに落とす、日本国民の賛同が得られる消費税を失くすことから始めたらよい、何事も実現可能なことから始めると上手く運ぶものである、中央銀行制度改革はかっこは良いが外国との絡みもあり何より妨害は甚だしいものになる、暗殺冴え覚悟せねば成らない、地道に一歩一歩慎重に進んで欲しい

  • いつも分かりやすい解説ありがとう御座います。そうですね^ ^応援しています。

  • 次の世界恐慌がきたら色々変わりそうですね。それまでみんな他人事として深く考えません。

  • おっしゃる通り残念ながら日本の保有外貨は価値が目減りする一方で、(持たざる者には恩恵ないですが)円は強みを増すと思います。日本の外貨収支率からすれば内需立国な強みもあってトントンかなーと考えたりするのですが、そのあたりのコメントもあるとなお良かったかなと思いましたが、大変勉強になる素晴らしい動画でした。ありがとうございます。

コメントする

目次
閉じる