MENU

【31期連続増配】花王の株価が下落中!買い時か?

■書籍『年率10%を達成する! プロの「株」勉強法』
アマゾン3部門でベストセラー獲得!(2021/6/2時点)
– 1位年金・保険
– 1位日本経済入門
– 1位経済学入門

↓↓書籍のご購入はこちら↓↓

☆2022/05/28(Sat) 23:59までにご購入いただくと、「限定動画「人生を変える『生涯保有銘柄』の探し方」データ配信」

31期連続増配銘柄で知られる花王の株価が下落しています。果たして今は買い時なのでしょうか?下落要因と今後の成長戦略、株価の見通しを解説します。

■つばめ投資顧問の有料会員についてはコチラ
私が行う「自己資金での株取引」を全て先出しで公開しています!
漫画形式でわかりやすくチェック↓↓
https://saipon.jp/h/suh383

【無料メルマガ】
つばめ投資顧問では、「500円で売られている1000円札」を見つけるバリュー株投資を実践し、株式投資や企業分析に関する情報を配信しています。
ぜひ、つばめ投資顧問からの最新情報を受け取って”失敗しない一生お金に困らない資産運用”を目指しましょう!

■今なら登録すると、電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
↓↓受け取りはコチラ↓↓
https://tsubame104.com/mail_magazine

■LINE始めました!
LINE登録でも電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価1,200円)を無料で贈呈!
PCの方はコチラ:https://lin.ee/gKHmS61
スマホの方はID検索:@dss6527p

■つばめ投資顧問のHP
https://tsubame104.com/

■Twitter: https://twitter.com/tsubame104

■Facebook: https://www.facebook.com/tsubame104/

#つばめ投資顧問
#バリュー株投資
#花王

☆投資家養成プロジェクト再生リスト☆
今更聞けない、株式投資のイロハを公開中!!
https://bit.ly/31j9UEg

制作:株式会社スタープロジェクト
http://starproject.co.jp/company/
———
つばめ投資顧問合同会社
関東財務局長(金商)第2932号
金融商品取引業者(投資助言・代理業)
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会

<投資顧問契約に係るリスクについて>
ホームページ上、メール上での提供情報は売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
———


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (20件)

  • 花王は2月に7,300で・・・
    当時下落基調で迷わず買いましたが
    今が買い時かも。。。

  • 最近花王で働いてる方から話を伺う機会があったのですが、なんだかぼんやりした会社だなというのが率直な感想です。

    • 愚か者でも経営できる会社を探しなさい
      byウォーレンバフェット

  • 連続増配と言ってもこれだけ株価が下がっても配当利回り2.23%ですか。。。配当狙いなら株価が高いですね。

  • 投資計YouTuberでも偽物本物がバレてきたかな!栫井さんはいつも為になる情報ありがとうございます!ファンダメンタルズの裏打ちを含んだ情報なんで信頼性あります。

  • 6.500円もする株を数百株ずつ何回も買い下がってたら金がいくらあっても足りませんよw

    二百株でも百三十万円ですよ?

    • ネオモバイル証券やPAYPAY証券とか単元未満でも買う方法はありますよ。指し値注文はできないけど

  • 私の直感ですがこれから花王は厳しい時代を迎える可能性があると考えています。理由はテレビのオワコン化です。テレビcmでブランドイメージを作り優位性を保ってきたと思うのですが、テレビは加速度的にオワコンになってきています。それがどれくらい影響するか予測不能です

    • 同感です。
      また、洗濯洗剤にマグネシウムを使ったり、歯磨き粉に重曹、塩を使ったりする人が周りに増えています。花王の株価復活を担う分野が何かをわかれば投資もあり。
      私なら現状見合わせます。

  • 過去平均PER25倍?は、それまでのいかなる経営環境にも対応し最高益更新を続けていた時。
    成長が一時的にでも停滞し期待値が剝げ落ちた現在では過去の平均PERは何の意味も無くなる。
    また、新たな中期経営計画の目標値も達成できるというコンフィデンスも従来よりは低下。
    配当利回り、PER、PBRがバリュー株の平均に比べ劣っている現状では「割安」「元の水準へ」等という
    考えは、投資をする際に最も危険な意味のない「値頃感」といっしょ。
    残念な分析。

  • 買い下がっている途中でした。
    年初来安値更新中ですので買い場と思えます。ありがとうございました。

コメントする

目次
閉じる