MENU

【1分解説】激震!中国ゲーム株軒並み大暴落!#Shorts

【バフェット太郎×IG証券】特別限定レポートをプレゼント
・https://prf.hn/click/camref:1101leSWV/creativeref:1100l54487/pubref:common-tieup

【バフェット太郎とは】
SNS総フォロワー数50万人を誇る投資系インフルエンサーで
『バカでも稼げる米国株高配当投資』の著者

2016年:ブログ『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ』開始 月間最高140万PV
2018年:書籍『バカでも稼げる米国株高配当投資』出版 16万部のベストセラー
2020年:YouTube『バフェット太郎の投資チャンネル』開設 チャンネル登録者数30万人突破

『バフェット太郎の投資チャンネル』は、億万投資家バフェット太郎が投資や経済など気になるニュースをわかりやすく解説する、投資・経済専門番組です。

毎週月・水・土の18時に公開を予定しています。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (13件)

  • ダラダラと長い動画を作られても中身が薄かったりしてこっちまでダラダラしてしまうことがあった。
    この短い動画は要点がキッチリまとめられていて良かった。

  • 中国は、自由経済から完全に統制経済へ移行ですね。
    数年後に米GDPを抜くのでは?と言われてましたが、多分無理でしょう…
    中国共産党終わりの始まり…

  • ショート動画素晴らしいですね!
    単価的にはデジタル元の強制導入に向けた布石かと想像してます

  • そもそも共産党国家に株が存在する事自体おかしい。
    キンペーの出来試合でどーにでもなるじゃん。
    恐っそろしくて買えましぇん

  • 中国共産党は、いいように言えば企業の国営化政策を加速すると思います。ただ実態は儲けている一部の企業を潰しまくって、国民の格差感情が中国共産党への反発に向かわないよう抑えにかかっています。

  • いつもの動画ありがとうございます、が、いろいろ中国ニュースなどを見て、今の中国はゲームに対して規制する動きがないと思います。逆にテンセントに対し、規制をとるように見えます。今回話題になったゲームの親会社もテンセントですし、テンセントが今後注目が集まると思います

  • 実際中国人の鬼課金のヤバさ考えたら抑制しないとダメ人間だらけになるからね
    こういう行動の速さは見習うべきものがある
    投資対象としては新興国含め投資しない理由でもあるけど

  • まあ米国との冷戦が始まった時点で、この後暫く弄ばれて最後はソ連と同じ運命だね。

コメントする

目次
閉じる