MENU

SBIと新生銀行の敵対的TOBどうなる?【投資としてはSBIの方が魅力的です】

株式会社クロサイの武下明徳が投資初心者から中級者向けに「株式投資や政治に関する疑問や質問」にお答えするチャンネルです。

この動画では以下のご質問にお答えすることで、SBIホールディングスと新生銀行による敵対的TOBについての理解と今後の流れについて、武下が解説していきます。

【質問】
新生銀行とSBIのTOBについて、敵対的TOB発展していますが今後の展開をどうお考えでしょう?
9月17日現在は株価は1896円になっています。
新生銀行の株券無償提供の影響で、SBIのTOB2000円を割り込んでいますが、今後の株価はどう動くのか興味があります。

素人的に考えたら、無償提供前に購入した方が良いと思ってしまいますが、そうとはいえないのですよね?
ここら辺がよくわかりませんので解説頂けますと幸いです。

【武下明徳プロフィール】
1958年10月28日 福岡県大川市に生まれ
久留米大学附設高校から同志社大学商学部を経て1983年国際証券に入社

1994年7月静岡支店長
1997年5月難波支店長
2000年4月名古屋駅前支店長
2002年9月三菱証券営業企画部長
2005年3月東京三菱銀行リテール営業部特命部長
2006年11月三菱UFJ証券神戸支店長
2007年5月近畿地区部長
2008年5月投資アドバイザリーグループ長
2010年5月三菱UFJモルガン・スタンレー証券執行役員ダイレクトチャネルグループ長
2012年5月執行役員営業統括部長
2013年5月執行役員副本店長
2014年5月執行役員東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・沖縄地区担当
2015年6月に執行役員を退任しMUSビジネスサービス常勤監査役就任
2018年6月に退任し現在は株式会社クロサイに在籍

エリオット波動理論の第一人者である宮田直彦氏とは1991年以来の親友

座右の銘は「愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ」

株式会社クロサイ【会社サイト】
https://krosy.co.jp

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる