MENU

2021年10月15日 現金こそバブルだ!財務次官のバラマキ批判を斬る【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2021年11月20日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/live-seminar

☆2021年 ASAKURAセミナー開催日程
11月20日(土)
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/live-seminar

——————————————————–
こんにちは 朝倉慶です

本日も夕方YouTubeアップしました。

株式市場も戻し基調となってきました

一方で総選挙は全く盛り上がりません。

金融所得課税は先送りになったものの

投資家の岸田総理に対しての不信感は消えないようです

一度傷ついたイメージは簡単には払しょくできません。

やはり<成長より分配が重要>という信念を持つ

岸田総理に対しては投資家は日本の司令塔として

ふさわしくない、と考えていると思います。

海外投資家も日本株を積極的に買うことはできないでしょう

やはりトップは大事です

トップの考えが国を左右していきます

そういう意味では当面、日本経済の復活は望めないかもしれません。

昨日米国の株式市場は急伸しました

今週発表になった消費者物価指数は5.4%の上昇、

卸売物価指数は8.6%の上昇となっています。

依然インフレ動向が落ちつきません

しかしながら月次ベースでみると、

インフレの上昇率は鈍化してきたようです

ただ資源価格の上昇については依然警戒が必要です。

天然ガス価格は欧州で昨年に比べて7倍となりました

電力価格が異様な上昇となって人々は怒っています

朝倉は昨年9月のセミナーからかような天然ガスの急騰が

いずれ訪れて大変な事態に直面することとなると警告してきました。

更に今年7月のセミナーでも原油価格が上がっていく傾向を話しました

これら一連の流れは今後を占ううえで非常に重要です。

これについて本日、朝倉レポートを書きました

<脱炭素は貫けるのか>という題で今回の問題を掘り下げました

是非購入して読んでみてください

現在の資源価格上昇の際どい現実がわかると思います。

さて世間では文芸春秋に掲載された現役の財務次官の寄稿が

話題となっています。

寄稿によれば日本は財政破綻に向かっていて

まるでタイタニック号のようだというわけです

実際今回の選挙でも与野党共々ばらまき合戦となっています

財務次官の言うことは一理あると思います。

ただ何故、この段階でかような寄稿が掲載されたかも

考えるべきでしょう

このあたりのこともYouTubeで詳しく解説しました

本日のYouTubeも是非お楽しみください。

今後も朝倉は投資家目線に立って様々な意見を発信するつもりです

今度もよろしくお願いします

朝倉  慶

——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (14件)

  • いつも納得の解説ですが国債の金額が増えてこのままじゃ国がたちいかなくなるというのは全くの間違いだと思います
    国債の所有者は殆どが日本人ですしこれは借金じゃなくて国民の資産です
    さらに国の資産は1000兆円以上あり特に海外資産は世界一
    金を稼ぎだす力もギリシアなどとは比べものになりません
    財務省の役人は国を憂えてるのではなく国民から金を取って自分達の存在感をさらにあげたいのです
    財務省では税金をあげた者が出世しますからね(笑)
    政府の歳入と歳出はプライマリーバランスの問題です
    そういう意味ではまだまだ今の2倍国債を日銀が買い取ってお金をばらまいても全く問題ないのです
    むしろ国債の発行額を制限してることが問題であってこのことが日本の経済を弱くし30年間も所得も株価も上がらないという日本だけの異常事態を招いてるのです
    何度も言いまが国債発行が危ないなら国債の金利が暴騰します
    信用がないからです
    日本の国債はそうはなってません
    どの国も国債を大量に発行していて日本は大量のアメリカ国債を引き受けているのです
    もう国債が借金だからこれ以上増やしたら返せないなんて発想はやめませんか
    国債は国民の資産であって取り付け騒ぎでも起こらない限りそれは借金ではないのです
    日本でそんなことが起こると思われますか

  • 金融所得税は現時点でも欧米と比べて重税。欧米は総合課税で、分離課税の日本は特に低所得者層に影響が大きい愚策。
    折角2500兆円の個人・企業の資産(日本の少ない資源の一つ)が株式に向かい始めているのに冷や水を浴びせる事を海外投資家も分かって売ってきたのかなと。
    日本全体の資産が無駄に銀行に張り付いている現状が変わることは、これからの日本の所得の上昇のために役立つと思います。
    私も実際に自分の資産を株式と不動産と現金の割合を4:4:2に変えたことで所得が倍★になっていて実感しています。

  • 経済産業大臣、ぜひ朝倉さんにお願いします。
    ・・・って思ってる視聴者はいっぱいいるかと思います。

  • ネットバブル崩壊後やリーマンショック後の株価暴落時は『貯蓄から投資へ』と煽っておいて個人投資家が増えたら増税する岸田政権と罪務省は日本経済を破壊するテロリストです
    朝倉先生のハイテンションパワーでぶっ壊してください!!!

  • 日本も、ビットコインを10兆円ぐらい買っとけば、1000兆ぐらい返せるかもしれません。

  • 財務省が余りにも胡散臭い印象が私は年々増してます。
    消費税を上げた際に必ずIMFが更なる消費増税を主張してきます。
    そのIMFのトップ側近に天下ってるのが財務省OB。
    この矢野ってオヤジも露骨に財務省体質を出してきたなってな程度。
    株式の長期停滞や長期のデフレや国民所得のマイナス成長の根本的な原因は財務省の超特殊な体質が原因かと。。
    彼等が消費税の使途の全ての明細と国の保有資産全てを開示した上で舐めた口を叩いてみれば良いと思います。
    国民一人辺りの借金とか本当に呆れ果てます。

  • 朝倉さんの話には嘘が有ります
    財務省の公文書偽造は官僚が政治家に忖度して行った事では無い
    財務官僚の佐川が国会で頓珍漢な事を言ってしまい、それに合わせる為に偽造をしました

    訂正して下さい

    いつも有益な情報有難うございます

  • 朝倉先生、何百回、何千回も損失くらうと破産してしまいますよ。そうならないように日々成長していかないとダメですね☺️

  • 朝倉先生はMMTとも高橋陽一氏らのリフレと意見が違うみたいでした。
    国民民主はまさにMMT。
    朝倉先生の考えをもう少し聞きたいです。

  • YouTubeで、ここまで教えて頂けることに感謝です。いつも拝見しておりますが、先を読む力が身に付いてきました。対策ができ、未来への投資が出来る様になってきました。仲間にもアウトプットすることが出来るようになりました。ハッキリ言ってプラスしかないと思います。本当ありがとうございます。

  • 今、貯金だけの人は、平成初めのバブル期に不動産投資する様な悲惨な未来は避けれないですよね。
    しかし、統計情報だと、株式に500万円以上投資している人は、1割もいない。
    皆様、貯金の様な日本円で金額が確定している物を信仰している。
    正直、ゲップが出るくらい株式に投資しているので、貯金しかしない人に申し訳ない気持ちです。
    でも、多くの人は、株が公営のギャンブルと大差ない様に誤解している様です。。。。

コメントする

目次
閉じる