MENU

堀江貴文氏がフジテレビ買収していたら日本は変われた?昨今のTOB防衛策について

▼上岡正明のイチオシ動画▼
【1】2021上半期の値上がり益と配当金公開

【2】1億円株に投資したらどれだけ儲かるか検証

【3】バリバリ稼ぐお金持ちが実践5つの共通点

【4】個人投資家が外国人投資家に勝つには

【5】損切りするな!ロスカットで資産を溶かす典型パターン

【6】信用取引の活用術とリスク管理法

【こちらも】投資で勝つたった1つの絶対条件

【常識が変わる⁈】証券口座を3つ使い分ける理由

▼番組コンセプト▼
低コストのインデックスファンド、ETF、投資信託の選び方。つみたてNISA、米国株、日本株、全世界株式投資の活用法から、FIREや起業・副業で経済的自由人になるためのスキル・勉強法・成功ノウハウなどを紹介。主なテーマは、お金、投資、株価、金融、経済になります。

*上岡正明の公式Twitter始めました!

—————————————————–
FIRE(経済的自由)目指す動画TOP5
—————————————————–
★1位:今一番人気の動画です!
億を稼ぐチャンスとリスクの考え方

★2位:2021年株、ビットコイン、NISA、ETF、資源株、不動産投資バブル到来!!億り人が急増する5つの理由

★3位:上岡があなたに一番見てほしい
株で資産5億円!億り人に最短でなる方法を全部暴露

★4位:個人投資家が勝つために伝えたいこと

★5位:相場師直伝【10倍株】見つけるためのコツ全部公開

—————————————————–
投資のスキルを磨く動画TOP5
—————————————————–
殿堂入り1:【有料級】テンバガー10倍株6選

殿堂入り2:【決定版】個人投資家が株で勝つ10の方法

殿堂入り3:【これがプロ技】株の損切り2つのタイミング

殿堂入り4:【知らなきゃ絶対損】株初心者が99%勝つコツ

殿堂入り5:【保存版】99%の個人投資家が機関や大口にボロ負けする理由

\ダイヤモンドザイ・東洋経済・日経ヴェリタスでも取材された投資家/
このチャンネルで手に入る5つのこと|脳科学×心理学で人生ハック
(1)株式投資でFIREして小金持ちになる
(2)つみたてNISAやETF・インデックス投資で資産形成する金融リテラシー
(3)誰も知らない勝ち続けるための勉強法
(4)脳科学&心理学を応用した成功成長スキル
(5)↑そのための情報・スキル・戦略を効率よく入手

実業家兼投資家として30歳後半までに株式投資と不動産と会社経営の3つで、資産5億円を手に入れてた(略歴は以下参照)、最速FIREを目指す方法を紹介。「株式投資」「米国株」「日本株」「投資信託」「つみたてNISA」「ETF」「資産形成」「億を稼ぐ思考法」「そのための脳科学と行動心理学の上手な使い方」に特化したチャンネルです。

◆上岡正明のプロフィール
※詳しいプロフィールはこちら(公式サイト):https://frontier-pr.jp/profile.html
脳科学者・作家・投資家
多摩大学客員講師(18,19)
MBA(情報学博士前期課程)修了
ビジネス書籍13冊を出版・累計55万部
株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役

株式会社フロンティアコンサルティングを設立し、これまで上場企業など200社以上の新事業支援やブランド戦略開発を支援。

同時に、日本テレビドラマ「ストーリーランド」やアニメ・ゲームを複数手掛けた脚本家、バラエティー番組の放送作家としても知られている。これまで「笑っていいとも」「めざましテレビ」「スーパーJチャンネル」等の放送作家として活躍。

上梓したビジネス書は累計11冊、累計55万部。近著である高速読書(アスコム)は約半年で15万部のベストセラーになり話題に。元手200万から10年で3億円を稼いだ株式投資家として日経ヴェリタス、ダイヤモンドザイ、東洋経済オンライン、テレビなどでも取材される。多摩大学、成蹊大学、帝塚山大学客員講師、東京都スタートアップ講師。元静岡放送審査委員。

◆所属学会
・日本行動心理学会
・日本行動経済心理学会
・日本社会心理学会
・一般社団日本心理行動分析学会
・日本小児発達心理学会
・日本神経心理学会
・一般社団法人小児心身医学会
・日本行動経済学会
・認知神経科学会の各会員
・の各会員
(※入会順。科学的根拠、エビデンスは各学会の論文を参考にしています)

◆代表著書(近著)
・死ぬほど読めて忘れない高速読書(アスコム社)※12万部突破
・やるたいことを全部最速で叶える高速仕事術(アスコム社)
・即戦力をつくる広報PRの教科書(すばる舎)
・共感PR(朝日新聞出版)
・たった13字ですべては伝わる(総合法令出版社)
・29歳までに手に入れたい5つの箱(大和出版)
・株はたった1つの鉄板銘柄で1億稼ぐ(ダイヤモンド社)

◆上岡正明の生い立ち♪
この番組は、私の専門分野であるMBA(情報工学)、認知脳科学、発達心理学の科学的根拠に基づきながら、「スキル」「成長」「富」の3つを最短で手に入れる【高速ルート】を、皆さんと一緒に見つけていこう、といった趣旨のゆる~い番組になります。

じっさい、僕は3歳で母親を失い、小学校から家出を繰り返してきました。しかも、警察に保護されるまで誰も探しに来ない寂しい幼少期でした。さらに、大学受験にも失敗。その後も電気・ガスを止められた東京元住吉のボロアパートでサバイバルするなど、10代、20代は苦労の連続でした。社会の最底辺でずっともがいていたわけです。

そこから、会社経営者や株式投資家、不動産オーナー(※下記参照)、ビジネス作家やテレビ脚本家、さらには大学客員講師や東京都中小公社講師として地位や資産を築くことができました。
自慢話のように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。そこに至るプロセス、原理原則は誰でもできて、とてもシンプルだということに気づいたのです。

その原則とは、次の5つです。
1.学び続けること
2.継続すること
3.失敗を恐れないこと
4.行動しながら改善すること
5.脳科学と心理学による「原理原則」に基づいた科学的アプローチをすること

この番組は、富を築いて小金持ちになる最短ルートが、全て同時に、しかも独学で手に入るように構成されています。
詳しいプロフィールは公式サイトにも掲載していますので興味がある方はぜひご覧ください。それでは、今日も高速でいってみましょう。高速でゴー!

◆この番組の使い方♪
成長や成功を高速で手に入れるには、インプット2割、アウトプット8割が原理原則です。それほど難しいことではありません。狙ってから撃っていては、人生終わってしまいます。撃ちながら走り続けわけです。
熟練の兵士は狙っていては作戦が成功しないどころか、仲間さえ守れないことを知っています。スマートに構えるのは、映画の中だけ。彼らは撃ちながら走り続けます。それが一番、成功確率も仲間の生存確率も高いことを知っているからです。
この番組でインプットとしたら、ぜひ今日からアウトプットしてください。皆さんの成長や成功、起業や資産形成につながるアウトプット方法は番組でも詳しく紹介していきます。

◆この番組の狙い♪
3つの会社を経営する実業家でもあり6億稼いだ株式投資家・不動産オーナー。これまで株式投資で3億円、不動産投資で2億円(足立区に3棟)、会社経営で1億円の資産構築。
失敗も遠回りもしたけれど、今振り返ればシンプルな原理原則が最初にあり、最後までそれしかありませんでした。
余計な雑音や遠回りにより、失意のうちに時間とチャンスと情熱を浪費する若者を一人でも減らしたい。そうした想いのもと小金持ちマインドや起業・副業のための「学び」×「スキル」×「勝ちパターン」×「再現性」×「そのための武器としての脳科学と心理学」を誰でもわかりやすいように解説していきます。

◆この番組の4つのミッション♪
1.10代、20代の若い人たちに勇気と希望を
2.30代、40代の同世代の人たちに学びと成長を
3.人生の先輩方には時代の若者を支えるパワーと情熱を
4.いじめと差別を日本中から無くす

◆最後に僕からのひと言♪
高杉晋作を尊敬する僕と「高速ちゃん大学」で一緒に学びませんか☆僕も一緒に成長していきます。今、僕らやその次の若い世代が日本を変えずに、誰が日本を変えるのか。強い情熱と正しい成長と、高い視座、友達や家族を想う深い誠心で現状突破していこう!僕がまず実践していきますね。

高杉晋作・辞世の句
『おもしろき こともなく世をおもしろく すみなすものは心なりけり』

■本業のお仕事のご依頼はこちらへ■
・実業家サイト(PR会社):https://frontier-pr.jp/
・公式ブログ:https://ameblo.jp/kamioka2014/

■免責・注意事項■
当該チャンネルで提供するコンテンツ(※以下、動画)は作成時点までの信頼できると思われる各種情報やデータに基づいて作成されていますが、その正確性、相当性、完全性などに対して情報提供者は責任を負いません。利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても情報提供者は責任を負いません。

■お問い合わせ■
運営事務局へのお問い合わせはこちらにてお願い致します。
通常、2営業日以内にご返信させていただいております。
(個人的な質問等はお答えできません。何卒よろしくお願い申し上げます)
pr@frontier-c.co.jp

#堀江貴文
#ホリエモン
#株式投資
#米国株
#日本株
#NISA
#投資信託
#成長
#成功


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • あの時、3時ギリギリで大きく下げた下げた。10000株買ってしまい、ストップ安が続いて紙切れのような値段になった。馬鹿ですね。
    今は税金は高くなったけど、いい時代だ。
    信用取引で同じ銘柄を同じ資金で何回でも取引出来る。夢のようです。

  • ホリエモンさんはあの時フジテレビに勝ってたとしても、その次の壁、GーグルとかUォルト・ディズニーとかNットフリックスというような強い敵に勝てなかったと思います。石田三成のような人かなと思います。石田さんは徳川さんに関ヶ原で勝ってたとしても、やがて人望のなさから石田政権は瓦解、内部崩壊していたと思われます。

  • チャオ! アジア開発、

    そう言う方法があったのかあ、
    と当たり前のことですが、びっくりしました。

    ざら場で東京機械の株を買う。

    おお、普通の投資家がやる方法だ、と。

    あり得ないですが、
    もしも、100%、アジア開発キャピタルが株を買ったらどうなるんだろう、
    と思います。

    司法の判断は、時代に寄ってコロコロ変わるので、
    どうなるかなあ。

    ホリエモンに限らず、時代よりも早すぎる考えは、
    潰されますね。

    上岡さん、動画をありがとうございます。

  • ホリエモンは、人として信用出来ないです。尾道の餃子事件ご存知ですか?
    夫婦が営業している店でのマスク対応。
    あれからお店は閉めています。尾道県人より…。

    • 上に立つ人間は、まず人への優しさが必要ですね。それは、その時動画で上げています

  • 紛れもない悪質重大な経済事件の犯罪者。   株式市場に与えた悪影響は計り知れません。
    リーマンショック時かな、米国では個人が投資失敗で 「自〇者急増」 でおおきな社会問題に。 日本ではなぜか表面化してないけど

    それに匹敵するほどの酷いインパクトでしたね。  ハイ Hえもんショックは。「投資は個人の責任」ではあるけど。 犯罪被害となると 話しは別だよね。 ロケットマンでふざけてる前にやることあるようなきがします。 これは誹謗中傷なんかではありません。「公共の利益」
    に関する事ですからね。刑法参照

  • 上岡先生の動画、毎回楽しみにしています
    ライブドアショックの際にどんな情報をもとにどんな行動を取ったか?のような情報は非常に価値があると思います
    あわせて、リーマンショックのときもどうだったか

    暴落時にどういう行動をとったかを教えて欲しいです

  • ホリエモンはライブドア株の分割を繰り返して、時価総額の上昇とともに日本円に変わる通貨(=ライブドア株)を狙ってたと言いますよね
    いまの仮想通貨の概念に近い
    あの人は本当に頭がいい
    ホリエモンを脳科学者としてどう見てるかも聞きたいですね

  • フジテレビは買収されるべきだった。
    ホリエモンは出る杭は大きな組織に打たれた典型的な例でした。
    (検察に無理やりライブドアのアラ探しをされてライブドアは潰された→ホリエモンは無理やり逮捕)真実はこうです。
    若くて勢いのある出る杭を生意気だからと、どんどん潰してたら、そりゃ日本成長はしないよな〜って思います。
    ホリエモン、ライブドアを潰さなければ間違いなく今の日本のITは今よりもっともっと進んでいたのに、、、残念だなぁと思ってしまいます。
    過去にWinny事件もありました。これも一人の日本人の天才が同じく出る杭は打たれると言う事で潰されてしまった出来事。

    成長したいなら、世界に負けない日本にしたいなら若い芽を伸ばす風習を作って行かなければいけないと感じます。政治でもそう思います。

  • ちゃおー
    堀江さん、成長戦略会議に呼ばれてれば今の日本は違ってたかもーw

  • ホリエモンこそ令和の恩赦を受けた最もの人?持ってますね!参院選で亀井氏と争い負け→直後衆院選呼びつけ出馬要請したのは何を隠そう亀井氏です。

  • 買収出来ていれば、ホリエモン自体がうまく行ったかは分かりませんが、後に続く企業もでて世の流れも変わったでしょうね。
    個人的には、ライブドアショックは投資上痛い目にあった今となっては成長のきっかけで懐かしいことこの上なしです。

  • チャオ❣️「じゃあ上場しなきゃいいじゃん⁉️」同意します‼️当時は「フジテレビ正しい、ホリエモン怪しい。」って風潮が流布されてましたけど、その時もフジテレビ情け無いー⁉️って感じてました。

  • 全く日本人の特に既得権益者権力者がなせこうも変化を嫌うのか?現状維持に固執するのか?その弊害のせいで日本は変化の激しい欧米や中国の進化についていけないんだろうと思います。DXの遅れに至ってはアジア圏内でもむしろ後進国に座してしまった。数年前東大が秋入学を企てたものの内部の教授陣反対に遭い頓挫、最近ではセンター試験に変わり特に数学で思考力を診、英語では民間の英語資格試験を導入する試験制度を企画するも平等公平性が担保出来ないとの理由でこれも頓挫。今回の自民党総裁選挙その後の組閣人事でも永田町の論理派閥の論理が幅を利かせた。世界での各種ランキングを見ても日本が年々順位を落としているにも関わらず、危機感の無い政治家達。村上堀江連合軍が敗戦したのは、日本の異質を排除しようとする悪しき体質と思います。

コメントする

目次
閉じる