MENU

再開、最終演説、NHK党。立花孝志、他


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (13件)

  • 決めたぜ。今回自民党がこのコロナの中で散々国民感情を逆なでして自分たちだけやりたい放題してきたことが許せないんだわ
    だから色々賛否両論はあるけれど数ある野党の中で最も賛成できる項目が多いNHK党に入れさせてもらうぜ
    自民党には今回NO!を叩きつけたいそれが私の今回の主張です
    結果はどうあれいい結果が出ることを祈っております

  • 私は黒川さんを応援しますが、地元でもない地域で勝つのは難しい事ですね。それらを念頭に考えると立花党首の読みは冷静かつ的確だと思います。 そして議席が無い状態で言い争っていても何にもならない事は事実ですね。w
     ただ此度協力するからと言って、ホリエモンが子宮頸がんワクチン等を推奨して被害者を出した事は否定出来ない事実です。 今回はお互いの共通の敵がいるから、今は協力して戦っていると言うだけの話しですね。

  • 浜田さんを見ると田中邦衛さんを思い出します。
    それはともかく浜さんにはお疲れ様と言いたい。
    浜田、黒川、齊藤。この3人が今のNHK党の主力ですね。

    そして本間さんと同年同月同日生まれとは。黒川さん、持ってますね。

  • 何が何でも 対米自立派の偉大な黒川敦彦さんを 衆議院議員にさせよう!!

  • 選挙に勝つためには、ワクチン推進派のホリエモンと一緒にやらなければならない程、切羽詰まっていると思って、黒川さんの苦労がしのばれると気遣っんですが、
    ”そんなに苦労してない、大人にならなきゃ” と黒川さんに言われてしまった。
    今まで、反ワクチンに絞って合意して運動してきたのは、何だったんですか?
    一番重要な公約の反ワクチンの正反対のワクチン派も入れて、広い意見を取り入れて、”右から左まであれば、それだけ票が取れて、そこで煮詰まった実現可能な政策が出てくれば” と、中心の公約の正反対まで入れてどうするんですか?
    そんな事を言ったら信用されない。
    黒川さんを気遣ったのに、そんな言われ方をするとは。
    それに、選挙に勝つ為の苦渋の決断でもなく、公約の正反対のワクチン推進を容認したのには、落胆した。

  • ●実験的生物製剤
    賛成・積極的に推進
    自民党・公明党・維新の会

    賛成も慎重姿勢
    立憲民主・国民民主
    中立的な姿勢
    れいわ・社民党
    反対も慎重姿勢
    共産党・第一党

    選択の自由で自分で決めてね
    (個人的)共産党・れいわ

  • たった今投票してきました。
    もちろん比例はNHK党にしましたよ!
    アシタノワダイさんとか皆さんとかに期待してるからです!!

コメントする

目次
閉じる