MENU

子供は平等ではないの?10万円給付に所得格差があっていいのか

▼上岡正明のイチオシ動画▼
【1】2021上半期の値上がり益と配当金公開

【2】1億円株に投資したらどれだけ儲かるか検証

【3】バリバリ稼ぐお金持ちが実践5つの共通点

【4】個人投資家が外国人投資家に勝つには

【5】損切りするな!ロスカットで資産を溶かす典型パターン

【6】信用取引の活用術とリスク管理法

【こちらも】投資で勝つたった1つの絶対条件

【常識が変わる⁈】証券口座を3つ使い分ける理由

▼番組コンセプト▼
低コストのインデックスファンド、ETF、投資信託の選び方。つみたてNISA、米国株、日本株、全世界株式投資の活用法から、FIREや起業・副業で経済的自由人になるためのスキル・勉強法・成功ノウハウなどを紹介。主なテーマは、お金、投資、株価、金融、経済になります。

*上岡正明の公式Twitter始めました!

—————————————————–
FIRE(経済的自由)目指す動画TOP5
—————————————————–
★1位:今一番人気の動画です!
億を稼ぐチャンスとリスクの考え方

★2位:2021年株、ビットコイン、NISA、ETF、資源株、不動産投資バブル到来!!億り人が急増する5つの理由

★3位:上岡があなたに一番見てほしい
株で資産5億円!億り人に最短でなる方法を全部暴露

★4位:個人投資家が勝つために伝えたいこと

★5位:相場師直伝【10倍株】見つけるためのコツ全部公開

—————————————————–
投資のスキルを磨く動画TOP5
—————————————————–
殿堂入り1:【有料級】テンバガー10倍株6選

殿堂入り2:【決定版】個人投資家が株で勝つ10の方法

殿堂入り3:【これがプロ技】株の損切り2つのタイミング

殿堂入り4:【知らなきゃ絶対損】株初心者が99%勝つコツ

殿堂入り5:【保存版】99%の個人投資家が機関や大口にボロ負けする理由

\ダイヤモンドザイ・東洋経済・日経ヴェリタスでも取材された投資家/
このチャンネルで手に入る5つのこと|脳科学×心理学で人生ハック
(1)株式投資でFIREして小金持ちになる
(2)つみたてNISAやETF・インデックス投資で資産形成する金融リテラシー
(3)誰も知らない勝ち続けるための勉強法
(4)脳科学&心理学を応用した成功成長スキル
(5)↑そのための情報・スキル・戦略を効率よく入手

実業家兼投資家として30歳後半までに株式投資と不動産と会社経営の3つで、資産5億円を手に入れてた(略歴は以下参照)、最速FIREを目指す方法を紹介。「株式投資」「米国株」「日本株」「投資信託」「つみたてNISA」「ETF」「資産形成」「億を稼ぐ思考法」「そのための脳科学と行動心理学の上手な使い方」に特化したチャンネルです。

◆上岡正明のプロフィール
※詳しいプロフィールはこちら(公式サイト):https://frontier-pr.jp/profile.html
脳科学者・作家・投資家
多摩大学客員講師(18,19)
MBA(情報学博士前期課程)修了
ビジネス書籍13冊を出版・累計55万部
株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役

株式会社フロンティアコンサルティングを設立し、これまで上場企業など200社以上の新事業支援やブランド戦略開発を支援。

同時に、日本テレビドラマ「ストーリーランド」やアニメ・ゲームを複数手掛けた脚本家、バラエティー番組の放送作家としても知られている。これまで「笑っていいとも」「めざましテレビ」「スーパーJチャンネル」等の放送作家として活躍。

上梓したビジネス書は累計11冊、累計55万部。近著である高速読書(アスコム)は約半年で15万部のベストセラーになり話題に。元手200万から10年で3億円を稼いだ株式投資家として日経ヴェリタス、ダイヤモンドザイ、東洋経済オンライン、テレビなどでも取材される。多摩大学、成蹊大学、帝塚山大学客員講師、東京都スタートアップ講師。元静岡放送審査委員。

◆所属学会
・日本行動心理学会
・日本行動経済心理学会
・日本社会心理学会
・一般社団日本心理行動分析学会
・日本小児発達心理学会
・日本神経心理学会
・一般社団法人小児心身医学会
・日本行動経済学会
・認知神経科学会の各会員
・の各会員
(※入会順。科学的根拠、エビデンスは各学会の論文を参考にしています)

◆代表著書(近著)
・死ぬほど読めて忘れない高速読書(アスコム社)※12万部突破
・やるたいことを全部最速で叶える高速仕事術(アスコム社)
・即戦力をつくる広報PRの教科書(すばる舎)
・共感PR(朝日新聞出版)
・たった13字ですべては伝わる(総合法令出版社)
・29歳までに手に入れたい5つの箱(大和出版)
・株はたった1つの鉄板銘柄で1億稼ぐ(ダイヤモンド社)

◆上岡正明の生い立ち♪
この番組は、私の専門分野であるMBA(情報工学)、認知脳科学、発達心理学の科学的根拠に基づきながら、「スキル」「成長」「富」の3つを最短で手に入れる【高速ルート】を、皆さんと一緒に見つけていこう、といった趣旨のゆる~い番組になります。

じっさい、僕は3歳で母親を失い、小学校から家出を繰り返してきました。しかも、警察に保護されるまで誰も探しに来ない寂しい幼少期でした。さらに、大学受験にも失敗。その後も電気・ガスを止められた東京元住吉のボロアパートでサバイバルするなど、10代、20代は苦労の連続でした。社会の最底辺でずっともがいていたわけです。

そこから、会社経営者や株式投資家、不動産オーナー(※下記参照)、ビジネス作家やテレビ脚本家、さらには大学客員講師や東京都中小公社講師として地位や資産を築くことができました。
自慢話のように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。そこに至るプロセス、原理原則は誰でもできて、とてもシンプルだということに気づいたのです。

その原則とは、次の5つです。
1.学び続けること
2.継続すること
3.失敗を恐れないこと
4.行動しながら改善すること
5.脳科学と心理学による「原理原則」に基づいた科学的アプローチをすること

この番組は、富を築いて小金持ちになる最短ルートが、全て同時に、しかも独学で手に入るように構成されています。
詳しいプロフィールは公式サイトにも掲載していますので興味がある方はぜひご覧ください。それでは、今日も高速でいってみましょう。高速でゴー!

◆この番組の使い方♪
成長や成功を高速で手に入れるには、インプット2割、アウトプット8割が原理原則です。それほど難しいことではありません。狙ってから撃っていては、人生終わってしまいます。撃ちながら走り続けわけです。
熟練の兵士は狙っていては作戦が成功しないどころか、仲間さえ守れないことを知っています。スマートに構えるのは、映画の中だけ。彼らは撃ちながら走り続けます。それが一番、成功確率も仲間の生存確率も高いことを知っているからです。
この番組でインプットとしたら、ぜひ今日からアウトプットしてください。皆さんの成長や成功、起業や資産形成につながるアウトプット方法は番組でも詳しく紹介していきます。

◆この番組の狙い♪
3つの会社を経営する実業家でもあり6億稼いだ株式投資家・不動産オーナー。これまで株式投資で3億円、不動産投資で2億円(足立区に3棟)、会社経営で1億円の資産構築。
失敗も遠回りもしたけれど、今振り返ればシンプルな原理原則が最初にあり、最後までそれしかありませんでした。
余計な雑音や遠回りにより、失意のうちに時間とチャンスと情熱を浪費する若者を一人でも減らしたい。そうした想いのもと小金持ちマインドや起業・副業のための「学び」×「スキル」×「勝ちパターン」×「再現性」×「そのための武器としての脳科学と心理学」を誰でもわかりやすいように解説していきます。

◆この番組の4つのミッション♪
1.10代、20代の若い人たちに勇気と希望を
2.30代、40代の同世代の人たちに学びと成長を
3.人生の先輩方には時代の若者を支えるパワーと情熱を
4.いじめと差別を日本中から無くす

◆最後に僕からのひと言♪
高杉晋作を尊敬する僕と「高速ちゃん大学」で一緒に学びませんか☆僕も一緒に成長していきます。今、僕らやその次の若い世代が日本を変えずに、誰が日本を変えるのか。強い情熱と正しい成長と、高い視座、友達や家族を想う深い誠心で現状突破していこう!僕がまず実践していきますね。

高杉晋作・辞世の句
『おもしろき こともなく世をおもしろく すみなすものは心なりけり』

■本業のお仕事のご依頼はこちらへ■
・実業家サイト(PR会社):https://frontier-pr.jp/
・公式ブログ:https://ameblo.jp/kamioka2014/

■免責・注意事項■
当該チャンネルで提供するコンテンツ(※以下、動画)は作成時点までの信頼できると思われる各種情報やデータに基づいて作成されていますが、その正確性、相当性、完全性などに対して情報提供者は責任を負いません。利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても情報提供者は責任を負いません。

■お問い合わせ■
運営事務局へのお問い合わせはこちらにてお願い致します。
通常、2営業日以内にご返信させていただいております。
(個人的な質問等はお答えできません。何卒よろしくお願い申し上げます)
pr@frontier-c.co.jp

#経済
#金融
#株式投資
#米国株
#日本株
#NISA
#投資信託
#成長
#成功


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (15件)

  • 上岡先生の動画、毎回楽しみにしています

    景気が上がってくれれば所得制限とかどうでもいいですけどね
    先生もよくつまらない相場とか言いますが、この打破につながる政策を政府に望みますよね

    ちなみに子供は平等でないと思ってますけどね

  • 我が家はコロナで年収が150万程ダウンしましたが960万超えてるので給付なしです。
    主人の仕事は出張も多く帰りも遅いです。ワンオペ育児で子どもにも寂しい思いもさせました。
    子どもは公立高校に通っていますが無償化の対象外で今回の政策も対象外です。
    例えば飲食業は減収で給付金あるのに我が家は補填も何もなく私がパートで働いています。

  • 自民党は公明党切った方が良い。まともな政策提案全くしないし日本国にとって良くない。
    むしろ維新の方がずっとマシ。

  • 年収多くても4人の子育ては大変です。子どもは消費者でもあり、未来の担い手でもあります。子どもに親が優しいのは当たり前ですが、社会が子どもに優しくなければ少子化は止まらないし回り回って経済も停滞すると思います。国の子育て支援に関しては一定の所得がある世帯からしたら失望ばかりです。

  • 2児の父として、今回は給付金をもらえません。3人目も考えている段階で、子供にやさしい社会にしてほしいと思っています。子供がいない国は滅亡に向かうと僕も昔から考えています。高所得者に3人以上子供をつくってもらう社会にするための税制優遇など行えばいいと思っております。
    給付金は僕らの収めた税金で、社会のために有効に使ってもらいたいです。たくさん税金を納めたのに返ってこないのは不合理な気もします。働いた半分近く税金で取られている上に、将来年金をもらえるかもわからない立場としては複雑です。
    批判を浴びるかもしれませんが、みんなが遊んでいるときに勉強して、今も時間を惜しんで仕事をしているに報われないなあと思ってしまいます。頑張りがすべて金銭的な成功につながるとは思いませんが、成功している人は努力をしているはずです。
    今の日本はそこそこしか頑張っていない人が一番得をする社会に思えてしまいます。
    子供には頑張っている姿を見せたいですし、何かに関して努力する子供になってほしいと思っています。少子化は子供の競争も少なくなるため努力の機会も奪われてしまうのかと。勝手な感想です。
    最後になりましたが、上岡さんの動画はいつも楽しく視聴させていただいております。

  • 目的のわからない施策で嫌になっちゃいます
    高校、大学無償化のほうがありがたい
    先月夫の奨学金が返済終了
    大学卒業と同時に500百万以上の借金返済
    昇格したら残業代つかなくなって給料減るし、控除がなくなるわりに税金負担は増えるし

    中学受験ドラマ「ニ月の勝者」のようにめちゃくちゃ勉強して東大いくような頭脳明晰な官僚や政治家たちは一体どんな思考をしているのか知りたいところです

    すみません愚痴でしたm(__)m
    上岡さんの本楽しみにしています!!

  • ベーシックインカムを公約している日本維新ですら、所得制限を主張する、政治家はみんな水戸黄門のような上から目線でばらまきたがる、体系的に整備できない政治家ばかりでは、日本はダメになる。

  • クウポン券導入案は何時もガッカリです、こんな僅かな額面ですよ、クーポン券にわ消費税抜きにすべき。クーポンで潤う企業政治家はダメです。

  • 上岡さん、いつもありがとうございます!
    子供3人います。大学生2人の授業料、高校生は塾代がかさみます。今回の10万円はもらえません。それだけの収入があっても、日々の食費は懸命に節約しています!裕福だなんてとんでもない!
    3人育てて社会に貢献しているのに、取られてばかりです。
    せめて、世帯の合計年収で判断してくれないとやってられません。
    あと、本当に困ってる人がはじかれないようにやってほしいです!

  • 親の金で、通える学校が違ってくるのは、どう考えますか?

    私は、もともと子供のうちから、人間は生まれながら不平等であるという事実を認識させたほうが将来のためになると思いますがね。自由競争ですから。

    いまの富裕層を現在の貧困層が努力によりひっくりかえす可能性がありますから、それを富裕層が不公平といえない社会が健全です。

  • 子育てにひとり頭1,000万かかるって脅されてたら、賢い人は子供作らなくなるとは常々感じる。
    子供に関しては一切金かからない(むしろ報奨金出す)から作ってくれにならないと利己的な人は子作りなんかしない。

    あとはそもそも伝統とか式典とか蔑ろにする空気感で、子供作ってまで存続させたい国でない事も問題だけどね

  • 選挙で掲げた公約は、必ず実行しなければ公約違反です。
    今回、公明党はかなり、無党派層で支持した有権者の信頼を失ったと思います。
    連立政権である以上、選挙公約は両党で事前にコンセンサスを取るべきかと。

    子供に所得制限は、理解出来ないですね。

    上岡さんが言うようにこの國の政治家に長期的なビジョンを持つ人が少数派で大蛇に呑まれるのでしょうね。

コメントする

目次
閉じる