MENU

【人気の高配当株ETF SPYDは買い時なのか?】

【米国ETF、結局どれが買いなのか?】

【不労所得でFIRE!高配当株ETFどれが買いなのか?】

【有料級】再現性アリ!1500万円稼いだ方法

■オススメの証券口座
・LINE証券
1株から買える!資金が少ない方にオススメ!
株のタイムセールも魅力!
https://bit.ly/3l9ygII

・スマートプラス
日本初!ずーっと株取引手数料無料の株取引アプリ!
あの有名企業の株がもらえるキャンペーンも!?
https://bit.ly/3CiofjG

・SBI証券
実際に私がメインの証券口座として使用しているSBI証券です。
手数料が安く、地方証券取引所単独上場銘柄も購入できます。
銘柄分析データが充実しており、スクリーニングもしやすく重宝しています。
株式投資初心者の方はまずSBI証券で株式投資をスタートしましょう。
https://bit.ly/3sGKGuW

・楽天証券
マーケットスピードが超便利で、活用しています。
楽天で買い物時のポイントアップも魅力的です。
https://bit.ly/3tk7H77

・SBIネオトレード証券
現物取引手数料が業界最安水準!信用取引手数料は全銘柄で無料!
https://bit.ly/3gFWI3O

■メンバーシップの詳細
メンバーシップでは通常動画では語れない沢山の価値ある情報をメンバー限定動画としてアップしています。「決算跨ぎと決算期待買いでの値幅取り、どちらが稼げるか?」の動画ではかなり時間をかけて客観的データから答えを導き出しており、皆さんの参考になると考えます。
https://www.youtube.com/channel/UCHFHbnObUly48I9cM66xVSw/join

・Twitter
タイムリーな情報や資産形成に役立つ情報を発信します。

#高配当株 #高配当株ETF #FIRE #配当金生活 #インデックス投資 #株式投資 #米国株 #VYM #HDV #SPYD #VTI #VT #VOO #米国ETF


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

  • いつもありがとうございます。
    自分は元々高配当が好きですのでSPYDも少しだけ持っています。まあほんとに少しだけなんですが。
    最近は米国も軟調というか、少なくとも強くはないという印象です。もしここから更に大きく下がるようならSPYDの買い増しも検討したいと思います。

    高配当FTFだと、QYLDのようなカバードコールと言われるタイプのものもありますが、そういった商品についてはいかがお考えでしょうか?
    分析等も大変だとは思いますが、もしよろしければコメントでも動画でも、お考えをお聞かせいただけると嬉しいです。

    最近寒いですねえ。先日木曜日は神奈川でも結構な量の雪が降って驚きました。コロナも増えているみたいですし、お身体に気を付けながら頑張ってください。

    • 明日の注目銘柄・高配当株・株主優待をわかりやすく解説するチャンネル より:

      甲斐の竜さん、いつもコメント有難う御座います♪
      QYLDはなかなか癖のあるETFですね
      ナスダックが右肩上がり前提なので利上げ、バランスシート縮小局面の今年以降は少し厳しいかもしれません
      よっぽどキャッシュフローが欲しい方は選択肢にはなるのかもしれませんが、
      やや極端なETFの印象です
      お気遣い有難う御座います
      お互い体調に気をつけましょう♪

    • @明日の注目銘柄・高配当株・株主優待をわかりやすく解説するチャンネル
      返信ありがとうございます。
      確かにすごく癖ありますよね。少しだけ保有してます。まあ全力買いは怖いですね。

  • 下落したタイミングが掴める器用な人なら普通にSPYでいいと思います。それと底が分からないから毎月積み立てとかするんじゃないですか?

    • 明日の注目銘柄・高配当株・株主優待をわかりやすく解説するチャンネル より:

      未来さん、コメント有難う御座います♪
      その通りでいつが底かは後から振り返らないとわからないので
      毎月積み立ては有効な方法と思います
      実際私も毎月VTIを積み立てています

      SPYDの場合、より威力を発揮する場面が大幅下落からの回復局面ですので
      普段別のETFを積み立てている方も、
      そういった場面では一考の余地ありと考えております
      底を見極めるというよりかは一時的な減配は許容して将来的に回復した際の
      分配金利回りを想定し自分が買っても良いと思える水準まで下がったら
      買うといった考え方になるかと思います

コメントする

目次
閉じる