MENU

田母神俊雄さん対談、ウクライナ情勢と日本のとるべき防衛戦略【ロシア、ウクライナ、米国、プーチン、ゼレンスキー、ネオナチ、ユダヤマネー】

参院選、ポスター貼りボランティア大募集中!
申請フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeeLTUHxph9b7A8YIhGm6XnqQLcAys4tpJ5VDuhGHvVO0rXfQ/viewform

ーーーー

諸派党構想(NHK党)LINEグループ、以下のリンクから登録ください!

まず、NHK党、諸派党構想の選挙を盛り上げることを目的とします。

選挙ボランティア、特にポスター貼り、の募集など、当面の出来ることからやって行きたいです!

オープンチャット「諸派党(NHK党)ー全国」
https://line.me/ti/g2/ms0W4Ce2zRzG2fPogQ6eb4Vs0KANnyFB5y48ZA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

ーーーー

■スタッフ・インターン募集■

<学生インターン募集>
つばさの党

交通費、昼食または夕食支給
週三回以上出勤できる方

勤務地 東京都千代田区半蔵門
最寄り駅 半蔵門線 半蔵門駅、
有楽町線 麹町駅

履歴書をお送り下さい。問い合わせもお気軽に。

〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
TEL:03-6261-0330
https://tsubasa-party.jp

■つばさの党 地方議会議員選挙 公認・推薦 公募開始■

1次選考 書類(履歴書と政策について小論文)
※党本部まで郵送ください
審査期間2週間以内
2次選考面接
3次選考代表面接

〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12
藤和半蔵門コープ208
つばさの党 事務局 迄

■つばさの党・お問い合わせ情報■
〒102-0092
東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
TEL:03-5357-1840
https://tsubasa-party.jp


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (16件)

  • 参院選、ポスター貼りボランティア大募集中!
    申請フォーム
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeeLTUHxph9b7A8YIhGm6XnqQLcAys4tpJ5VDuhGHvVO0rXfQ/viewform

    ーーーー

    諸派党構想(NHK党)LINEグループ、以下のリンクから登録ください!

    まず、NHK党、諸派党構想の選挙を盛り上げることを目的とします。

    選挙ボランティア、特にポスター貼り、の募集など、当面の出来ることからやって行きたいです!

    オープンチャット「諸派党(NHK党)ー全国」
    https://line.me/ti/g2/ms0W4Ce2zRzG2fPogQ6eb4Vs0KANnyFB5y48ZA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

    ーーーー

    ■スタッフ・インターン募集■

    <学生インターン募集>
    つばさの党

    交通費、昼食または夕食支給
    週三回以上出勤できる方

    勤務地 東京都千代田区半蔵門
    最寄り駅 半蔵門線 半蔵門駅、
    有楽町線 麹町駅

    履歴書をお送り下さい。問い合わせもお気軽に。

    〒102-0092
    東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
    TEL:03-6261-0330
    https://tsubasa-party.jp

    ■つばさの党 地方議会議員選挙 公認・推薦 公募開始■

    1次選考 書類(履歴書と政策について小論文)
    ※党本部まで郵送ください
    審査期間2週間以内
    2次選考面接
    3次選考代表面接

    〒102-0092
    東京都千代田区隼町2-12
    藤和半蔵門コープ208
    つばさの党 事務局 迄

    ■つばさの党・お問い合わせ情報■
    〒102-0092
    東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ208号
    TEL:03-5357-1840
    https://tsubasa-party.jp

  • テレ朝党首討論で能面のような顔で建前論ばかり撒き散らす岸田総理、アメリカに忠誠を誓い、消費税廃止は手間がかかるからやらない?←何処までも富裕層優遇の棄民政策と米国の鉄砲玉としての道化を任期中全うするようで(支持率60%の愚民国家)益々日本人消滅への道は約束された・・・

  • 日本にロシアを批判させてロシア怒らせて北海道に軍事侵攻するシナリオなんじゃないかな。?ウクライナの次は日本が戦場か?

  • この軍事侵略で、ロシアに大きな利益をもたらしたら、これを真似して、軍事侵略を企てる国が出て来ると思われる。世界平和を考えれば、軍事侵略をしても、割に合わないと言う結果に成る方が良いと考える。

  • 田母神さんの考えに賛同します。
    個人的には、いつまでも鬼畜米英に従属するのは間違いであり、武器にしても米国の売れ残りを買わされるだけでなく日本独自で開発して欲しい。

  • 国際政治学者&歴史学者「ウクライナ戦争の責任はアメリカにある
    バイデンが起こさせた戦争だ
    この戦争はロシアとウクライナの戦争ではなく
    ロシアとアメリカ&NATOの戦争だ
    アメリカは自国民の死者を出さないために ウクライナ人を人間の盾にしている
    プーチンは何度もNATOと話し合いを持とうとしたがNATOが相手にしなかった(ロシアはソ連の共和国の独立をNATOに加盟しないという条件付きで認めた)
    太平洋戦争の末期1945年初頭にアメリカが日本本土に侵攻する可能性に直面したとき 何が起こったか ご存じですか
    硫黄島(米兵6891人戦死)で起こったこと そして沖縄で起こったこと(米兵12500人戦死)の後 アメリカが日本本土に侵攻するという作戦はアメリカ国民をある種の恐怖に陥れました
    終戦間近の1945年3月10日からアメリカは日本各地の大都市の無辜の市民に 次々に無差別空襲爆撃を行いました
    その後 東京に最初に特殊爆弾(焼夷弾)を投下した一夜だけで なんと原爆投下の広島(9万人)や長崎(6万人)の犠牲者よりももっと多くの一般市民(10万人)を焼き殺したのです
    実に計画的かつ意図的に アメリカは日本の大都市を空襲で焼き払ったのです
    なぜか?日本の主要な島々に直接軍事侵攻して米兵を死なせたくなかったからです
    アメリカはウクライナがどうなろうと それほど気にかけていません
    バイデンはウクライナのために戦い 兵士を死なせるつもりはないと明言しています
    アメリカにとって今回の戦争が自国存亡の危機を脅かすものではないので 今回の結果はたいして重要ではないのです
    しかしロシアにとって今回の事態は自国ロシアの存亡の危機であると思っていることは明らかです
    両者の決意を比べればロシアに圧倒的に強い大義があるのは自明の理です
    プーチンは何度もNATOの東方拡大を警告し 話し合いを求めたがNATOが無視をして逆の方向に動いた
    アメリカが花で飾られた棺へとウクライナを誘導していった
    アメリカは棒で熊(ロシア=プーチン)の目を突いたのです
    熊はおそらく反撃に出るでしょう
    この棒はバイデンがウクライナにNATO加盟を強く勧めてきたこと ウクライナを武装化させてきたことを指している
    最後の一撃は12月7日のバイデンの発言にあると思っている
    バイデンは強引にプーチンと電話会談し 会談後の記者会見でウクライナで紛争が起きたときに米軍が介入する可能性は極めて低いと回答した
    2021年10月26日ウクライナ軍はドンバス地域にいる親ロシア派軍隊に向けてドローン攻撃をするのだが
    10月23日にバイデンがウクライナに対戦車ミサイルシステム180基を配備した3日後のことだ
    ウクライナはバイデンの激励に応えてドローン攻撃した
    バイデンはウクライナを武装化させて熊を怒らせることに必死だった
    これは戦争の第一砲に当たるはずだが それでもプーチンが動かないので もう一突きして 米軍が介入しないので どうぞ自由にウクライナに軍事侵攻してくれと催促したようなものである
    あの残忍で獰猛な熊を野に放ったバイデンの責任は重い」

  • インドのTV放送「なぜアメリカはウクライナ戦争を愛しているのか
    ウクライナ人が より多く死ねば死ぬほどアメリカには巨万の富が蓄積されていく
    嘘と思うならロッキード・マーティンやジェネラル・ダイナミクスを見るといい
    何百人ものウクライナ人が亡くなると 何十億もの大金がアメリカに入る(第二次大戦の様な武器と戦法のロシアを米国のハイテク兵器が圧倒)
    アメリカの人権団体は人道的な問題を叫んでいるが
    しかしその同じ国 アメリカがウクライナ人を長引く紛争に追い込んでいる
    ウクライナ人は勇敢で強い決意で戦っているが 彼らはアメリカの金儲けゲームの犠牲者であり 大規模なアメリカの武器産業の犠牲者なのだ
    誤解しないでほしいが 私は決してプーチンが正しいと言っているのではない
    ロシアの天然ガスの供給が遮断されたとき 儲かるのは誰か?アメリカだ
    アメリカ人が大金を稼いだ後 日本やオランダなどは核抑止の名の下に核兵器を欲しがるだろう
    そうなると世界は皆 非常に核化された 非常に危険な世界に住むことになる
    前回の世界大戦中およびその後 アメリカは非常に裕福になった
    彼らは広島と長崎に原子爆弾を投下(世界覇権の維持と2種類の原爆 ウラン型とプルトニウム型の人体実験)し大量虐殺した(原爆投下は戦争を早期に終結させ正し選択だったと胸をはり その惨禍にも平然としている)
    だからあなたに言いたい!
    もうアメリカの偽善を信じてはならないと
    アメリカ人はウクライナ戦争を愛している
    アメリカ人はこの戦争が決して終わらないことを望んでいるのだ
    (米大統領ルーズベルトは1940年10月8日の段階で 海軍大将リチャードソンに対し 遅かれ早かれ やつら(日本)は過ちを犯し そしてわれわれは戦争に突入することになると語っていました
    陸軍長官スチムソンの日記によると ハル・ノートがわが国に通告される前日の1941年11月25日 関係閣僚と軍幹部による戦争閣議でルーズベルトは米国はたぶん次の月曜日(12月1日)に攻撃を受ける可能性があると発言
    われわれ自身が過大な危険にさらされないで 最初の一弾を撃たせるような立場に 日本をいかにして誘導していくべきかが話し合われました
    27日 国務長官ハルはスチムソンに対して私はそれ(日本との交渉)から手を引いた
    今やそれは君とノックス(海軍長官)の手中にあると述べました
    外交交渉は打ち切ったので後は軍の出番だというわけです
    筒抜けだった日本外務省の暗号
    わが国が真珠湾を攻撃するのではないかという噂は早くから米国に伝わっていました
    攻撃11カ月前の1941年1月27日、駐日ペルー公使のリカルド・シュライバーは在日米国大使館に日本軍は真珠湾を攻撃する準備をしているという情報を伝え 直ちに駐日米大使グルーから国務長官ハルに打電されました
    米国はわが国の外務省が使っていた暗号機の模造に成功し 解読に必要な句読点コードはニューヨークの日本総領事館に深夜侵入して盗撮していました
    外交電文は筒抜けだったのです
    暗号はパープルと呼ばれ 解読文はマジックという名前が付けられていました
    例えば 外務省は在外公館に対して暗号で 日米関係が危機になれば 東の風 雨 日ソ関係が危機になれば 北の風 曇り 日英関係が危機になれば 西の風 晴れという偽の天気予報をNHKの海外向け短波放送に紛れ込ませるので 放送を聞いたら暗号関係の書類を破棄せよ-と打電していました
    米国はこれを解読し 真珠湾攻撃3日前の12月4日に 東の風 雨が放送されたことを確認しています
    わが国外務省は12月1日に在英大使館などに暗号機の破壊を命じ 2日には在米大使館にも1台を残して暗号機を破壊するよう命ずる外交電文を発信しましたが これも米国は解読していました
    わが国が交渉による解決を断念し 開戦を決意したと 米国は分かっていたのです
    また ホノルルの日本総領事館員 吉川猛夫が諜報活動を行っていたことを知りながら泳がせて行動を監視し 真珠湾の米艦船の停泊位置などを報告する電文が増えていたことを把握していました
    わが国が真珠湾の様子に重大な関心を抱いていたことを米国は知っていました
    オーストラリアはわが国海軍機動部隊がハワイに向かっていることを偵察機が確認し 米政府に報告していました
    米国の参戦を待つ英国も機動部隊の動きを知っていたとされています
    海軍機動部隊が無線封止の命令を破って不用意に発信する微弱な電波を太平洋の監視網で方位測定し 択捉島・単冠(ひとかっぷ)湾に集結してから真珠湾に向かう動きをつかんでいたというのです
    戦史研究家の原勝洋氏も 真珠湾攻撃前に米国が海軍の暗号を解読していたとする米海軍の報告書を発見しています
    ルーズベルトが自国が攻撃されることを事前に知っていたことは間違いありません
    ハワイの米太平洋艦隊にはエンタープライズ レキシントン サラトガの3隻の空母が配備されていましたが サラトガは西海岸のサンディエゴで整備中でした ハル・ノート通告と同じ11月26日 米海軍首脳部は太平洋艦隊司令長官キンメルに対して 海兵隊の戦闘機などを運ぶためエンタープライズをウェーク島に レキシントンをミッドウェー島に派遣するよう指示しました
    キンメルは疑問に思いましたが従い エンタープライズは28日に3隻の巡洋艦と9隻の駆逐艦を連れて レキシントンは12月5日に3隻の巡洋艦と5隻の駆逐艦を連れて出港しました
    真珠湾には戦艦アリゾナなど旧型艦ばかりが残ったのです
    真珠湾攻撃に備えて空母などを避難させた可能性があります
    真珠湾攻撃前日の6日 海軍幹部から渡された解読文を読み終えたルーズベルトはこう言いました
    This means war(これは戦争を意味する)
    ルーズベルトの長女の夫だったジョン・ベティジャーによると この日 ルーズベルト家は全員が集まってディナーをとりました
    ルーズベルトは中座し やがて戻ってきて こう言いました
    戦争はあした始まるよ
    米軍首脳は真珠湾攻撃が始まる恐れがあると知りながら味方を欺き 見殺しにしたのです
    国務長官ハルは遅れた最後通告を手渡しにきた駐米大使の野村吉三郎らに対して 初めて見たように驚いてみせ 私はこれほどの虚偽と歪曲に満ちた恥知らずの文書を見たことがないと芝居を演じました
    陸軍長官スチムソンはその日の日記に 日本が直接ハワイを攻撃したことによって全問題は解決された
    第一報にはじめて接したとき 私の最初の印象は 未決定状態が終わって救われたという気持ちであり また危機は到来したが これで米国国民は全て団結するという感じであったと書いています
    ルーズベルトのもくろみ通り わが国を追い詰めて先制攻撃させ参戦の口実にしたのです
    真珠湾攻撃による米国側の死者は2338人
    ルーズベルトは攻撃を事前に知っていたとはいえ 被害がここまで大きくなるとは思っていなかったとみられます
    わが国にハル・ノートを突き付けたことを ルーズベルトは自国民に公表しませんでした
    開戦権限がある議会にさえ知らせませんでした
    戦争に直結する強硬な通告だと知れると 海外での戦争に反対する米国世論が反発するからです
    事情を知らない米国民は和平交渉中の卑怯なだまし討ちとわが国を非難しました
    そもそもハワイは米国が武力で奪った土地ですが リメンバー・アラモ リメンバー・ザ・メインと同じ手口でリメンバー・パールハーバーを叫んで戦意を盛り上げたのです)」

  • 【税金】
    「税金」は「選挙」と同様、実質のない見かけ作りの「虚偽」でしかありません。その「事実」を理解するには、一つの例として、国家公務員の給与にかけた税金の事を考えれば、明白に成るはずです。彼等は何の「富」をも造り出さない人達ですから、彼等の給与は全て「国庫」から出てゆく数字あって、その何%かを「税金」と呼ぶのであれば、それは彼等が「国庫」から取らなかった数字であって、何の「富」をも「国庫」に収入しているのでは無いのです。

    「消費税」と呼んでいる物も、良く考察してみれば、元々「国庫」から人々に生活費として配布された「通貨」の%の事ですから、国家公務員の給与にかけた税金と同様で、何の「富」をも「国庫」に収入しているのではありません。

    これは、報道機関や娯楽活動で給与を得ている人達から取っている「税金」も同じ事です。彼等の活動は何の実質的「富」を生み出しはしないのですから、彼等の収入の%も、何の実質的「富」を「国庫」に収めているのではないのです。これは国家公務員の給与の%の場合と同様、元をただせば「国庫」から出て行かなかった数字でしかありません。

    「選挙、政府、政治」等と呼ばれている物も、決定権をもつ与党と、それに対立する野党とに分裂させて争わせ、それが実質を持つ物であるかの様な振りをさせ、それをやらせている「犯罪者達」の「コントロールをしている」という自己欺瞞を人々に押し付けているだけの事なのです。「貧富の差」も、「犯罪組織」に付着し、高収入を与えられ「身勝手な裕福な生活をしている人達」と、貧しい生活を強いられている大多数の人々とを分裂対立させコントロールするという馬鹿げたトリックでしかありません。

    「貧富の差」は、『神』が、「犯罪者達」自らにそうさせている、「善人」と「悪人」の明白な分別です。「悪得」に群がる不倫不埒不潔な不道徳な「人間失格者達」と、そうはしない事を選んだ大多数の人達に分かれたのです。『神』が許容出来る「善良知的」な人々は、支配者層を気取っている、武装した理不尽な犯罪人達に『理』を要求する事は『無理』であると理解し、不快を避けるべく無言無名でいる、「天地転倒状態」にある「地球世界」です。

    『神』が許容出来る「善良知的」な人々は、「人は皆死ぬもの」等という「根も葉も無い嘘」を「迷信」する事を止めて、有難く『神の人の慈悲の言葉を信じ』、導かれる事を選べば、死ななくても良い人達ですが、『神の判決』に会い「死ぬ運命」にある「犯罪人達」や、彼等に吸い付いた「心状不倫不埒不潔」な人達は、改心悔悟し、『神と神の人々』から盗み取った全てのものを『神の人』の指揮の元に返上し、『神』に命乞いをし、『神の人の慈悲』にすがるのが、唯一の救命の可能性でしょう。

    建造物を破壊し人を殺す武器兵器を製造している人達が「国庫」から盗んでいるもの%を何と呼ぼうが、「国庫」への収入である訳がありませ。人を殺すことまでして、『神と人々に属する富』を他の人々より多く取りたい人達は、自分達の事を何と呼ぼうが思おうが、彼等を生存させている『神の努力』に値出来る訳のない、言語道断の人達です。しかし、彼等やバイオウイポン(bio-weapon)をワクチンと呼び、母体である超大多数の人々の大量画虐殺を試みた、知的退化の極致の誇大妄想狂に陥った最悪の寄生人達でさえ、未だ存在させてもらっている間は、「死ぬ運命」から釈放される可能性も無きにしもあらずです。

    自分の嘘や犯罪の『事実』を無視している高慢な「犯罪者達」は、謙虚に『神』に命乞いをし、『神の人の慈悲』にすがる事よりも「死」を選ぶかも知れませんが、何れにしても、誰であれ『神』が許容出来無い人達は、『神の現実世界』から死に絶える運命にあるのです。『真実』は議論や好き嫌いの対象ではありません。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    【私達】

    「私達」は
    「私達」が日々形成して来た
    「人」としての「意識の存在」です

    「私達の意識」は
    『神の現実世界』の一部である
    『身体』が日々『発成機能』しているのです

    『神』が、『神の愛の努力』で
    贈りものとした「私達」の
    死にたく無い「意識の存在」ですから

    「私達の死」は、決して
    『神が望んだもの』では有り得ません

    『神が望んだのは』
    「私達」が『神の愛の努力』に値し
    「永遠の意識の存在」を「獲得」する事です

    贈られた「私達」の「意識の存在」を
    伴って来た唯一の『義務』は
    他の人や人達に「不正」や「不公平」
    に成らない様「自分を制御」する事です

    「私達」が、何故死ぬのか
    その理由を「理解認識」し
    有難いという気持ちで
    謙虚正直に「自分の無知」を「友」とし
    楽しく気楽な日々を送る様に

    『神聖な神の社』に備わる
    『奇跡の五感』を有難く
    『経験発展開発』し

    「私達の意識」を『存在機能』している
    『神の愛の努力』を有難く嬉し「感謝」するべく
    『神の大自然』が膨大豊富に提供する『富』を
    皆で分かち合い、助け合い、愛し合い
    楽しく幸せな日々の生活を送る様に

    …【不老不死の扉】からの抜粋.

    坂本徹(The Sun Watcher) jizenten@virginmedia.com

  • 田母神さんはごく当たり前の事を言っていますがその通りで、一道民として同意します
    黒川さんこの動画素晴らしいです 応援しています!

  • 選挙と政治の分離と立花孝志さんは常におっしゃっていますが、まさに立花さんと黒川さんのタッグがその象徴のように思えてなりません。

    参議院選挙、絶対NHK党に投票しますね。

コメントする

目次
閉じる