MENU

2022年7月29日 米国は景気後退へ 金利低下で株高【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★ASAKURA経済セミナー★

次回2022年9月10日(土)オンライン&東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/live-seminar

☆2022年 ASAKURAセミナー開催日程
1月15日 3月12日 5月21日 7月9日 9月10日 11月19日
申し込み先 https://www.ask1-jp.com/live-seminar

——————————————————–
こんにちは 朝倉慶です

本日も夕方YouTubeアップしました

日米共に株価が好調になってきました

夏相場に向けて走り出したようです

YouTubeでも先々週から株、為替の流れが変わる可能性について

じっくり解説してきましたが

予想通りの展開となってきています

株高、ドル安円高の夏相場となりそうです

今週は米国経済悪化の指標が次々と出てきました

相場というのは皮肉なもので

かような悪い指標が相次いで出ることであく抜けになって

日米共々株価がきれいに上昇してきたようです

昨日は米国の4-6月期GDPが0.9%マイナスと発表されました

これで1-3月期に続いて2期連続マイナスとなりました

2期連続マイナスとなるとリセッション(景気後退)となります

景気後退している状況のなかで

米国の金融当局FRBは今週0.75%の利上げを発表しました

先月に続いて2カ月連続、これで3カ月で2%の利上げという

かつてない異様な金融引き締めが実行されたのです

かような悪材料ばかり出てきたにもかかわらず、相場が好転し始めました

日本でも決算発表が佳境に入ってきました

会社ごとに明暗がはっきりしてきましたが

自社株買いを発表する会社も多く出てきています

投資家の株式市場に対しての見方は悲観的な見方が多く

相場が好転するという見方は少数派です

しかしながら相場は常にこのような状況から変わってきます

朝倉は日本の市場は調整十分で夏相場入りしたとみています

今後もタイムリーに情報発信していくつもりです

今度ともよろしくお願いします

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。
https://www.ask1-jp.com/

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。
http://asakurakei.com/

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)
http://www.radionikkei.jp/friday/

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→http://urx.red/xX7M
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル


この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (14件)

  • 音がしないんですが、私だけですか??
    ※音、急に出るようになりました。何だったのか?

  • 夏バテ気味ですが朝倉さんの動画を見ると投資モチベーション上がります。景気の良い動画をどんどんお願いしますね!

  • 日本企業が^^儲かっていくの???期待していません。
    申し訳ないですが、大暴落期待しています^^

  • ウォルマートは4-6月の衣料品と家電の売上が落ち込んで株価が下がった。一方でFリテは3-5月の欧米での売上が好調で株価が上がってた。
    ということはウィズコロナで外出機会が増えたのでウォルマートで安価な普段着を買うより、Fリテでおしゃれ着を買うという消費行動に変わったのかも。
    あと、7月29日のマザーズ指数の日足が昨年11月26日以来の一目均衡表の雲の上になってます。
    また、安川電機は決算発表後に下げたけど、既に決算発表直前の株価より高くなってます。

  • ここのチャンネルでそういう事いっちゃうと、株は上がるぞっていう人が増えて逆に暴落するかも

  • 30000~34000が限界では?
    日銀の買い支えがあっても
    そこまで行かなかった。

  • 悪材料が顕在化してきたら株価は下がらない、というが妙に納得しました。悪材料のもたらす影響が図り知れず先行きが不透明な場合に、投資家は不安で売る訳なんですね。
    相場の流れに乗るには様々な情報にいち早く触れる事が大事なんだと再認識しました。
    有難うございました。

  • アメリカの利上げがペースダウンしたとしてもQTの方がキツくないですか?
    ナスダックは少しの間高値奪還は難しいと思います

コメントする

目次
閉じる