雇用統計は強いのに、なぜ株は暴落しなかったのか?(12月3日米国株)

【動画スポンサー】
SBIネオトレード証券『口座開設無料』
https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100p9u400mftb

【今回の動画で紹介】
『無料書籍』死ぬ時に後悔しないための幸せなお金の貯め方・稼ぎ方・使い方
https://link-cc.net/?p2=K2C28AuH

雇用統計は強いのに、なぜ株は暴落しなかったのか?(12月3日米国株)」への8件のフィードバック

  1. ちゃんぽん

    TwitterをやめているのでYouTube配信してもらえて嬉しいです。職種別の雇用、面白いですね。製造業に人が流れているのは良い傾向ですね。

    返信
  2. PAN米国株投資ちゃんねる

    ひきつづき土曜はのんびりいろいろな情報を盛り込みつつやっていきます(*^^*)

    返信
  3. 高田健一

    低金利時代の感覚でいる投資家が圧倒的に多い。
    それが普通なんでしょうが、次期決算から現実を見ることになるでしょう。

    返信
  4. サンタリア

    株価暴落と失業率急騰とは相関関係にあります。雇用が強いと言うことは、ソフトランディングが期待されます。

    返信
  5. Bb Aa

    インフレって何で抑えたいんですかね?個人的には低賃金層の所得が上がってれば問題なさそうに思います

    返信
    1. レジェンド モバイル

      所得の増加率以上に物価価格が上がってしまう可能性があるからだと思いますー

      返信
    2. Bb Aa

      @レジェンド モバイル なるほど、ただ世間の言い方では、賃金インフレがインフレ要因って言い方してて、それだと賃金インフレ抑えたら他のインフレ要因が残るだけでは?ってなったんですよね

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です